logo

違いのわかる大人の旅は、「見る旅」から「体験する旅」へ変化

クラブツーリズム株式会社 2015年09月11日 11時00分
From 共同通信PRワイヤー

2015年9月11日

クラブツーリズム株式会社

旅行に関する意識調査と実態調査2015
<20~60代の男女2,060名対象> 
違いのわかる大人の旅は、「見る旅」から「体験する旅」へ変化
“今どきシニア”には「趣味・興味(テーマ)を堪能する旅」が人気

クラブツーリズム株式会社(東京都新宿区、代表取締役社長:小山佳延、以下クラブツーリズムは、20~60代の旅行に関心の高い男女2,060名を対象に、旅行に関するインターネット調査を実施し、“旅行に求めるもの”や、“旅行で重視するポイント”などを調査いたしました。
ぜひ、以下の調査結果をご覧ください。

【調査結果サマリー】

■50~60代はやっぱり旅行好き 大人の旅は趣味をじっくり楽しめるパッケージツアーが好評
 ツアー志向では20~30代の若者世代は「お得」、対して50~60代の大人世代は「上質」を重視。
・旅行頻度が高い50~60代は、およそ3人に1人(29.4%)が1シーズンに1回以上旅行に出かけている。
・20~30代は「豪勢」で「欲ばり」で「激安」な、盛りだくさんでお得な旅が好き。
・年代が上がるとともに、趣味や興味のある分野をじっくり堪能できる旅を志向。50~60代では約7割(67.4%)がじっくり派。
・同様に、年代が上がるとともにパッケージツアーの利用率もアップ。50~60代のじっくり派はパッケージツアーと相性が良い。

■趣味や興味のある分野を満喫するために、パッケージツアーの強みを活用する50~60代
・趣味や興味のある分野を満喫することを重視する50~60代は、パッケージツアーを利用する場合は「普段行けない場所に行けること」(89.8%)など、パッケージツアーならではの強みに魅力を感じている。
・選ぶ際は、厳選された「宿」(80.3%)や「名店での食事」(75.8%)など個人旅行では手配が難しい経験も重視。
・趣味を満喫するパッケージツアーには「経験豊富な添乗員やスタッフの帯同」(63.0%)も重要なポイント。

■50~60代は「テーマ型旅行」に興味津々!2割は既に経験済み
人気テーマは「歴史探訪」「美食探訪」「神社仏閣・仏像めぐり」。旅好きは「ウォーキング」「ハイキング」も。
・50~60代の約半数(52.8%)がテーマ型旅行に関心があり、約6割(57.5%)は参加意欲あり。
・既に5人に1人(19.1%)は、テーマ型旅行に参加した経験あり。
・興味があるテーマは、「美食探訪」(61.8%)、「歴史探訪」(61.4%)、「神社・仏閣・仏像めぐり」(53.0%)。
 男女差があったテーマとしては、「写真撮影」(男性24.0%)、「花めぐり」(女性51.5%)が挙げられる。


【調査結果】
◆50~60代のおよそ3人に1人は、1シーズンに1回以上旅行に出かける旅好き世代。
◆20~30代は「欲ばり」「豪勢」「激安」な旅を好む傾向。

20~30代の若者世代、40代のミドル世代、50~60代の大人世代を対象に、直近1年間の旅行の頻度を聞くと、「3ヶ月に1回以上」つまり1シーズンに1回以上旅行に行く割合は、50~60代が29.4%と高く、50~60代の3人に1人は、1シーズンに1回以上旅行に出かけています[図1]。

