logo

テストにより、Bombardier C Series航空機の騒音が、商用ジェットではクラス最小であることを確認

JCN 2015年09月14日 11時00分
From JCN Newswire


Toronto, Ontario, Sept 14, 2015 - ( JCN Newswire ) - Bombardierは、新型CS100航空機の騒音性能テストがすべて無事完了し、予備データにより、同機の騒音が製造中の商用ジェットの中ではクラス最小であることが確認されたことを、本日発表しました。同機は騒音性能と短距離機能に優れているため、都市中央部での運航に最適です。

間もなく最終フライトテストフェーズの最初の作業として、初回生産CS100航空機の機能および信頼性テストが開始されます。このテストで同機は、北米の主要空港から商用航空と同種のスケジュールで運航されます。

この発表は本日Bombardierトロント工場で、従業員、地方自治体代表、ビジネスリーダー、メディア、地元トロントのC Series顧客、長年にわたるQ400運航事業者のPorter Airlinesなど向けに、CS100のデモ飛行を行い、機能を披露した際に、同時に行われました。デモ機のFTV5 (試験飛行機5号)にはローンチオペレーターのSWISSの塗装がされていました。

「新しい街でC Series航空機の飛ぶ姿を見るといつもわくわくしますが、本日はトロントでの披露という節目ということもあって、一層誇らしく感じます。」と、Bombardier Commercial Aircraft社長のFred Cromerは述べました。「2015年末の認定取得と、2016年前半にSWISSで就航開始を目指す計画は着実に進んでおり、弊社は既存のお客様や見込み客の皆様と、C Seriesジェット旅客機関連のビジネスチャンスの模索や、ビジネスケース開発で協業を行っています。」

「C Seriesが性能目標に達する、または超えるたびに、熱気が高まっています。」とBombardier Commercial Aircraft C Series航空機プログラムVPのRob Dewarは述べました。「以前弊社では、C Series航空機が燃費、最大積載量、航続距離、飛行場性能で当初目標以上の成果を上げたことを発表しました。今回はさらに、CS100航空機の騒音性能テストで、製造されている中では、このクラスで最も静かな商用ジェットであることが確認されました。」

「C Series認定プログラムは85%以上完了しました。」と、Dewarは付け加えました。

今年初めにBombardierは、C Series航空機の最大航続距離が最大3,300 NM(6,112km)であることを発表しましたが、これは当初目標より350NM (648km)高い数字です。同機の燃費は、他の生産中の航空機よりも20%以上、エンジン変更後の航空機より10%以上向上しています。つまり、C Series航空機1機で運航事業者の炭酸ガス放出量を最大6,000トン/年減らすことが可能です。また、C SeriesのNOx排出量も、CAEP 6(i) NOx排出基準より50%少ないです。

Bombardierは、航空機のライフサイクル全体にわたって、環境への影響を考慮しています。C Series航空機では業界で初めて就航開始時に、設計、製造、運航、リサイクル可能性などについて、環境製品宣言(EPD)を行う予定です。

C Series航空機について

C Series航空機ファミリーは、性能と技術を融合を実現した製品で、1機あたりのコスト節減の可能性が750万~1200万米ドルとなるように、100%を新規設計しています。同機の燃費は、他の生産中の航空機よりも20%以上、エンジン変更後の航空機より10%以上向上しています。

BombardierはC Series航空機によってクラス最高の経済性を提供するだけでなく、旅客に素晴らしい乗り心地を保証する客室設計にもかなり力を入れています。C Series航空機では座席、頭上収納棚、および窓を大型化し、ワイドボディ航空機のような比類ない快適性を生み出しています。

CS100およびCS300航空機の部品の95%は共通しており、タイプレーティングも同じです。画期的なPratt & Whitney PurePower(R) PW1500Gエンジンと、先進的な空気力学を組み合わせたことで、燃料燃焼、騒音、排ガス量が減少し、同機の環境および社会適合性が向上しています。

Bombardierは、100~150座席市場セグメントに特化して、運航業者に比類ない経済優位性を提供し、単一通路型航空機の運航で新たなビジネスチャンスを生み出すように、 C Series航空機を設計しました。

Bombardierは、C Series航空機603機の発注とコミットメントを受けており、そのうち243機が正式発注です。

Bombardierについて

Bombardierは、航空機と列車を扱う世界トップのメーカーです。Bombardierは、現在のサービス提供をしながら未来を見つめ、どんな場所でも効率的で持続可能で、楽しい交通を求めるニーズに応えることで、全世界の移動手段を進化させています。弊社が世界の交通をリードしている理由は、車両・航空機やサービス、そして何よりも従業員です。

Bombardierの本社は、カナダ、モントリオールにあります。弊社の株はトロント証券取引所(BBD)で取引されており、Dow Jones Sustainability Worldと北米インデックスにも上場しています。2014年12月31日締め会計年度の売上高は、201億米ドルでした。ニュースと情報は リンク をご覧いただくか、Twitter @Bombardier をフォローしてください。

編集者向け注記

CSeriesの画像は www.bombardier.com に本プレスリリースとともに掲載されています。
C Series航空機について詳しくは、 リンク をご覧ください。
Bombardier Commercial Aircraftからの最新情報はTwitterで @BBD_Aircraft をフォローしてください。
プレスリリースを受信するには、BombardierウェブサイトのRSS Feedセクションをご覧ください。 リンク
(i)航空環境保全会議
Bombardier、CS100、CS300、CSeries、およびThe Evolution of MobilityはBombardier Inc.とその子会社の商標です。

お問い合わせ情報
お問い合わせ先:
Marianella de la Barrera
Bombardier Commercial Aircraft
+1-416-375-3030
marianella.delabarrera@aero.bombardier.com
www.bombardier.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。