logo

ラッカスワイヤレスとブロケード、米国チコ統合学区およびサウダートンエリア学区でギガビットクラスのスマートWi-Fiを提供

ラッカスワイヤレスジャパン合同会社 2015年09月08日 11時10分
From PR TIMES

クラス最高のオープン性、拡張性、ハイパフォーマンスな ブロケード/ラッカスの有線、無線ソリューションの価値を実証

ラッカスとブロケードは、米国チコ市(カリフォルニア州)の統合学区(USD)およびサウダートン市(ペンシルバニア州)のエリア学区(ASD)がラッカスのスマートWi-Fiワイヤレスとブロケードのワイヤードネットワークインフラソリューションを導入し、21世紀のデジタルラーニングをサポートすることを発表

Ruckus Wireless, Inc.(日本法人:ラッカスワイヤレスジャパン合同会社、東京都中央区、以下「ラッカス」)およびBrocade(NASDAQ: BRCD、以下「ブロケード」)は本日、米国チコ市(カリフォルニア州)の統合学区(USD)およびサウダートン市(ペンシルバニア州)のエリア学区(ASD)がラッカスのスマートWi-Fiワイヤレスとブロケードのワイヤードネットワークインフラソリューションを導入し、21世紀のデジタルラーニングをサポートすることを発表しました。ラッカスとブロケードは、テクノロジーエコシステム・パートナーとして協業し、オープンスタンダードかつベストオブブリードなネットワークソリューションをエンドツーエンドで提供しています。両社は、このパートナーシップを通じて、顧客がコストを削減しながらパフォーマンスを向上し、将来的なビジネスニーズに柔軟に対応できるよう支援していきます。

21の学校に1万2000人以上の生徒が通うチコ統合学区(USD)は、ラッカスおよびブロケードのワイヤレス/ワイヤードネットワークソリューションを選択・導入しました。同地区は、これを標準として、現在および将来のネットワーキングニーズに対応することを決定しています。この学区では現在、3,000台以上のChromebookが配備され、2015~2016年度にはさらに2,000台が追加される予定となっています。同学区では、急速に増加するトラフィックおよびデータ需要に対応するため、老朽化し時代遅れとなったHPネットワークインフラを交換する必要がありました。また、生徒や職員が持ち込む大量のスマートフォンなど個人用デバイスをサポートする必要性も高まっていることを認識していました。

チコ統合学区のネットワークには、400以上のラッカスZoneFlex™インドアおよびアウトドアアクセスポイントが設置されています。その中には業界で初めて802.11ac Wave 2準拠の製品として出荷されたアクセスポイントであるRuckus ZoneFlex R710も含まれ、学区の教室やオフィスに加えて競技場、駐車場、運動場をカバーしています。このワイヤレスネットワークは、Ruckus ZoneDirector™コントローラによって管理され、シンプルかつセキュアなモビリティと高可用性を実現しています。アクセスポイントを収容するブロケードICXは、リンクアグリゲーションによって、ZoneFlex R710 アクセスポイントから最大 2 Gbps までのバックホールキャパシティをサポートすることで、急激に増加するネットワーク需要にも対応しています。

チコ統合学区、テクノロジー担当ディレクター、ジョン・ヴィンセント(John Vincent)氏は次のように述べています。「エンドユーザーデバイスや教室で使用するアプリケーションが増えたことで、我々のネットワークは、敷地内すべてをカバーすることは勿論のこと、非常に高いユーザー密度をサポートする必要があることがわかりました。当学区では、ラッカスのアクセスポイントを2クラスに1つ設置することで、トラフィック需要を完全に満たすことができました。また、我々は、他社の技術を買ってきたり、”右へならえ”の製品を開発するのではなく、これまで独自のスイッチング製品を開発し技術革新を推進してきたブロケードに感心しました」