行きたいと思う旅行のコンセプトを聞くと、20~30代の若者世代のTOP3は、「ゆとりのある旅」(89.6%)、「お得な旅」(87.3%)、「上質な旅」(84.6%)の順、40代ミドル世代は「ゆとりのある旅」(88.3%)、「上質な旅」(83.5%)、「お得な旅」(82.0%)の順、50~60代の大人世代は「ゆとりのある旅」(87.3%)、「上質な旅」(78.6%)、「お得な旅」(78.3%)となり、TOP3の顔ぶれは各世代とも変わりませんが、年代とともにお得さよりも上質さを重視する傾向にあるようです[図2-1]。
また、お得感を示すオトク3要素(「豪勢な旅」「欲ばりな旅」「激安な旅」)について各世代の反応をみると、20~30代の若者世代はオトク3要素への反応が高く、盛りだくさんでお得な旅を志向するのに対し、年代が上がるにつれてお得感への反応が下がる傾向が顕著に見られます。[図2-2]。


◆50~60代は、趣味や興味のある分野をじっくり楽しめる旅がお気に入りで、他世代と比べるとパッケージツアーの利用率も高い。

そこで、【A】盛りだくさん派…数多くの観光地を巡る盛りだくさんな旅、【B】じっくり派…自分の趣味や興味のある分野をじっくり堪能できる旅、AとBのどちらが好きかを聞いてみました。
各世代ともじっくり派の方が多くなっていますが、年代とともにその傾向が強くなり、50~60代では約7割が「自分の趣味や興味のある分野をじっくり堪能できる旅」(67.4%)を志向しています[図3]。

じっくり堪能する旅との相性がよいのか、パッケージツアーも年代とともに利用率が高くなっており、50~60代では90.9%がパッケージツアーを利用しています[図4]。
旅行によく出かけ、旅をじっくり楽しみたい50~60代にとって、パッケージツアーは使いやすい旅行スタイルといえるようです。


◆趣味や興味のある分野を満喫するためには、普段行けない場所に行けることや歴史や文化に触れられることなど、パッケージツアーならではの強みを求める50~60代が多い。

次に、パッケージツアーの利用率が高い50~60代に、どういう内容のパッケージツアーに魅力を感じるか聞いてみました。
魅力に感じるパッケージツアーは、「普段行けない場所に行けること」(89.8%)がトップで、次いで「行程に余裕があること」(84.5%)、「催行日が選べること・沢山あること」(84.2%)、「出発地が近いこと」(83.0%)、「価格(旅行代金)が安いこと」(80.5%)、「歴史や文化に触れられること」(78.8%)などが上位に挙げられました[図5]。
使い勝手の良さ・利便性・価格だけでなく、「普段行けない場所に行けること」や「歴史や文化に触れられること」が上位にあがってくる点は、趣味を満喫する旅を求める50~60代ならではの特徴と言えます。

また、パッケージツアーを検討する際の重視点は、「体にも負担の少ないゆとりのある行程」(83.5%)、「厳選された 旅館・ホテルでの宿泊」(80.3%)、「厳選された名店での食事」(75.8%)、「少人数の最大催行人数の設定」(少人数で行ける旅)(68.4%)、「グリーン車の利用・広い座席など、快適な移動空間」(68.3%)、「経験豊富な添乗員やスタッフの 帯同」(63.0%)の順となっています[図6]。
50~60代だけに、負担のないゆとりのある行程が最も重視されていますが、趣味や興味のある分野をより満喫するために、個人では予約の取りにくい厳選された旅館や敷居の高い名店での食事、そして経験豊富な添乗員やスタッフのアテンドなど、パッケージツアーならではのホスピタリティが重視されています。
パッケージツアーは旅慣れた50~60代にとって、旅行をさらに楽しくする秘訣となっているようです。


◆50~60代の大人世代の約6割が参加したいと意欲を示す「テーマ型旅行」。5人に1人は既に参加経験あり。歴史やグルメなど普遍的なテーマをどう料理するか、旅行会社の工夫次第?!

