logo

「銀座四次元ポケットpresents 山崎晴太郎の銀座トークサロン」ポスター展『IT’S FINE DAY』を松屋銀座屋上で開催【2015年9月19日(土)~9月25日(金)】

株式会社セイタロウデザイン 2015年09月11日 10時00分
From PR TIMES

番組のトーク内容をまとめたフリーペーパー『IT’S FINE DAY vol.1』を1000部限定で発行

セイタロウデザイン代表・アートディレクター山崎晴太郎がパーソナリティを務めるラジオ番組『銀座四次元ポケットpresents 山崎晴太郎の銀座トークサロン』(Webラジオ放送局「ソラトニワ」銀座/隔週金曜日19:00~20:00放送)は、今まで番組にお招きしたゲストとのポートレートを展示したポスター展『IT’S FINE DAY』を松屋銀座屋上で開催します。

当番組は、デザインやファッション、建築から、法律、科学の分野まで、幅広い分野で時代をリードするさまざまな文化人をゲストにお招きして対談を展開する、21世紀のサロン型トーク番組です。毎回、放送後にはスタジオを飛び出し、リスナーも参加できるリアルサロンも開催しています。

今回のポスター展では、フォトグラファー中野修也氏がゲストとパーソナリティの空気感を切り取った膨大なポートレートの中から、厳選した1枚をポスターにして展示すると同時に、番組・イベントでのトーク内容・ポートレートをまとめたフリーペーパー『IT’S FINE DAY vol.1』(1,000部限定/108ページ)を発行します。



[画像1: リンク ]



◆ポスター展『IT’S FINE DAY』概要
◇開催期間:2015年9月19日(土)~9月25日(金)
◇会場  :松屋銀座屋上 ソラトニワステーション前
      〒104-8130 東京都中央区銀座3-6-1 松屋銀座R
◇入場  :無料


◆フリーペーパー『IT’S FINE DAY vol.1』概要
[画像2: リンク ]

2015年5月15日~8月21日までに放送された『山崎晴太郎の銀座トークサロン』および、そのアフターイベントである『リアルトークサロン』の内容を編集して制作。A4/計108ページ。1,000部限定。


◇設置場所:松屋銀座屋上 ソラトニワステーション前
      〒104-8130 東京都中央区銀座3-6-1 松屋銀座屋上
◇料金  :無料(ご自由にお持ち帰りください)


◆ラジオ番組概要『銀座四次元ポケットpresents 山崎晴太郎の銀座トークサロン』
◇放送日時:隔週金曜日19:00~20:00
      2015年9月18日(金)、10月2日(金)、10月16日(金)、10月30日(金)他
◇放送局 :sora×niwa RADIO「ソラトニワ銀座」
sora×niwa(ソラトニワ)とは「ソラトニワ銀座」「ソラトニワ原宿」「ソラトニワ梅田」の3つのスタジオから発信するWebラジオ放送局です。「ソラトニワ銀座」は、松屋銀座の屋上にあるスタジオより公開生放送しています。
◇パーソナリティー:山崎 晴太郎(セイタロウデザイン代表、アートディレクター)
◇視聴方法:放送時間に右記URL(リンク)をクリックすると再生画面が表示されます。再生ボタンをクリックしてご視聴ください。
◇番組HP : リンク
       リンク


◆ゲスト紹介
◇第一回ゲスト|長崎 義紹さん(paragraph代表、クリエイティブディレクター)
[画像3: リンク ]



『Begin』や『Men’s EX』などの創刊編集企画、『WIRED日本版』の再創刊時の編集長を務める。また『PAUL&JOE』などのブランディングディレクションも経験。現在はUNIQLOCKやNikonなど数多くの企業のWEBディレクションを行い、WEBマガジン『TOKYOWISE』の編集長も努めるなど様々なクリエイティブ活動を行っている。


◇第二回ゲスト|水野 祐さん(弁護士、シティライツ法律事務所代表)
[画像4: リンク ]



Arts and Law代表理事。Creative Commons Japan理事。慶應義塾大学SFC研究所所員。その他、FabLab Japan Networkなどにも所属。著作に『クリエイターのための渡世術』(ワークスコーポレーション)(共著)、『オープンデザイン 参加と共創からはじまるつくりかたの未来』(オライリー・ジャパン)(共同翻訳・執筆)、連載に『法のデザイン インターネット社会における契約、アーキテクチャの協働』(Business Law Journal)などがある。
リンク


◇第三回ゲスト|西谷 真理子さん(編集者、京都精華大学特任教授)
[画像5: リンク ]



1950年生まれ。東京都立大学人文学部フランス文学科卒業後、1974年文化出版局に入社。「装苑」、「high fashion」などの編集部に在籍。80~82年パリ支局勤務。2011年に退職後、「high fashion ONLINE」のチーフエディターに就任。2011年秋に東京オペラシティで開催された「感じる服 考える服:東京ファッションの現在形」展共同キュレーターを担当し、2013年4月から、京都精華大学ポピュラーカルチャー学部ファッションコースの特任教授として教鞭をとる。


