logo

山万グループ初の介護付有料老人ホーム「ミライアコート宮の杜」が住宅金融支援機構理事長感謝状を受彰

山万株式会社 2015年09月08日 09時00分
From 共同通信PRワイヤー

2015年9月8日

山万株式会社
社会福祉法人ユーカリ優都会

山万グループ初の介護付有料老人ホーム
「ミライアコート宮の杜」が住宅金融支援機構理事長感謝状を受彰

山万株式会社(本社:東京都中央区日本橋小網町6番1号 以下「山万」)のグループ法人である社会福祉法人ユーカリ優都会が運営する介護付有料老人ホーム「ミライアコート宮の杜(みやのもり)」は、2015年9月4日に、住宅金融支援機構 理事長感謝状を受彰いたしましたので、お知らせいたします。

「ミライアコート宮の杜」は、住宅金融支援機構の「サービス付き高齢者向け賃貸住宅融資」を受けて建設いたしましたが、その中でも、自然と都市機能の調和を目指し、成長管理型の街づくりを進めているユーカリが丘において、安全性・居住性に優れたサービス付き高齢者向け賃貸住宅を整備し、日本の進める地域包括ケアの先端的事例として意義深いとして高い評価を受け、受彰いたしました。

 山万グループは、開発を進めているユーカリが丘地域内において「高齢化対策と少子化対策は表裏一体の問題である」とのコンセプトのもと、「在宅が基本」「医療・福祉・保健・教育の連携」「地域経済活性化」「真のノーマライゼーションの実現」「広域行政圏のニーズへの対応」の5点をコンセプトとした「福祉の街」構想を推進しており、今後も、質の高い福祉サービスの提供を推進いたします。


【「ミライアコート宮の杜」について】

「ミライアコート宮の杜」は、自然と都市機能の調和を目指したユーカリが丘における高齢者福祉を支える新たなサービス提供の拠点として、山万ユーカリが丘線「中学校」駅を中心とした環境共生街区「ビオトピア」エリアに整備するものです。運営は、山万グループの社会福祉法人「ユーカリ優都会」が行っています。「ミライアコート宮の杜」の特徴は、以下のとおりです。

●ミライアコート宮の杜 の特徴
1.「街づくり企業体 山万グループ」の総合力を結集したサポート体制
2.「街の中心で暮らす よろこび・たのしさ」を追求した立地
3.「使いやすさと清潔感」にこだわった居室と、ご家族も訪れたくなる充実の共用部
4.「住まう方の安心と安全」を追求した医療連携と災害対策

1.「街づくり企業体 山万グループ」の総合力を結集したサポート体制

山万は、あらゆる世代がいきいきと暮らせる街づくりを目指し、ユーカリが丘の民間主導型高齢者福祉施策「ユーカリが丘 福祉の街構想」を発表。これに基づき、ユーカリが丘の街づくりにおいて子育支援・高齢者福祉事業を一体的に展開する社会福祉法人「ユーカリ優都会」を設立しました。ユーカリ優都会は現在までに、介護老人保健施設「ユーカリ優都苑」「ユーカリ優都会居宅介護支援事業所」(2005年6月開所)や学童保育併設型グループホーム「ユーカリ優都ぴあ」(2007年8月開所)を運営してまいりました。

また、ユーカリが丘では、継続したケアを受けられる高齢者コミュニティ構築手法「CCRC」の考え方を取り入れ、シニア世代のニーズに対応したサービスを一体的に整備する「ユーカリが丘 シニアハッピーサークルシステム」を展開しています。訪問介護・看護・医療などのケアを街全体で総合的に提供し、生涯にわたって住み続けられる街を目指しています。
福祉施設への入居に伴って発生する「ご所有不動産の売却・賃貸運用」や「相続対策のご相談」に対しても、不動産事業を中核とする山万グループのシナジーを活かし、ご入居される方の状況に合わせて的確に対応します。

2.「街の中心で暮らす よろこび・たのしさ」を追求した立地

「ミライアコート宮の杜」がオープンする「ビオトピア」エリア内では、クリニックモール・スーパーマーケット・飲食店などが入居する複合商業施設「山万ビオトピアプラザ」を山万が運営しており、周辺地域における利便性に特化した商業核を形成しています。
また、山万ユーカリが丘線を利用することで、京成本線「ユーカリが丘」駅前の商業施設群や、2016年に開業を予定している大型ショッピングモール「イオンタウン」へ簡単にアクセス可能な好立地です。

