logo

産学連携による独創的システム開発コンテスト「KITハッカソン」を開催 -- 金沢工業大学

金沢工業大学 2015年09月08日 08時05分
From Digital PR Platform


金沢工業大学では9月18日(金)~20日(日)、「近未来マイナンバーとIOTによって社会はこう変わる!」をテーマに、産学連携による独創的なシステム開発コンテスト「KITハッカソン」を金沢工業大学アントレプレナーズラボで開催する。マイナンバー導入を目前に控え、マイナンバー導入による近未来の楽しい姿をアイデアソンを通じて創造し、その姿を実現するための「IOT」とセキュリティシステムを、ハッカソンを通じて実装する。


アイデアソン=「アイデア」と「マラソン」を組み合わせた造語
ハッカソン=プログラミングを意味する「ハッキング」と「マラソン」を組み合わせた造語
IOT=モノのインターネット(Internet of Things) 。コンピューターだけでなく、ありとあらゆるものが接続されたインターネットのこと

 参加者は内閣府 番号制度担当室 参事官補佐の中島伸彦氏と株式会社野村総合研究所制度戦略研究室 室長の梅屋真一郎氏の基調講演を聴講した後、合同でマイナンバー導入による近未来の楽しい姿についてアイデアを出し合う。(アイデアソン)
 そして学生チーム、教員チーム、社会人チーム、混成チームに分かれ、実現のためのシステム開発に取り組み、最終日の審査会で発表する。(ハッカソン)

 また今回は協力企業(情報提供企業、学生サポート企業)として6社が参画。電子認証サービスを展開するGMOグローバルサイン株式会社がメインの情報提供企業として基調講演や技術講習会を行うほか、参加者は協力企業からのプロダクトやサービス、サポート、技術情報の提供を受けながらシステム開発に取り組む。

▼本件に関する問い合わせ先
 金沢工業大学 広報課
 石川県野々市市扇が丘7-1
 TEL: 076-246-4784
 E-Mail: koho@kanazawa-it.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。