logo

年代別「ハロウィン」検索キーワード<2014年振り返り>

株式会社ヴァリューズ 2015年09月15日 11時49分
From PR TIMES

9月から急上昇!20代は「コスプレ」30代は「子供」40代は「お菓子」

■「ハロウィン」との掛け合わせ検索では各年代共通に「衣装」「仮装」「ディズニー」が上位
■年代別にみると、20代は「コスプレ」、30代は「子供」「レシピ」、40代は「お菓子」、50代は「曲」「はがき」、60代以上は「言葉」、各年代のライフスタイルがわかる結果に
■検索後の人気サイトは「Wikipedia」「楽天 ハロウィン特集」「ドン・キホーテ ハロウィンSHOP」



 ネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:辻本 秀幸)は、年々盛り上がりを見せる「ハロウィン」について、昨年の振り返りとして2014年9月-10月期の動向を分析しました。

【調査・分析概要】
 ネット行動ログとユーザー属性情報を用いた検索キーワード分析サービス「【eMark+】Keyword Finder」を使用し、2014年9月-10月における検索キーワード「ハロウィン」に注目し、その動向を分析した。
※キーワード検索者数やサイト訪問者数はPCからのアクセスを集計し、VALUES保有モニタでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測。

【結果サマリー】
年々盛り上がりをみせる「ハロウィン」。昨年を振り返ってみると、2014年7月-10月の「ハロウィン」の月別検索者数は、7月と8月も検索されているものの、9月から急上昇していることがわかります。実際には10月末のイベントですが、早期から注目されていることがうかがえます。【図1】
[画像1: リンク ]


■20代は「コスプレ」「ヘアアレンジ」、30代は「子供」「イラスト」「レシピ」の検索が上位に
 また、2014年9月-10月の「ハロウィン」関連の検索キーワードを年代別にみると、「仮装」「衣装」「ディズニー」は共通で上位を占めるものの、各年代で特徴的なキーワードがみられました。

 20代では、「コスプレ」「ヘアアレンジ」というキーワードが上位に。友人ら大勢でパーティーをしたり、ハロウィンイベントへ参加する準備が伺えます。【図2】「コスプレ」というキーワードは、30代では20位以内に入っていません。

 30代では、「子供」「イラスト」「レシピ」というキーワードが上位になります。子供と一緒にハロウィンを楽しむための検索をしていることがわかります。また、「イラスト」「素材」も検索数が多いことから、手作りなどのヒントにする行動も考えれらます。【図3】
[画像2: リンク ]


■40代「お菓子」「パーティー」、50代「曲」「飾り」、60代以上「ことば」「ケルト人」
 続いて、40代は「お菓子」「折り紙」「ネイル」「パーティー」のキーワードが、他の年代よりも上位に。
仕事や子供関係など、付き合いも多い年代ならではのおもてなしパーティーが想起できます。【図4】

 50代は「曲」「はがき」「飾り」「ペーパークラフト」といった、他の年代では上位に見られないキーワードが特徴的です。【図5】

 60代では「ことば」「意味」「ケルト人」など、ハロウィンについての基礎知識を検索していることがわかります。【図6】

 各年代の特徴が想起できる検索結果であったことがわかりました。
[画像3: リンク ]

[画像4: リンク ]


■検索後の人気サイトは、「Wikipedia」、「楽天 ハロウィン特集」「ドン・キホーテ ハロウィン」
 続いて、「ハロウィン」を検索した後の流入サイトの訪問者数を集計し、人気ページをランキング形式で表示しました。【図7】

 基礎知識がわかる「Wikipediaハロウィン」、衣装やグッズを探して購入できる「【楽天市場】ハロウィン特集」や「ドン・キホーテ」の「ハロウィン仮装・コスプレ通販」がベスト3。他にも、フリーイラスト素材が探せる「ハロウィンのイラスト【花鳥風月】」や、ハロウィンイベント開催の「東京ディズニーリゾート」も上位にあがっていました。「NAVERまとめ」でハロウィン仮装やのアイデアを見たり、cookpadでハロウィンのパーティレシピを見る人も多いようです。

 今年のハロウィンについて、衣装や過ごし方など参考にしてみてください。
[画像5: リンク ]



●検索数・関連語・流入サイトが丸ごとわかる!【eMark+】Keyword Finder について
 本サービスで用いたデータは、当社サービス「【eMark+】Keyword Finder」を使用して、集計・分析を行いました。【eMark+】Keyword Finderは、特定キーワードの指定で、検索数ランキングと流入サイトランキングを表示。他サイトの人気LPや、検索曜日・時間帯のトレンドも把握できるので、SEO・リスティングのキーワード対策だけでなく、LPOやコンテンツの改善にも役立ちます。アカウントをお申込み頂ければ、WEB上で簡単にレポーティングができるASPサービスです。

※【eMark+】は一般的なアクセス解析ツールとはキーワードの取得方法が異なるため、Google検索やYahoo!検索など検索のSSL化の影響を受けることなく、キーワード分析が可能です。

▼【eMark+】Keyword Finder ご利用方法
 アカウント発行後、すぐにご利用が可能です。1アカウントにつき、初期費用:10万円(税抜)、月額利用料:10万円(税抜)となっております。

『【eMark+】Keyword Finder』アカウントお申込みはこちら
リンク


●【登録無料】色々なサイトのユーザーがわかる!「【VALUES eMark+】Free」について

「VALUES eMark+」には<無料トライアル版>である「【eMark+】Free」もございます。
「【eMark+】Free」では、業界別にサイトの訪問者数ランキングや、見たいサイトを指定して、過去からの訪問者数の推移、ユーザー属性(性別、年代など)を確認できます。ご登録・ご利用は無料です。

『【eMark+】Free』アカウントお申込みはこちら
リンク

■株式会社ヴァリューズについて
 株式会社ヴァリューズは、マーケティングノウハウとIT先端技術を活用して、新たな市場価値の創造をサポートする、事業成長支援企業です。 20万人規模の一般インターネットユーザーの行動ログとデモグラフィック(属性)情報を活用した次世代マーケティング手法「VALUES eMark+」(ヴァリューズ イーマークプラス)サービス提供のほか、経営課題のコンサルティングから、課題解決、販売促進の支援まで、独自のノウハウとソリューションで多くの企業を支援しています。

株式会社ヴァリューズ ホームページ
リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。