logo

Vintageの「Annual Report Journey」は企業の年次報告書作成を一元化する

Vintage 2015年09月10日 10時28分
From 共同通信PRワイヤー

Vintageの「Annual Report Journey」は企業の年次報告書作成を一元化する

AsiaNet 61723(1144)

【ニューヨーク2015年9月9日PRN=共同通信JBN】
*Vintageの「Annual Report Journey」は、プリント、ファイル、オンライン、ビデオ、IRプログラムなどを結合した様式を提供

PRニュースワイヤ(PRN)の資本市場・企業サービス・機関&ファンドサービス部門であるVintageは9日、企業年次報告書作成のためのシングルソース・プロバイダーになったと発表した。Annual Report Journeyとの表題のこの一元的プログラムは、年次報告書作成プロセスに関連する各要素を特定して、報告書作成を一元化する。

インフォグラフィックス:リンク

この一元化されたAnnual Report Journeyは、一元化したメッセージング(情報伝達)と財務ブランディングを保証する一方、在来型のプリントから高度に魅力のあるオンラインバージョンへの移行を簡素化する。

Annual Report Journeyがどのようにしてこの処理を一元化するか理解するため、上場企業の代表は、検討目的のためPDFファイルによる2014年年次報告書と予算ベンチマーキングをアップロードしてもらいたい。

2014年年次報告書のアップロード先はリンク まで。

Annual Report Journeyは発行者がプロセスする3つの主要イニシアチブを一元化し、その結果、製作と実物とを調整する。

 1、戦略
    a、創造とコンセプト
    b、デザインと作成
 2、コンプライアンス
    a、SECに提出する10-kファイル
    b、プリントと配布
 3、マーケティング
  a、インタラクティブ(オンライン)年次報告
  b、アニメーテッド(ビデオ)年次報告

PR NewswireおよびVintageのIR・規制コンプライアンス担当マーケティングディレクターであるバラッドリー・H・スミス氏は「SECの2009 Notice & Access / eproxy regulationsの導入以来、企業年次報告は多くの上場企業内でその魂をやや失ってしまった。いったん企業の垣根を越えたチームが誇れるほど巧みに作成した待望の企業発表が出来上がると、それは統一された意図がない、部分の集まりに退化してきた。年次報告作成を「journey(行程)」と見なすなら、上場企業内のマーケティング、PR、IR、事業部長ら年次報告書作成チームは、財務を単に報告することを超えて、チームの取り組みを1つの企業目標として設定できる」と語った。

スミス氏は、新たに作成されるアニメーション付きの年次報告書に特に関心を示して、それは実用的かつ現時的なソリューションをIR部門に提供し、ビデオ付き年次報告書がビデオを求める大きな渇望を満たすことになると語った。

同氏はさらに「多くのビデオ付き年次報告書の欠点は、語り手として最高経営責任者(CEO)が出演しなければという古い考え方があることだ。それは関係するすべての人にとって極めて苦痛に満ちた方法であり、全体の制作を完全に破棄しなければ、ほとんどの場合、高くつく障壁へと雪だるま式に悪化する。アニメーション付き年次報告書は、すでに承認済みの年次報告内容から直接作成される。これによって、新しいスクリプト、新しいビジュアル、高くつくカメラクルーの編成、CEOの日程に合わせる努力の必要性がなくなる。アニメーション付き年次報告者は、印刷バージョンおよびインタラクティブな年次報告と合わせて同時作成される」と語った。

スミス氏は最後に「Annual Report Journeyは、365の株主コミュニケーション・ツールセットを作成するため、この主要な資料メッセージングに送り込む企業努力の結果を最大化する。2016年の計画づくりと予算組みは今から始まる」と述べた。

▽Vintageについて
PRニュースワイヤの1部門であるVintageは、規制上のコンプライアンスと株主コミュニケーションサービスのトップ3に入るフルサービス・プロバイダーであり、資本市場、コーポレートサービス、機関およびファンドサービスの3つのプラクティス分野でサービスを提供している。2002年に創設、2007年にPRニュースワイヤに買収されたVintageは、業界のインテリジェントバリューの選択肢になるまで発展した。Vintageは規制上のコンプライアンス、株主のコミュニケーションプロセスが有効かつ透明性があり、容易であることを保証するため、人材、信用枠、テクノロジーの柔軟なバランスを図る。サービスはIPO登録、取引、バーチャルデータルーム、EDGAR & XBRLファイリング、タイプセッティング、財務印刷、IRウェブサイドが含まれる。

▽PRニュースワイヤ(PR Newswire)について
PRニュースワイヤは、マーケティング担当者、企業コミュニケーション担当者、サステナビリティー担当者、広報・投資家広報担当者がそのすべての主要顧客と関わり合うマルチメディア・プラットフォームの一流グローバルプロバイダーである。PRニュースワイヤは60年前に商業ニュース配信業界の先駆者となって、リッチメディアからオンラインビデオ、マルチメディアまでコンテンツを制作、最適化、仕分けしてエンドツーエンド・ソリューションを提供し、在来型、デジタル、モバイル、ソーシャルのチャンネルにおけるコンテンツと効果測定を配信している。PRニュースワイヤは、包括的なワークフロー・ツールとプラットフォームで世界最大のマルチチャンネル、複数言語によるコンテンツ配信と最適化されたネットワークを結合することによって、世界の企業は存在基盤のあるどこでもチャンスをつかむことができる。PRニュースワイヤは米州、欧州、中東、アフリカ、アジア太平洋地域のオフィスを構えて、数十万のクライアントにサービスを提供する。同社はUBM(ユナイテッドビジネスメディア)plcの傘下企業である。

▽メディア問い合わせ先
Bradley H. Smith
Director of Marketing, IR and Compliance Services
PR Newswire & Vintage
+1-201-942-7157
bradley.smith@prnewswire.com

ソース:Vintage

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。