logo

Aras Component Engineeringを使って、4億5千万個以上の電子部品情報をPLMのワークフローで統合管理

IHS CAPS Universeで提供されている電子部品データを取り込み、Aras Innovatorが統合的アプローチでコンポーネントを管理。設計業務における検索、選択、購買およびメンテナンス作業における迅速な部品の検索、抽出、比較が可能に。

注:本資料は米国マサチューセッツ州アンドーバーで2015年9月10日(現地時間)に発表されたプレスリリースを日本語に翻訳したものです。

ANDOVER, Mass. and Munich, Germany – 2015年9月10日(米国東部時間) – エンタープライズ・プロダクト・ライフサイクル・マネジメント (PLM) ソフトウェアの次世代リーディングカンパニーであるArasは、本日、Aras Component Engineeringの最新リリースを公表しました。IHS CAPS Universeという業界随一の電子部品データベースからAras Innovator®のPLMワークフローにシームレスにデータを取り込むことができるようになります。Arasは、世界4,000社以上の主要メーカーの電子部品データを、瞬時にアクセスし検索することを実現するPLMソリューションを提供します。設計段階から製造、メンテナンスに至るまで、設計および調達を担当するエンジニアはArasを使って市場の最新の部品情報にアクセスしたり、すでに承認済みのサプライヤー情報を検索、比較することができます。Aras Component Engineeringを利用することで、電子部品情報をシームレスに複雑な製品構成に統合して管理することを実現し、メカニカル設計および組み込みソフトのコンポーネントも含む統合された製品情報を製品開発エンジニアに提供します。

Aras Component Engineeringのデモは、こちらからご覧いただけます。 リンク

Arasがコンポーネント管理のためのPLM標準を定義

Aras Component Engineeringは、世界でも有数の電子部品データを持つ米国の調査会社IHS Inc.(NYSE:IHS)のデータを利用します。最新の技術およびコンプライアンス情報が部品やサプライヤーのステータスと共にエンジニアに提供されるため、電子部品の選択、承認、調達およびライフサイクル管理の効率化につながります。また、これらはすべてPLMのワークフロー内からアクセスすることができます。Aras Innovatorならではの特徴は以下の通りです:

• IHS CAPS Universeの400以上のカテゴリー、4億5千万個以上の電子部品データベースにPLMのワークフローから直接アクセス
• すでに社内で利用実績のある部品情報を、製品ライフサイクルの早い段階で検索し見つけることが可能なため、集中購買を効率的に実現することが可能
• 社内承認されたメーカー、使用中の部品、さらにサプライヤーと部品のステータスが一目でわかるインジケーター
• 新たな部品の承認をスピードアップする自動化ワークフロー

「業界をリードするIHS CAPS UniversのデータがAras Component Engineeringに統合されれば、エンジニアは必要な部品を瞬時に見つけ、在庫の有無を確認し、陳腐化のリスクを軽減し、さらには環境コンプライアンスを確実に順守するといった作業を統合PLM内で、一元的に管理することができます。この強力な機能は、エンジニアリングの効率化、ひいては企業にとって革新的な製品の市場への迅速な投入を実現します」と、IHSテクノロジー社のシニアディレクターBob Braasch氏は述べています。

エンジニアは、Aras Component Engineeringを活用して部品を一覧にして比較する、代替するものを探す、部品情報を閲覧することなどができます。また、新たな部品の承認ワークフローを開始することも可能です。さらに、エンジニアは環境コンプライアンスドキュメント(RoHSやREACH)、紛争鉱物コンプライアンス認定(CMRT)、製品仕様変更(PCN)、製造中止部品(EOL)およびライフサイクル予測を確認できる新たな機能も備えています。

「Aras Innovatorのこのような強力な部品調達の機能は、PLM業界において他社にはないものです」と、Arasプロダクトマネジメント担当バイスプレジデントのJohn Sperlingは述べています。「PLMワークフロー内からCAPS Universeにアクセスできるようになったことで、Arasのプロダクトエンジニアリングに対するシステムズアプローチが実現しました。つまり、部門の垣根を超え、拡張されたサプライチェーンに至るまで、エンジニアが複雑な製品の開発、製造およびメンテナンスを効率的に管理できるようになったのです。」

Aras Component Search アプリ

Aras Component Engineeringのアプリケーションの多くの機能は、製品検索と部品承認ワークフローを一緒にしたモバイル端末向けアプリ「Aras Component Search」を使っていつでもどこでもアクセス可能です。ユーザーは新たな部品の検索、プロパティおよびデータシートの閲覧、新たな部品の承認リクエストなどを迅速に行うことができます。また、オフィスにいなくても設計、製造およびメンテナンスチームのより効率的な連携が可能です。

部品調達アプリはこちらからダウンロードできます。 リンク

【IHSについて リンク
IHSは、今日のビジネス環境に大きく影響する重要分野における洞察、分析および専門知識に関する世界でも主要な情報源です。世界150か国以上の企業および政府機関に対し、影響力のある意思決定を行い、スピードと自信を持って戦略を開発するための包括的なコンテンツ、専門家の独立した分析を、柔軟な配信方法で提供しています。IHS は1959年に設立され、2005年にはニューヨーク証券取引所に上場しました。本社を米国コロラド州イングルウッドに置き、持続可能で収益性のある成長を続けているIHSでは、世界32か国で8,800人が働いています。

【Arasについて】
Arasはプロダクト・ライフサイクル・マネジメント (PLM) ソフトウエアプロバイダーで、複雑な製品・プロセス構造に悩むグローバル企業に最適なソリューションを提供しています。ArasのPLMは、高い拡張性と柔軟性を誇るセキュアなプラットフォーム技術を採用しており、いかなる規模の企業様でも全ての優れた機能をご活用頂けます。GE、GETRAG、日立、ホンダ、テキストロン、ゼロックスなど、世界中のビジネス顧客がArasを採用しています。Arasは米国マサチューセッツ州に本社を構えるプライベートカンパニーです。詳細に関しては www.aras.jp および Twitter @ArasJapan をご覧ください。

ここに掲載されている製品名称やサービス名称はそれぞれ各所有者の登録商標です。

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。