logo

本日発売!ヤマハ インテリジェントL2スイッチ SWX2300シリーズ

SCSK株式会社 ITプロダクト&サービス事業本部 ネットワークプロダクト部はヤマハ インテリジェントL2スイッチ『SWX2300-8G』『SWX2300-16G』『SWX2300-24G』を発売開始しました。

※SCSKはヤマハルーターの国内総販売代理店です。

多くの方がご存知のヤマハルーターの歴史は古く、1995年にルーター市場に参入されて以来、中小規模ネットワーク・SOHOを中心とした多くの企業に導入していただいております。

ルーターから、よりお客様の宅内ネットワークを便利にしたいという思いで、2011年2月にはスイッチ市場に参入し、ヤマハルーター・ファイアウォール(以下、ヤマハルーター)と連携することでネットワークの設定・保守・管理などの負担を低減する機能を有したギガビット対応のスマートL2スイッチ「SWX2200-24G」「SWX2200-8G」を、2013年4月にはPoE対応製品の「SWX2200-8PoE」(以下、「SWX2200シリーズ」)を発売しました。

そして、スイッチ製品については、本日インテリジェントL2スイッチ『SWX2300-8G』『SWX2300-16G』『SWX2300-24G』を市場投入いたしました。

SWX2300シリーズの主な特長は以下の通りです。
1. スイッチ業界のスタンダードなラインナップへの拡充
今回発表するインテリジェントL2スイッチ「SWX2300シリーズ」は、SFPポート付きのインテリジェントL2スイッチ。業界での標準機能を搭載したモデルで、「SWX2200シリーズ」の上位機種にあたります。
2. スイッチ単体での「見える化」機能の搭載
SWX2300は、コントローラー機能を使用することで、「ネットワークの見える化」を実現。上位に接続するルーターがヤマハ製 品以外でも、配下のヤマハスイッチや端末の接続状況をSWX2300単独で「見える化」することができ、一括管理やネットワークトラブルが発生した際の解 決が容易になりました。
3. タグVLAN等上位機種に搭載された機能

以下の特長を持っています。
•フロア内、フロアごとにセグメントの切り分けが可能
•設備音響や放送業界等で、音声や映像のような大容量データを複数の端末に配信するニーズに対応
•デファクトスタンダードのコマンド体系に準拠、どのような環境でも戸惑うことなく設定が可能

ソリューション例や仕様など詳細は以下のページをご覧ください。
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。