ペンシルバニア州フィラデルフィアの北部にあるサウダートンエリア学区は、9つの学校の6,500人の全生徒に配布されたChromebookをサポートするため、ラッカスとブロケードのネットワークソリューションを導入しました。サウダートンエリア学区のテクノロジースーパバイザ―を務めるティム・ロバーツ(Tim Roberts)氏は次のように述べています。「当学区は、現在15以上ある数学と英語、社会のオールデジタル教室をサポートしています。これにより、教師たちは異なる教科において、どのような指導方法がもっとも効果的かを学べるようになっています。ラッカスとブロケードのクラス最高のソリューションは、教師自身がこれまでとはちがう指導方法を学ぶ機会となるとともに、どのようなアプローチによってクラス全体が活気付き、高い教育効果を引き出せるかを評価するために必要な、理想的なプラットフォームを提供しています。当学区では、2教室ごとに1つのラッカスアクセスポイントを配置し、各クラスの1:1環境をサポートしています。ラッカスとブロケードのソリューションは、ITに関われるスタッフを軽減し、『セットしたらあとはノータッチ』という目標を実現しています」

ラッカスワイヤレス、最高執行責任者、ダン・ラビノヴィッチ(Dan Rabinovitsj)は次のように述べています。「今回のK-12教育分野での導入は、ラッカスとブロケードの協業によるクラス最高の有線/無線ソリューションの提供の実績を示すものです。このソリューションは、ブロケードが提供するスケーラブルな分散型シャーシ キャンパスLANテクノロジーと、ラッカスのキャリアクラス・スマートWi-Fiテクノロジーを組みあわせたものです。当社は、ブロケードとの協業により、単一ベンダーによる囲い込みの心配無い、ワイヤードおよびワイヤレスのソリューションを提供することができます」

ブロケード、スイッチング・ルーティング・アナリティクスプロダクトグループ担当シニアバイスプレジデント、ジェイソン・ノレット(Jason Nolet)は次のように述べています。「ブロケードとラッカスは、チコ統合学区やサウダートンエリア学区のような顧客が、教育機関実施の試験での利用要件を満たすことができるよう支援し、オンラインへのアクセス環境と生徒たちの学習環境改善に寄与します。オープンスタンダードをベースにした新しいIPは、顧客がニーズに合わせて有線または、無線のソリューションを選ぶことを可能にします。ブロケードのキャンパスネットワークとラッカスのスマートWi-Fiソリューションは、顧客が求めるフレキシビリティやスケーラビリティ、パフォーマンスを提供します」

チコ統合学区とサウダートンエリア学区はどちらも、共通学力テストでの利用に間に合うようにラッカス・ブロケードネットワークインフラソリューションを導入しました。チコ統合学区のネットワークアナリスト、パトリック・ボセッティ(Patrick Bossetti)氏は次のように述べています。「事実、当学区の学校の1つはすべての有線デバイスを処分して100%無線に移行しています」サウダートンでも、共通学力テスト時の利用において、堅牢なネットワークを目の当たりにしました。ロバーツ氏は次のように述べています。「ラッカス・ブロケードネットワークは共通学力テストにとって理想的なプラットフォームを提供してくれました。

一度だけスピードが落ちたのは、ちょうど昼休みで、教室にあった60台のテスト受験用端末に加えて300台の個人用デバイスが隣接したカフェテリアで使われ、ひとつのラッカスアクセスポイントに接続が集中したときでした。信じられないようなパフォーマンスでした」

チコ統合学区のヴィンセント氏は次のような結論にいたりました。「ラッカスとブロケードのテクノロジーのおかげで決断がしやすくなりました。彼らは協力して、ネットワークパフォーマンスを向上させ、運用を簡単にして、TCO(総所有コスト)の削減を可能にする多くのイノベーションを提供してくれています。ラッカス・ブロケードの統合ソリューションは、私たちがこの導入を計画したときに期待したすべてのことを満たし、それ以上の結果を出してくれました」

チコ統合学区およびサウダートンエリア学区は、ラッカスWave 2 ギガビットWi-Fiの導入に動きだしています。ラッカスWave 2 ギガビットWi-Fiは、ミズーリ州コロンビア公立学校、テネシー州シェルビー郡立学校、ノースカロライナ州ピット郡立学校、ワシントン州バンクーバー公立学校などのアメリカ国内の他の学区にて既に導入済みです。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。