logo

ヤマハ音楽支援制度 2016年度対象者 募集開始

一般財団法人ヤマハ音楽振興会 2015年09月09日 11時00分
From 共同通信PRワイヤー

2015年9月9日

一般財団法人ヤマハ音楽振興会

若手音楽家、音楽研究者、地域に密着して音楽活動を行う団体を支援
ヤマハ音楽支援制度 2016年度対象者 募集開始

ヤマハ音楽振興会(本部:東京都目黒区、理事長:中田 卓也)は、2016年度ヤマハ音楽支援制度の申込受付を9月より順次開始します。

ヤマハ音楽振興会では、音楽支援事業を音楽文化の向上に寄与する主要な事業の一つとして位置付け、1999年より「ヤマハ音楽支援制度」を設け、国内外で音楽をより専門的に学ぶ意欲のある学生、将来有望な若手音楽家、音楽研究者、地域に密着して音楽活動を行っている団体・グループに対して、その活動推進を支援してまいりました。2016年度は下記の5部門で、それぞれ対象者を募集します。

■研究活動支援… 音楽を科学的あるいは社会学的視点から考察した研究への支援
■音楽活動支援… 演奏の場の提供を通した、将来活躍が期待できる若手音楽家への支援
■音楽奨学支援… 優れた音楽能力を有し、将来音楽分野で活躍が期待できる若手音楽家への支援
■留学奨学支援… 海外の教育機関に留学し、演奏家・作曲家を目指す人への支援
■地域音楽活動支援… 演奏活動や創作活動を地域への音楽普及や音楽文化向上の視点で取り組み、成果を上げている音楽グループ・団体への支援

ヤマハ音楽振興会は「ヤマハ音楽支援制度」を通じて、今後も音楽文化の発展に貢献してまいります。応募方法など詳細は、Webサイト リンク をご覧ください。



<「研究活動支援」 2016年度募集概要>

募集期間:2015年9月1日(火)~9月25日(金)※Webエントリー期限
支援対象:2016年4月~2017年3月の間に行われる、音楽をテーマとした研究活動
     ・音楽を科学的あるいは社会学的視点から考察した研究活動
     ・個性的かつ創造性に富んだ研究活動
     ・音楽文化の向上に有益な、または新しいテーマを持った研究活動
募集件数:3件程度の個人またはグループ
支援額:1件につき100万円まで(返済不要)※支援額は、申請内容に基づき、当制度の選考委員会で審議



<「音楽活動支援」 2016年度募集概要>

募集期間:2015年11月2日(月)~11月26日(木)※Webエントリー期限
応募条件:(1)18歳~30歳の演奏家・作曲家
     (2)45分程度の演奏プログラムが用意できること
     (3)演奏形態がソロまたは小編成アンサンブルであること
支援内容:ヤマハホールでの演奏機会の提供
     コンサート日程:2016年5月25日(水)または26日(木)※選択はできません
出演者数:4組程度



<「音楽奨学支援」 2016年度募集概要>

募集期間:2015年12月1日(火)~12月22日(火)※Webエントリー期限
応募条件:(1)13歳以上20歳以下の音楽家・音楽学習者(年齢は2016年4月1日現在)
     (2)日本在住の方(留学希望者は応募時に日本在住のこと)
募集人数:10名程度
支援内容:月額10万円を給付(最長3年間)※返済不要



<「留学奨学支援」 2016年度募集概要>

募集期間:2016年1月5日(火)~1月25日(月)※Webエントリー期限
応募条件:(1)日本国籍を有する方
     (2)18歳以上30歳以下で演奏家・作曲家を目指す方(年齢は2016年4月1日現在)
     (3)既に留学中の方、または2016年12月迄に海外の音楽教育機関に入学可能な方
募集人数:5名程度
支援内容:月額10万円を給付(最長3年間)※返済不要



<「地域音楽活動支援」 2016年度募集概要>

募集期間:2015年10月1日(木)~10月30日(金)※受付楽器店必着
支援対象:2016年4月~2017年3月の間に実施される、自身の音楽による演奏活動や創作活動で、地域の音楽文化向上に貢献する音楽グループまたは団体(学校を除く)
●活動例
 ・オーケストラや室内楽を結成し、学校や病院、老人ホームで、音楽会をボランティアで開催している
 ・地域の民謡保存のために合唱団を結成し、定期的なコンサートを通して音楽の伝承に努めている
 ・バンド活動を通して、地元の音楽愛好家に音楽の楽しさを伝えている
募集件数:全国で50件程度
支援額:1件に対し上限20万円(返済不要)※支援額は、申請内容に基づき、当制度の選考委員会で審議




本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。