旅行会社が提供するツアーのひとつにテーマ型旅行があります。「テーマ型旅行」とは、特定の興味分野をテーマに設定した旅行で、たとえば、登山・ハイキングを徹底的に楽しむツアーや、写真撮影のテクニックや歴史を学ぶツアーなど、探究心や好奇心を満足させる様々なツアーが存在します。テーマの選択次第で、趣味や興味を心ゆくまで満喫することが可能になります。
このような「テーマ型旅行」について、50~60代の2人に1人が「テーマ型旅行を、見聞きするようになった(見聞きする機会が増えた)」(52.8%)と関心を持ち、実際に5人に1人は既に「テーマ型旅行」に参加したことがある(「参加する機会が増えた」を含む)」(19.1%)と答えており、50~60代の約6割(57.5%)が「テーマ型旅行に参加してみたい」と高い関心を寄せています[図7]。

では、どんなテーマに興味があるのか聞いてみると、「美食探訪」(61.8%)がトップ、次いで「歴史探訪」(61.4%)、「神社・仏閣・仏像めぐり」(53.0%)、「街道歩き」(51.2%)、「美術館・博物館めぐり」(50.7%)、「名城めぐり」(50.6%)の順となりました[図8]。
加えて、50~60代の男女で異なる特徴を見てみると、男性は「写真撮影」(男性24.0%に対し女性14.1%)、女性は「花めぐり」(女性51.5%に対し男性26.0%)が挙がっています。
テーマ自体は奇をてらうものでなくとも、その内容がいかに魅力的なものか、旅慣れた50~60代の大人世代を納得させられるための旅行会社の工夫が求められると思われます。


【参考】
「ようこそ、大人旅へ。」 ~クラブツーリズムの大人旅
本調査では、50~60代の大人世代が、「趣味・興味(テーマ)を堪能する旅」を志向するなど、「見る旅」から「体験する旅」へとシフトする特徴が垣間見えましたが、クラブツーリズムでは、このような大人世代の特徴を捉えたテレビCMを2015年9月1日(火)より放映しております。『ようこそ、大人旅へ。』 をキャッチコピーに、美しい紅葉の中、 「歩く」、「描く」、「学ぶ」、「食べる」などクラブツーリズムらしいテーマで“大人たちが思い思いに旅を楽しむ”様子を、心弾む歌と音楽に乗せて描いてます。放映期間は、2015年9月14日(月)までとなり、関東・東海・関西地区および北海道、宮城、静岡、広島、福岡において民放21局、またBS放送5局で放映しています。

■放送期間 : 2015年9月1日(火)~ 9月14日(月)
■タイトル : 「ようこそ、大人旅へ。」 クラブツーリズムの歌・秋篇
■放送エリア: 関東・東海・関西地区および北海道、宮城、静岡、広島、福岡において民放21局、BS放送5局

テレビCM放映にあたりクラブツーリズムでは、「大人旅」を、「厳選された、上質な時間を楽しんでいただく旅」、「特定の興味分野をテーマに設定したテーマ旅行」、「誰でも安心して楽しめる旅」といった要素を統合した大人のためのツアーと位置づけ、今回の調査でもそうした「大人旅」について聞いています。


【50~60代に“大人旅”と聞くとこんな声が】
「大人旅」と聞いてどのように思うか、今回の調査でも聞いたところ、下記のような回答がありました。

・若い時は安いお肉の食べ放題やバイキングをよく食べたが大人になってからは上質なものを少し食べられればよいと思うようになった。旅も同じで、たくさんのスポット巡りや買い物ツアーなどは疲れるし興味を感じなくなった。質の良いゆったりできる旅が良いと思う。(60代女性)
・自分の趣味に合った分野の旅なら、多少価格が高くても参加したい。(60代男性)
・休息を求めつつも、新しい興味を引き出してくれる。確かな思い出に繋がる大人のグレードの高い旅を期待します。(60代女性)
・同じ趣味の人達と会話を楽しみながら時間を共有できるのが魅力。(50代女性)
・厳選された上質な時間の旅は大人の旅に感じる。(50代男性)
・多くの場所を闇雲に回らずに時間的に余裕のあるゆったりした行程で限定した場所を回るツアーが良い。(60代男性)
・1人でも気軽に参加出来たら自分の趣味を通して、新しい友達が増えるかも?と楽しみになる。(60代女性)

