logo

ネスプレッソ、消費需要増加に対応 すべく第3の生産センターを開設

ネスレネスプレッソ 2015年09月14日 14時14分
From 共同通信PRワイヤー

ネスプレッソ、消費需要増加に対応 すべく第3の生産センターを開設

AsiaNet 61752

ロモン、ローザンヌ(スイス)、2015年9月10日/PRニュースワイヤー/ --

今回の新たな戦略的投資により、ネスプレッソは自社のコーヒー専門知識を生かして国際的開発を加速させます

-クロスリファレンス:写真はEPA通信(リンク)およびリンクで入手できます。

(写真:リンク )

ネスレネスプレッソは、ヨハン・ニクラウス・シュナイダー=アマン連邦参事会参事兼財務相、ビート・フォンランテン州参事会参事兼フリブール州経済・雇用大臣、ロジャー・ブロダード ロモン市長の立ち会いのもと、スイスのロモンに生産センターを本日新たに開設しました。このセンターは、2002年以降開設されたアヴァンシェ、オルブに次ぐスイス第3番目のネスプレッソの拠点となります。

ネスレS.A.のポール・ブルケ最高経営責任者は次のように述べています。「この生産センターは、今後増加する最高品質のネスプレッソコーヒーへの世界的な消費需要に対応するための戦略的長期投資です。また、成長しているポーションコーヒーセグメントでのネスプレッソの成功に貢献するだけでなく、現地の地域的および国家的な経済的・社会的活力にも貢献するでしょう。このセンターは、当社が優秀さや革新といった価値を共有している自国スイスへの親近感を再度示すものです。」

コーヒーの素晴らしさと専門知識の本当の中心であるロモンの生産センターは、2年ほどかけて建設され、総額3億スイスフランが投資されました。2002年以降、ネスプレッソは11億スイスフラン以上をボー州とフリブール州の産業施設に投資しています。

従来のネスプレッソカプセルに加えて、この生産センターでは14種類のVertuoLine用グラン・クリュも生産する予定です。VertuoLineは、2014年3月にアメリカとカナダで成功裏に開始された画期的な抽出技術に基づくマシーンです。このマシーンは、大きいカップコーヒーを好む北米市場に向けて設計されました。

ネスレネスプレッソS.A.のジーン-マーク・デュボアザン最高責任者は次のように述べています。「VertuoLine用カプセルの生産を行うことで、ロモンのセンターは、当社の北米における重要な成長野望を支えることになります。革新の波に乗るポーションコーヒー業界は、50億米ドル以上の市場規模を持ち、北米地域では力強く成長しています。VertuoLineは、この需要の高まりに応える適切な製品です。」

地元経済へのプラスの影響
オルブとアヴァンシェに生産センターを構えることで、ネスプレッソは、ロモン市とフリブール州の経済的・社会的展望に長期的なプラスの影響を与えることを狙いとしています。この新拠点はすでに、新たに125の技術を要する仕事での直接雇用の創出を可能にし、その結果、ネスプレッソのスイスにおける従業員総数は2,300名を超えています。25以上の地元企業が、総予算の60%を占めるこの拠点の建設に従事しました。

ヨハン・ニクラウス・シュナイダー=アマン連邦参事会参事兼財務相は次のように述べています。「ロモンに新工場を置くというネスプレッソの決定は、この国全体の勤勉に対する素晴らしい報いと言えます。また、生産地としてのスイスの力を促進し続け、雇用率を押し上げようと努力している私達の励みにもなります。」

ビート・フォンランテン州参事会参事兼フリブール州経済・雇用大臣は次のように述べています。「ネスプレッソの優れた新しいセンターの開設は、フリブール州の市民が心から祝福できる喜びと誇りの瞬間です。また、フリブール州が国際的な事業会社にとって魅力的な経済拠点であることを確認するものです。」

