logo

第22回アフリカ・オイル・ウィーク2015に政府代表らが参加

グローバル・パシフィック&パートナーズ(Global Pacific & Partners) 2015年09月10日 10時57分
From 共同通信PRワイヤー

第22回アフリカ・オイル・ウィーク2015に政府代表らが参加

AsiaNet 61714

【ケープタウン(南アフリカ共和国)2015年9月8日PRニュースワイヤー】

グローバル・パシフィック&パートナーズ (Global Pacific & Partners) は10月26から30日まで、ITEグループplcとジョイントベンチャーで南アフリカ共和国のケープタウンにおいて、第22回アフリカ・オイル・ウィーク (Africa Oil Week) を開催します。

アフリカの各国政府、国営石油会社、ライセンス機関および現在アフリカのアップストリーム・フューチャーを形作る外国国営石油会社を含む、大陸全体にわたるスーパーメジャーからインディペンデントまで、主要な当局者や企業の代表者らが参加します。

(写真: リンク )

ガバメント&カントリー・プレゼンテーションおよび参加者は以下の通りです:
赤道ギニア共和国大臣、ガボン大臣および省代表団、ガーナ、モザンビーク、エジプト、ケニア、ウガンダ、ナイジェリア、サントメ&プリンシペJDA、ソマリア大臣、南アフリカ、セイシェル、マダガスカル、ソマリア、モロッコ、エチオピア、セネガル、ナミビア、AGC(セネガル-ギニアビサウ)、ブルンジ、マラウイ、ビッド・ラウンド、およびロードショー発表は政府代表団とSNPC-DGHソナンゴルおよびアンゴラ、またマダガスカル、南スーダン、サントメ・プリンシペおよびその他多数からの政府代表団、スピーカーにはアフリカ全域にわたり、カメルーン、ナイジェリア、タンザニア、コモロ、モーリタニア、シエラレオネ、リベリア、チャド、ジンバブエインド・イン・アフリカ、ジャパン・イン・アフリカ、チャイナ・イン・アフリカ、スタトイル・イン・アフリカ、アメリカ・イン・アフリカ、カナダ・イン・アフリカおよびアフリカ開発銀行、IFC、TSX、JSE、Nipexなどが含まれます。

「ワンストップE&P」インサイトおよびアフリカ内外の政府のつながりを醸成・強化します。

この画期的な毎年恒例のイベントは再び、120のスピーカー、高品質な展示、週を通じたハイレベルの緊密なソーシャル・ネットワーキングおよびその他にも沢山準備されています。

Genel EnergyおよびGlencore(Xstrata)の会長であるトニー・ヘイワード (Tony Hayward) 博士が基調講演者です。

第22回アフリカ・オイル・ウィークには以下のものが含まれています:第22回アフリカ・アップストリーム・カンファレンス、第13回アフリカ・インディペンデント・フォーラム、戦略ブリーフィング第17回アフリカ・スクランブル(グローバル・パシフィック&パートナーズ会長のダンカン・クラーク博士によるプレゼンテーション)および第71回PetroAfricanusディナー・イン・アフリカ。また1週間にわたって、ソーシャル・ネットワーキングの行事、朝食、ランチ、ディナー、カクテルパーティが開催されます。

参加予定団体
ACAS-LAW、アフリカ・ファイナンス・コーポレーション、アフリカ石油社、アフリカ・ペトロリアム・コーポレーション、AirFrance / KLM、アナダルコ・ペトロリアム社、センチュリオンLLP、シェブロン、ディスカバー・エクスプロレーション、ENI、エリン・エネルギー、エクソンモービル、GEPetrol赤道ギニア共和国、GreenbergTraurig、IHCメルセデス・ホールディングス、インパクト&石油ガス社、中西部石油&ガス/レガリス石油、ネッドバンク・キャピタル、ノーブル・エナジー、Oando、オフィール・エナジー、南アフリカ石油庁、Petrolinグループ、PGS、Pluspetrol、Polarcus、RPS、Rystadエネルギー、Salama Fikira、サルダナベイIDC、セブン・エナジー、シェル、TMX /トロント証券取引所、タロー・オイル・ピーエルシー、トタル、ヴェオリア、ウッドサイド・エナジー、Folawiyo Petroleum Co. Ltd,ゼニス・バンク。

リンク

LinkedIn ( リンク )- 会議の最新情報

ソース:グローバル・パシフィック&パートナーズ (Global Pacific & Partners)


(日本語リリース:クライアント提供)


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。