◇第四回ゲスト|トム・ヴィンセントさん(クリエイティブディレクター)
[画像6: リンク ]



1967年ロンドン生まれ。ロンドンの美術大学・セントラルセイントマーティンズとカリフォルニア大学で舞台芸術・脚本などを学び、1989年に初来日。1996年より日本永住。1997年に大日本印刷のオンライン美術マガジン「nmp-international」の海外版編集長に。世界初のWEBアート専用ギャラリー「c-ship」やベネチアビエナーレで受賞した建築プロジェクト「メイドイントーキョー」のWEBサイトなど、さまざまなWEBプロジェクトに参加。1999~2006年、イメージソースの役員兼クリエイティブディレクターに。ソニー、富士フイルム、IBMなど、グローバル企業のブランディングやキャンペーンサイトを手がける。ワンショー、カンヌ サイバーライオンなど広告賞も受賞多数。バイリンガルオンラインマガジン「PingMag」を創刊・プロデュース。2009年に株式会社トノループ・ネットワークスを設立。さまざまな企業のウェブや映像の仕事を手がける一方、多くの地域のプロジェクトに参加している。
リンク


◇第五回ゲスト|渡邊 恵太さん(博士)
[画像7: リンク ]



1981年東京生まれ。博士(政策・メディア)。インタラクションの研究者。知覚や身体性を活かしたインターフェイスデザインやネットを前提としたインタラクション手法の研究に従事。2009年慶應義塾大学 政策メディア研究科博士課程修了。2010年よりJST ERATO 五十嵐デザインインタフェースプロジェクト研究員。東京藝術大学非常勤講師兼任を経て2013年4月より明治大学 総合数理学部 先端メディアサイエンス学科 専任講師。Cidre Interaction Design株式会社 代表取締役社長。ロボット扇風機『AirSketcher』でグッドデザイン賞を、待ち時間に合った動画コンテンツを流す『CastOven』でMashup Awards 7の優秀賞を獲得するなど、多数の受賞歴あり。
リンク


◇第六回ゲスト|森岡 督行さん(森岡書店 店主)
[画像8: リンク ]



1974年、山形県生まれ 。1998年、一誠堂書店に入社、8年間の勤めを経て、2006年、東京・茅場町の古書店・ギャラリー 森岡書店をオープン。今年5月に一冊の本を売る書店 森岡書店銀座店をオープンした。著書に『写真集 誰かに贈りたくなる108冊』(平凡社)、『BOOKS ON JAPAN 1931 – 1972 日本の対外宣伝グラフ誌』(ビー・エヌ・エヌ新社)、『荒野の古本屋 』(晶文社)、『東京旧市街地を歩く』(エクスナレッジ)がある。『芸術新潮』や『工藝青花』(新潮社)ウェブサイトなどで、コラムや日記を連載中。7月には三越日本橋本店にて森岡百貨店を開催した。


◇第七回ゲスト|2015年8月21日(金)黒川 雅之さん(建築家・プロダクトデザイナー)
[画像9: リンク ]



1937年、名古屋市生まれ。名古屋工業大学、早稲田大学理工科大学院、博士課程を修了後、黒川雅之建築設計事務所を設立。建築設計から工業化建築、プロダクトデザイン、インテリアデザインと広い領域を総合的に考える立場をとり続けている。毎日デザイン賞、グッドデザイン金賞、ドイツIF賞など受賞多数。MoMAをはじめ、美術館に永久保存されている作品も多数。2007年にはデザイン・製造から販売までを一貫して行う株式会社Kを設立し、自らの作品を含めたプロダクトの販売を開始。これによって「創作の場としての黒川雅之建築設計事務所」と「情報システムとしてのデザイントープ」と「交流と研究の場としての物学研究会」と「製造と販売の場としての株式会社K」のリンクし合う四つの組織のKシステムが完成した。金沢美術工芸大学において芸術博士学位取得。復旦大学上海視覚芸術学院客員教授。主な著書に『デザインの修辞法』(求龍堂)、『デザインと死』(ソシム)などがある。
リンク


◆パーソナリティ:山崎晴太郎プロフィール
[画像10: リンク ]

1982年生まれ。seitaro design, inc.代表、アートディレクター、デザイナー。横浜出身。グラフィックデザインを中心に、WEB・ムービー・建築・プロダクトと多様なチャネルのアートディレクションを幅広く手がける。その他コンセプチュアルな実験的プロジェクトも多数展開。FRANZ COLLECTION日本人初のコラボレーションデザイナー。NYADC会員、JAGDA会員、TDC会員。 主な受賞歴は、グッドデザイン金賞、Design For Asia Award、 IF Packaging Design Award他。
リンク


◆お問い合わせ
株式会社セイタロウデザイン
info@seitaro-design.com

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。