ロジャー・ブロダード ロモン市長は、「ネスプレッソがやって来たことで、私達の地域は今後の経済に自信を持つことができます。」と述べています。

スイス初のLEED(R)ゴールド認証生産センター
ロモンは、LEED(R)(エネルギーと環境デザイン・米国グリーン建築基準)ゴールド認証を取得したスイス初めての生産センターであり、ネスレにとってもこの認定を受けたスイス初の工場となります。この認定は、工業建築のエネルギーおよび水の効率性を対象としているだけでなく、職場での従業員の健康や福祉、環境に優しいモビリティに向けたインフラストラクチャーなどの側面に重点を置いています。ネスプレッソがLEED(R)の要件を満たすために実行している様々な取り組みには、再生建設資材を20%利用することや、ロースター・三重ガラス・LED照明使用による熱回収によって現場のエネルギー消費を18%削減することなどがあります。

LEED(R)認定により、ネスプレッソの持続可能性へのコミットメントは拡大し、同社の世界的な持続可能性戦略である「ザ・ポジティブ・カップ」の一部が形作られています。

世界進出したスイス企業、ネスプレッソは、スイスの優秀さ・ノウハウ、強固で信頼できるインフラストラクチャー、熟練した労働力、ネスプレッソが象徴する品質を保証するあらゆる戦略的要素を考慮して、ロマンに第3番目の生産センターを設立することを選びました。

ロマンのネスプレッソ生産センターに関する事実と数字
・スイスでの世界に向けた生産拠点として、オルブ(2002年)とアヴァンシェ(2008年)に次ぐ第3番目のネスプレッソスイス生産センター
・ロマンへの投資額:3億スイスフラン
・2002年以降の生産施設への総投資額:11億スイスフラン(フットボール場15個分)
・建物の表面積:21,000平方メートル
・建設期間:2年間
・最大建物高さ:40メートル
・3,200人以上が建設に従事
・コンクリート25,000立方メートル、ファサード35,000立方メートル、電気ケーブル500キロメートル、パイプと換気ダクト70キロメートル、レール2,400メートル
・当拠点のネスプレッソ現従業員数:125名
・従来型およびVertuoLine用カプセルの生産
・スイスで初めてのLEED(R)ゴールド認証生産センター、ネスレにとってもスイス初となる同認証生産センター

追加内容
画像は、中央ヨーロッパ時間午後4時よりネスプレッソのコーポレートサイトリンクからダウンロードできます。
LEED(R)認証に関する背景説明 ( リンク
要求に応じてセカンドロールをご用意できます。

ネスレネスプレッソについて
ネスレネスプレッソ(Nestle Nespresso SA)は最高品質のプレミアム・ポーション・コーヒーのパイオニアでマーケットリーダーです。スイスのローザンヌに本社を置き、62カ国に拠点があり、従業員は1万500人以上います。2014年時点で400を超える専用ブティックからなるグローバルな販売網を展開しています。詳しい情報はネスレネスプレッソ公式ウェブサイトリンク までご参照下さい。

VertuoLineについて
VertuoLineは、大きいカップコーヒーを好む北米市場の消費嗜好に応じて設計されたコーヒーシステムです。消費者がコーヒーを入れて楽しむ方法を再度一変させたこの抽出システムは、Centrifusion(TM)技術を用いています。VertuoLineは、極めて高レベルの精密さを提供します。バーコード技術により、使用されているグラン・クリュカプセルを認識して、最適な抽出により常に完璧なコーヒーを作ります。エスプレッソはもちろん、ロングコーヒー、セミカフェインコーヒー、フレーバーコーヒーなど14種類の高品質なグラン・クリュは、アメリカとカナダのみで発売されています。

メディア問合せ先
Nestle Nespresso SA
企業広報マネージャー
Diane Duperret
直通: +41-21-796-92-89
代表: +41-21-796-95-95
diane.duperret@nespresso.com
  
ソース: Nestle Nespresso SA

(日本語リリース:クライアント提供)


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。