logo

40代からの女性の「不調」に応える和漢方薬。 漢方に詳しい薬剤師の先生に訊いてみた ! 第2回 40代からの女性のダイエットに期待できる和漢方薬は何ですか?

株式会社ナンブ 2015年09月11日 09時50分
From PR TIMES

40歳からの女性に特化した和漢方薬ショップ「店舗名 : 40歳からの女性に和漢薬・加味逍遥」 (株式会社ナンブ運営: 創業 大正12年、本社 愛知県岡崎市戸崎町牛転、代表者 南部淳、旧会社名:南部薬品)は、国内最大手のネットショッピングモール楽天市場での販売が好調。同ショップは、正しい和漢方薬の知識や情報の普及を図る目的で、 一般消費者から質問が多い内容について、数回にわたって、店長で薬剤師の二宮洋一氏による回答をオンライン上に公開していく事としました。



[画像: リンク ]



40代からの女性のダイエットに期待できる和漢方薬は何ですか? → 当帰芍薬散は、冷えの改善と共に、ダイエットにも期待できます


Q. 40代からの女性のダイエットに期待できる和漢方薬は何ですか?
A. 太っている事が様々な病気のリスクを高めるので、適切にダイエットされる事は、薬剤師の立場からもお勧め致します。
体脂肪や内臓脂肪が増えすぎた状態を解消するには、食事療法、運動療法、そして肥満につながる生活習慣を改める行動療法が基本です。しかし、合併症や膝などの痛みのために運動が十分に行えないこともあります。
そこで、最近注目されているのが漢方薬です。
この目的で使用される漢方薬には、「防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)」、「防己黄耆湯(ぼういおうぎとう)」、「大柴胡湯(だいさいことう)」などがあります。

・防風通聖散は、実証の方で、便秘がちな人のおなかまわりの余分な脂肪を減らす働きがあります。
・防己黄耆湯は、どちらかというと疲れやすい人で、筋肉にしまりのない余分な脂肪を減らし、膝などにかかる負担を減らします。
・大柴胡湯は、ストレス過食など食欲にムラがあり、生活習慣が乱れがち、イライラして怒りっぽ い、緊張しやすい人のあちこちについた余分な脂肪を減らします。

また、この三つ以外にも「当帰芍薬散」という 漢方薬には、冷え症でむくみやすい人の身体を温めながら、水分代謝を高め、余分な水分を取り除くことで、むくみや足腰の冷え症を治し、 すらりとした身体を取り戻します。(薬剤師、二 宮洋一)

【会社概要】
株式会社ナンブ
創業 大正12年
資本金 5,000万円
代表取締役社長 南部 淳
本社 〒444-0840 愛知県岡崎市戸崎町字牛転10番地91
八帖本店 〒444-0924 愛知県岡崎市八帖北町23番地16 TEL:0564-64-6660
従業員数 310名(パート・アルバイト含む)

【本リリースの配信元・問合せ先】株式会社ナンブ八帖本店 、ウェルネスナンブ担当
楽天ショップ・和漢方薬店  リンク
八帖本店 〒444-0924 愛知県愛知岡崎市八帖北町23-16 TEL:0564-24-0902
ほぼ毎日更新の薬剤師ブログ  リンク
公式コーポレイトサイト  リンク
サテライトサイト  リンク
フェイスブックページ  リンク
【本件リリース作成及び取材】ネット販売及び統合型マーケティングコミュニケーションに関するコンサルティング委託先
ネット通販の魔術師合同会社 (東京都世田谷区)
リンク
リンク
リンク
リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。