logo

日本最大級のハウツー動画サービス『ビエボ』が、台湾メディア『大人物』と連携し海外向けコンテンツの提供開始

株式会社オプトホールディング 2015年09月10日 11時30分
From PR TIMES

オプトグループの株式会社オプト(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 CEO:金澤 大輔、以下オプト)が運営する日本最大級のハウツー動画サービス『ビエボ(Beable)』は、台湾メディア『大人物(Darenwù)』と連携をし、アジア圏への動画コンテンツ提供を開始いたしました。



 
[画像: リンク ]



 今回、海外ユーザーからの動画視聴の増加を受け、台湾において急成長している動画コンテンツ配信メディアのひとつ、『大人物(Dàrénwù)』と連携することとなりました。

 「大人物」は、アーティステックなライフスタイルを提案している台湾で人気のWeb情報サイトです。最先端の商品を求める読者が多いため、ユニークでデザイン性の高いブランドとのコラボを多く手掛けており、動画コンテンツへのアクティブなユーザーが多く、台湾国内の様々なユーザーへの配信が可能です。

 ビエボでは、今後もアジア圏向けコンテンツの拡充と現地パートナーとの連携を強化することで、企業様のインバウンドマーケティング支援を積極的に行っていきます。

■大人物での掲載例
【週末找樂子】夏日好炎熱,在家自製紫蘇果汁降火氣! : リンク
【週末找樂子】預防中暑必備!自製清涼梅子汁 : リンク
【週末找樂子】新奇有趣又簡單的居家創意料理「黒啤煮飯」 : リンク
【週末找樂子】還我漂漂手,簡單小方法去除超油膩雙手 : リンク
【週末找樂子】一出手就能讓老爸驚呆的襯衫風禮物包裝! : リンク

■ビエボ台湾
リンク

■動画市場 / 背景
 2014年の動画広告市場は、前年対比 約2倍の約300億円規模に到達しました。デジタルシフトに伴い、動画市場は今後も拡大し続け、2017年には約900億円に達すると予想しており、急成長を遂げる市場として今後も期待できます。(*1)
 更に国内だけではなく、中国などアジア地域を中心に動画市場も急成長しております。2014年の中国オンライン広告市場は前年比、プラス40%成長の1540億元(約2.9兆円)規模に達し、2018年には3930億元(約7.4兆円)規模に達すると予想され、国内同様、さらなる成長が見込める市場として注目されております。(*2)

*1 当社調べ *2 iResearch調べ

■ビエボとは
 ビエボは、日本最大級のハウツー動画サービスです。ファッション・ビューティー、フード・ドリンク、旅・レジャー、スポーツ・健康、教育、裏技、趣味などの多岐にわたる1000本を超えるオリジナル動画を配信し、毎日の暮らしをちょっと良くする役立つ情報が得られることはもちろん、海外のユーザーに向けて日本のカルチャーを知ることができるハウツー動画を発信するなど、利便性の高いサービスを提供しています。

■ビエボ(Beable)
公式サイト : リンク
YouTube : リンク
Twitter : リンク
Facebook : リンク

【株式会社オプトについて】
 オプトは持続的な成長を志す企業に対してマーケティング×テクノロジーのパートナーとなる「eマーケティングカンパニー」です。「Action!」を合言葉にオプトと関わるすべての"個客"満足を最大化させる事でヒトと社会を豊かにします。

【会社概要】
設立年月:2015 年 4 月 1 日
資本金:1億円 (2015 年 4 月 1 日現在)
代表者名:代表取締役社長 CEO 金澤 大輔
本社所在地:東京都千代田区四番町 6 番 東急番町ビル
事業内容:e マーケティング事業
URL:リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。