自然環境は、市営親水公園「宮の杜公園」「錦が池」や八社大社の鎮守の森に近接しており、充実した都市機能の中にあって、自然に囲まれた生活をおくることができます。


3.「使いやすさと清潔感」にこだわった居室と、ご家族も訪れたくなる充実の共用部

(1)居室
ご入居者の生活の場となる居室は、全室に介護用ベッド、 エアコン、クローゼット、緊急コール等を標準装備しています。また、居室にはご入居者の所有する家具等をお持込みいただくこともできます。ご入居者のライフスタイルに合わせて、自由なアレンジが可能です。
 
(2)ファミリーキッチン・カフェ・テラス
「ミライアコート宮の杜」では、ご入居者のご家族がご来訪された際に、ご家族で調理・お食事をお楽しみいただける「ファミリーキッチン」をご用意いたしました。また、ゆったりとした時間をお過ごしいただけるよう、「カフェ」「テラス」などの多彩なスペースをご用意いたしました。

(3)浴室
ご入浴は、ご入居者のプライバシーを尊重する観点から、個別入浴としました。ご入居者の身体状況にあわせたお風呂を複数ご用意しています。また、神経痛や肩こりなどに効果のある準天然温泉「光明石」を持ちたお風呂や、ミストサウナ・坪庭などもご用意いたしました。

(4)ケアガーデン
「ミライアコート宮の杜」には、約1,500m2の「ケアガーデン」が併設されています。
「ケアガーデン」は、オーストラリアで推進されている気分転換や楽しみの追及によるケア
「ダイバージョナルセラピー」の手法を取り入れた五感に訴えるリハビリテーションを提供する場であるとともに、ご入居者、ご家族、周辺地域にお住まいの皆様の交流の場としての活用も計画しています。
「ケアガーデン」では、季節ごとに様々なイベントを開催いたします。

4.「住まう方の安心と安全」を追求した医療連携と災害対策
  
(1)医療連携
医療体制については、ユーカリが丘内の訪問診療所との提携により、第1次診療に対応するサービスを提供します。
また、緊急時の医療体制については、近隣の総合病院「東邦大学医療センター佐倉病院」や「聖隷佐倉市民病院」、最寄りの有床診療所である「小林循環器クリニック」との連携協定を締結。緊急時のスムーズな受け入れ体制を整えています。

(2)災害対策
「ミライアコート宮の杜」では、東日本大震災の経験を活かし、停電時に最大48時間電力供給が可能な自家発電設備や、断水に備えた防災井戸を整備しました。
また、各フロアに複数あるテラスを一時避難所として利用可能な設計とし、足が不自由な方でもスムーズに避難することができるよう配慮しています。各居室からは、2方向避難経路を確保。万が一、火災が起きた際にも安心な設計としています。
   
【施設概要】
施設名称:介護付有料老人ホームミライアコート宮の杜
所在地:千葉県佐倉市宮ノ台6丁目6番地1
交通:山万ユーカリが丘線 中学校駅徒歩3分
構造/規模:鉄骨造地上4階建て
設計:株式会社山下設計
施工:株式会社ナリコー
総室数(定員):73室(75人) 1人部屋71室 2人部屋2室
事業主体(貸主):社会福祉法人 ユーカリ優都会
サービス提供:社会福祉法人 ユーカリ優都会
土地/建物の権利形態:賃借30年(2015年2月~2045年1月)
敷地面積:4072.76m2
建物延床面積:3240.43m2
専有面積:19.84m2~30.78m2
契約形態:終身建物賃貸借契約
支払方法:選択方式(前払い方式・月払い方式)
入居時要件:原則として60歳以上、要支援・要介護者
居室区分:全室個室
職員配置:2.5:1以上
竣工:平成27年2月
入居開始:平成27年3月
サービス付き高齢者向け住宅登録:登録番号千葉県H25-25(平成25年12月25日登録)
千葉県指定介護保険特定施設(一般型)及び介護予防特定施設(一般型)千葉県指定申請予定

【ご入居条件】
60歳以上の高齢者で、要支援・要介護の認定を受けられた方
介護支援を受けることで、共同生活を営むことができる方
著しい自傷他害行為の無い方
常時医療や治療を必要としていない方
連帯保証人を1名以上設け、契約内容に同意いただける方



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。