logo

UJF-7151販売開始のお知らせ

株式会社ミマキエンジニアリング 2015年09月08日 15時09分
From 共同通信PRワイヤー

2015年9月8日

株式会社ミマキエンジニアリング

ハイパフォーマンス フラットベッドUVインクジェットプリンタ
UJF-7151plus販売開始のお知らせ

株式会社ミマキエンジニアリング(本社/長野県東御市、代表取締役社長/小林 久之)は、高精度、高画質UVプリントを710mm×510mm(28inch×20inch)の範囲に行えるハイパフォーマンスフラットベッドUVインクジェットプリンタ「UJF-7151 plus」の販売を2015年11月より開始いたします。
また、実機を9月11日~16日に東京ビッグサイトで開催されるInternational Graphic Arts Show 2015に出展いたします。

近年、UVインクジェットプリンタを使用した少量多品種オンデマンドプリントの需要が増加しております。UVインクジェットプリンタを使用したデジタルプリントはスクリーン印刷の様に版を必要とせず、版を作成する為の時間と、コストを削減できます。また、最終製品として在庫する必要がなく、少量多品種への加飾ビジネスに対して最適なソリューションとして今後さらに幅広い分野に導入されると考えております。

当社ではUVプリンタをいち早く開発・販売し、つねに市場をリードしてまいりました。

今回発売する『UJF-7151 plus』は、プリント範囲を710mm×510mm(28inch×20inch)とスクリーン印刷で使用される菊半裁判に対応するとともに、機械構造を強化することでインクの着弾精度を高め、高精度・高画質プリントを実現し、スクリーン印刷市場へのオンデマンドソリューションとしてご提案いたします。細線や画像のエッジ、小さなフォントも美しく、ホワイト/カラーの2層印刷や、すでにプリントされている印刷面へ追加でプリントする追い刷りでもズレのないプリントを可能にします。さらに、当社が特許を取得したディザ処理技術『MFD1』が元の画像の美しさをそのまま表現、進化した『MAPS4』がバンディング、色ムラを軽減し『美しいプリント』を実現します。プリント速度は3.3m2/h(※1)とクラストップレベルの圧倒的な生産性を実現。ヘッド内循環機構を備えた新型プリントヘッドを搭載し、ヘッド内のインクを常に循環させることでプリントトラブルの原因となるノズル抜けの発生を軽減します。ノズル抜けが発生した場合でも、その検出と復旧の為のクリーニングを自動で行う『NCU』と、クリーニングでも復旧しない場合に代替ノズルの設定を自動で行いプリントを再開する『NRS』をミドルクラスのフラットベッドUVプリンタとしては初めて搭載。突然のトラブルでも仕事を止めずに高い生産性を維持します。

『UJF-7151 plus』は、高いインク着弾精度とミマキの独自技術が実現する美しいプリント、クラストップレベルの生産性を備えた“ハイパフォーマンスUVインクジェットプリンタ”です。
※1:600×600dpi 8Passの場合

◎概 要
■高精度プリントを実現する機械構造
・テーブル駆動を採用。プリント時の揺れを低減し安定したインクの着弾を実現。
・テーブルの左右に配置した2本のボールネジでテーブルを駆動させることで駆動時の歪みを防止し高い送り精度を実現します。

■高画質を実現するミマキ独自の画質コントロール技術
・バンディング、色ムラを軽減し、安定した高画質プリントを維持する『MAPS4』
・特許を取得した当社独自のディザ処理『MFD1』を搭載した純正RIPソフトウエア『RasterLink6』で美しいプリントを実現。

■菊半裁判に対応した3.3m2/h※1の生産性
・クラストップレベルのプリント速度。近似プリント条件で当社従来機の約1.8倍、他社同クラスの約2.4倍の生産性を実現しました。
・プリントエリアを710mm×510mm(28inch×20inch)に拡大し、スクリーン印刷でよく使用される菊半裁判サイズへのプリントが可能になります。

■循環ヘッドとノズル監視が実現する安心運転サポート
・ヘッド内インク循環機構で安定性の高いプリントを実現。
・『NCU』がノズル抜けの検出からクリーニングを自動で行います。クリーニングでも復旧しない場合は『NRS』が自動で代替ノズルを設定してプリントを再開します。ノズル抜けによる基材のロスを最少に抑え、高品質での生産を自動で継続します。

■株式会社ミマキエンジニアリングについて
 株式会社ミマキエンジニアリングは、業務用インクジェットプリンタ、カッティングプロッタ及びインク等の開発・製造・販売・保守サービスを一貫して行う開発型企業として、「新しさと違い」にこだわり、常に先進性と独自性のある製品を提供しております。販売市場は、広告・看板等の製作用途のSG(サイングラフィックス)市場、工業製品や一般消費者向け商品等の加飾用途のIP(インダストリアルプロダクツ)市場、衣料品や布地等への捺染用途のTA(テキスタイル・アパレル)市場の3つであり、連結売上高の約75%を海外で獲得するグローバルな事業展開を行っております。当社が他に先駆けて提案してきたインクジェットプリンタによるデジタル・オンデマンド生産は、産業界でニーズが高まりつつある多品種少量生産を低コストかつクリーンに実現できることから、その利用領域が全世界的に急拡大しております。当社は、市場に存する多様なニーズを迅速かつ的確に捉え、そこに狙いを絞った製品を素早く提供することで、今後もデジタル・オンデマンド生産のマーケットリーダーとして新たな市場と顧客を創出してまいります。

<Webサイト>
ニュースリリースページ リンク


◎ 展示会出展のご案内
  ●International Graphic Arts Show 2015
    会期:2015年9月11日(金)~16日(水)
    会場:東京ビッグサイト 東展示棟
    ブース番号:東1-7



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。