logo

Fairfield Greenwich Securitiesが集団訴訟和解

Rust Consulting, Inc. 2015年09月10日 10時03分
From 共同通信PRワイヤー

Fairfield Greenwich Securitiesが集団訴訟和解

AsiaNet 61620 (1100)

【ニューヨーク2015年9月9日PRN=共同通信JBN】以下は米ニューヨーク州南部地区連邦地方裁判所の命令に従ってAnwarとFairfield Greenwich Limitedの09-cv-118訴訟について発表されたものである。

対象者:2008年12月10日時点のFairfield Sentry Limited、Fairfield Sigma Limited、Fairfield Lambda Limited、Greenwich Sentry, L.P.、Greenwich Sentry Partners, L.P.(まとめて「ファンド」と呼ぶ)の株式、有限責任持ち分のすべての受益権所有者(記録にある所有者か株主あるいは記録にある有限責任持ち分まで追跡可能な所有者)(「受益権所有者」)で、ファンドに投資した元本の純損失を被った人(まとめて「和解集団」)。上記の集団規定に合致する場合は集団訴訟和解から支払いを受けられる可能性がある。

連邦地裁はこの通知文を承認している。これは弁護士からの勧誘ではない。

あなたがたに以下のように通知する。米ニューヨーク州南部地区連邦地裁の命令に従い2015年11月20日午前11時にニューヨーク州ニューヨーク市パール・ストリート500番地のダニエル・パトリック・モイニハン米国裁判所(「裁判所」)でビクター・マレロ閣下の下で次の4点を決めるための聴聞会が開かれる。
(1)現金1億2500万ドルの支払いを求める上記集団訴訟における被告Citcoに対する請求権の和解提案を裁判所は公正、合理的、適切だとして承認すべきかどうか
(2)2015年8月12日付の規定で示されている条件、状況に従って被告Citcoについて集団訴訟は却下すべきかどうか
(3)和解金を配分する計画提案(「配分計画」)は公正、合理的、適切であり従って承認すべきかどうか
(4)原告主任弁護士の弁護士料、集団訴訟に関連して生じた支出の支払い適用は承認すべきかどうか

あなたが2008年12月10日時点で1またはそれ以上のファンドの株式、有限責任持ち分の受益権所有者であり、そのような株式、有限責任持ち分に対する投資の元本に純損失を被ったのであれば、ファンドの所有持ち分に関連して所有したかもしれない請求権のリリース、消滅を含めあなたの権利はこの和解によって影響を受けるかもしれない。純損失は、直接または1つないしそれ以上の仲介者を通じて間接的にファンドで受益権所有者が行った現金投資総額から、その受益権所有者が同じファンドからないしはそれに関連して受け取った償還、払い戻し、回収金を差し引いたものである。

和解集団のメンバーである場合、純和解基金の支払いに加わるために請求権証明書と2015年12月28日までに受け取るリリース文書を提出し、受け取る資格があることを証明しなければならない。

和解集団からの除外を望む場合、2015年10月16日までに受け取る除外申請書を提出しなければならない。和解のどのような側面に対するどのような反対も2015年10月16日までに裁判所に提出しなければならない。

和解の条件、請求権証明書、リリース文書に関する詳細な通知書の受け取りを望む場合はFairfield Greenwich Securities Litigation, c/o Rust Consulting,Inc., P.O. Box 2874, Faribault, MN 55021-8674に文書で、または、info@FairfieldGreenwichLitigation.com かwww.FairfieldGreenwichLitigation.com にアクセスして申し込めば、コピーを入手できる。

この通知に関して裁判所、書記官事務所、被告、被告の法律顧問に電話してはならない。

2015年9月9日

米ニューヨーク州南部地区連邦地方裁判所の命令により

ソース:Rust Consulting, Inc.

▽問い合わせ先
Robert C. Finkel
Wolf Popper LLP
+1-212-759-4600


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。