「大人旅」に期待する50~60代の方々は、やはりゆったり「体験する旅」を求めているようです。


【参考資料(1) 大人世代の旅 男女差編】
◆ともにじっくり旅を楽しみたい、旅慣れた50~60代の大人世代。しかし。男性より女性の方がより上質志向でパッケージツアーも厳しくチェック。大人女子は旅目利きが多い。

「見る旅」から「体験する旅」へと志向が変化し、パッケージツアーならではのメリットを十分に活用している50~60代の大人世代ですが、男女別で見ると、男女の志向にやや違いが見られました。50~60代の大人世代は「上質な旅」を志向しており、  お得さよりも上質さやクオリティの高さを求めていますが(1p[図2-1]参照)、これを男女別で見てみると、男性(74.3%)より女性(83.0%)の方が約10ポイントも高く、「上質な旅」を強く志向していることがわかります[図9-1]。

また、年代とともに、盛りだくさんな旅(【A】数多くの観光地を巡る盛り沢山な旅)より、じっくり楽しむ旅(【B】自分の趣味や興味のある分野をじっくり堪能できる旅)を志向していますが(2p[図3]参照)、これは男女差がほとんどなく、50~60代の大人世代は男女ともに、自分の趣味や興味のある分野をじっくり堪能できる旅を志向しています[図9-2]。

パッケージツアーのメリットを上手く活用する大人世代ですが(3p[図6]参照)、よりうまく使いこなしているのはやはり女性。検討する際の重視点の全ての項目で、男性より女性の方がチェック度が高くなっており、より吟味してパッケージツアーを選んでいるようです[図9-3]。


【参考資料(2) 大人世代の旅 旅行頻度差編】
旅行頻度が高い大人世代は、趣味や教養を高めたり、新しいことにチャレンジする旅が好き。ウォーキングや登山などのめぐり旅も楽しみたい、アタマもカラダも元気なアクティブシニア。

旅慣れた大人世代ですが、旅行頻度による志向の違いもあるようです。3ヶ月に1回以上旅行する高頻度層、半年に 1回以上の中頻度層、1年に1回以下の低頻度層に分けて、その志向を見てみます。
まず、旅行の目的は、「旅先で美味しいものを食べたい」「日常生活から解放されたい」「自然に触れたい」などがいずれの属性でも上位ですが、3ヶ月に1回以上旅行する高頻度層は、「趣味を楽しみたい」、「世界遺産を見たい」、「知識や教養を深めたい」など趣味や教養が旅行の目的になる割合が高くなっています[図10-1]。

パッケージツアーの魅力点(3p[図5]参照)やコンセプトについて旅行頻度別に見ると、3ヶ月に1回以上旅行する高頻度層は、「歴史や文化に触れられること」、「新しい趣味にチャレンジできること」     などが低頻度層と比較して高く、逆に低頻度層は「価格(旅行代金)が安いこと」が高頻度層より高くなっています[図10-2]。
パッケージツアーで魅力に感じるテーマ(4p[図8]参照)について旅行頻度別に見ると、ほぼすべての項目で3ヶ月に1回以上旅行する高頻度層の反応が高く、旅慣れているだけにさまざまな旅の魅力を感じていることが推測できます。

1年に1回以下の低頻度層と比べると高頻度層は、「ウォーキング」、「花めぐり」、「ハイキング・登山」、「トレッキング」などの歩き旅・めぐり旅をアクティブに楽しんでいるようです[図10-3]。


◆調査概要◆
●調査時期:2015年8月28日(金)~8月30日(日)
●調査方法:インターネット調査  
●調査対象:過去1年以内に国内旅行に行き、かつ、この先1年以内に旅行に行く予定がある全国の20代~60代男女2,060名(各世代・男女各206名ずつ)





本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。