logo

中国語、日本語、韓国語の「.世界」TLDのスペシャル・サンライズ開始を発表

Namesphere Holding Limited 2015年09月14日 12時12分
From 共同通信PRワイヤー

中国語、日本語、韓国語の「.世界」TLDのスペシャル・サンライズ開始を発表

AsiaNet 61728(1147)

【香港2015年9月14日PRN=共同通信JBN】Stable Tone Limitedが運営する「.世界」レジストリーは9月9日に、中国語、日本語、韓国語の新たなトップレベルドメイン(TLD)「.世界」のスペシャル・サンライズの開始を発表した。スペシャル・サンライズの申請期間は2015年9月8日から11月10日まで、60日間以上続く。

この2文字のドメイン・エクステンションは、中国語で「シージエ」、日本語で「セカイ」、韓国語で「セギュ」と発音され、中国語、日本語、韓国語で「世界」を意味する(意味と文字)。これは合計すれば、世界で15億人以上の市場に及ぶ。さらに「.世界」ドメインは、企業の世界クラスのブランドをオンライン上で表すだけでなく、個人のオンライン世界を表すにも最適である。

Stable Toneのジェーソン・ジュー最高経営責任者(CEO)は「商標権保有者がブランド名を『.世界』TLDで優先的に登録する機会を得ることができるように配慮する」と語った。「.世界」ドメインは中国、日本、韓国で成長、成功することを目指すブランドにとってはなくてはならないものである。

DotAsia Organisation Ltdの最高経営責任者(CEO)であるエドモン・チュン氏は「国際化ドメイン名(IDN)のパイオニアとして、世界中の中国人、日本人、韓国人のユーザー向け『.世界』TLDが国際化することを大変うれしく思う。DotAsiaの姉妹企業Namesphereは、新gTLDを特にアジアでサポートすることに専念する。われわれは『.世界』レジストリーと協力し、アジアをはじめとする世界で『.世界』TLDをプロモートできることをとても喜んでいる」と語った。

スペシャル・サンライズ期間中(2015年9月8日から11月10日まで)、Trademark Clearing House(TMCH)の登録マークを持つ優先権ホルダーと世界各国の登録商標を持つ権利者は、2015年11月17日から始まる一般公開(General Availability)の前に「.世界」ドメイン名を登録することが可能である。11月17日からは誰でも先着順で「.世界」ドメインを獲得することができる。

詳細はウェブサイト リンクリンク )を参照。

▽報道関係問い合わせ先
Pavan Budhrani
+852-2244-7916
pavan@namesphere.asia

Johnny Du
+1-845-461-8155
johnnydu@stabletone.com

ソース:Namesphere Holding Limited


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。