logo

アールデコから着想を得た「ジョン・ウォーカー&サンズXR 21年」が発売

ディアジオ 2015年09月07日 17時15分
From 共同通信PRワイヤー

アールデコから着想を得た「ジョン・ウォーカー&サンズXR 21年」が発売

AsiaNet 61682(1128)

【シンガポール2015年9月7日PRN=共同JBN】1920年代の世界に花開いたアールデコ運動の中心にはぜいたくなスタイルと豪華なデザインがあった。ジョン・ウォーカーの孫であるサー・アレクサンダー・ウォーカーが大英帝国勲章の中級勲爵士に叙されたのもその頃だった。その時代をほうふつとさせる豊かな色彩と大胆な形が1つの洗練されたアイコン的なスタイルのビジョンへと結実し、高級ブレンド・スコッチウイスキー「ジョン・ウォーカー&サンズXR 21年(JOHN WALKER & SONS XR (TM) 21Year Old)」の素晴らしい新デザインの着想の元になった。

(Photo: リンク
(Photo: リンク
(Photo: リンク

「ジョン・ウォーカー&サンズXR 21年」は優美で、洗練され、サー・アレクサンダー・ウォーカーの爵位を表すクロスが浮押しされた金色の新ボックスで販売されている。

1つ1つ番号が付いた「ジョン・ウォーカー&サンズXR 21年」はアールデコの時代の偉大なデザインをほうふつとさせるエレガントな1リットルのデカンター・ボトルで、世界中の海外旅行客向けの小売店で違いのわかる消費者に販売されている。

サー・アレクサンダー・ウォーカーはウイスキー造りの技だけでなく優れたビジネス・センスも持っており、1920年にはジョニーウオーカー・ウイスキーはスコットランド全土から世界の隅々にまで行き渡っていた。「ジョン・ウォーカー&サンズXR 21年」はサー・アレクサンダー・ウォーカーの爵位を記念して創られたもので、最高のまろやかさと深みを持ったブレンド・ウイスキーである。原酒のウイスキーには少なくとも21年間熟成されたものを使い、現存していない蒸留所でつくられたものを含め、極めてレアなジョニーウオーカー・リザーブから選び抜かれている。

ジョニー・ウォーカー・マスターブレンダーのジム・ベバリッジ氏は「ジョン・ウォーカー&サンズXR 21年は古いオーク樽で熟成されたエキストラ・レア・ウイスキーを使って作られている。この豊かで多層的なブレンドにバニラとゴールデンハニーのデリケートなノートが染みこみ、信じられないほどのまろやかな仕上がりになっている。冷やした水を別のグラスに準備し、水で割らずにタンブラーで飲むのが最高だ」と述べた。

Diageo Global Travel and Middle Eastのマーケティングディレクター、ピーター・フェアブラザー氏は「ジョン・ウォーカー&サンズXR 21年の1リットル・ボトルを旅行者だけに提供できることを喜んでいる。超高級ウイスキーを楽しむ人への他では買えない最高の贈り物になり、旅行のお土産としては完璧だ」と述べた。

「ジョン・ウォーカー&サンズXR 21年」1リットル・ボトルは海外旅行客向け小売店だけで販売(希望小売価格178ドル)されており、750ミリリットル・ボトルは海外旅行客向け小売店および国内小売店で販売(138米ドル)されている。現在、1リットル・ボトルはシンガポール・チャンギ空港および香港空港で販売されており、1リットル・ボトル、750ミリリットル・ボトルとも世界中で販売されている。

▽ディアジオ(Diageo)について
ディアジオは世界の大手飲料企業で、蒸留酒、ワイン、ビールなどの部門にわたり幅広いアルコール飲料ブランドの大きなコレクションを所有している。これらのブランドにはジョニーウォーカー、クラウンローヤル、J&B、ブキャナン、ウインザー、ブッシュミルズなどのウイスキー、スミルノフ、シロック、ケテルワンなどのウオツカ、その他キャプテン・モーガン、ベイリーズ、ドン・フリオ、タンカレー、ギネスなどがある。

ディアジオは同社の製品を世界180カ国以上で販売しているグローバル企業である。同社はロンドン証券取引所(LSE)では銘柄コードDGE、ニューヨーク証券取引所(NYSE)では銘柄コードDEOで上場されている。Diageoおよび同社の社員、ブランドに関する詳しい情報はウェブサイト(リンク )を参照。情報、イニシアチブ、ベストプラクティスの共有方法に関しては責任ある飲酒を促進するディアジオのグローバルリソース・ウェブサイト(リンク )を参照。

Celebrating life, every day, everywhere(人生を楽しもう、いつでも、どこででも)

JOHN WALKER & SONS XR、Striding Figureデバイス、関連ロゴは商標である。(c) John Walker & Sons 2015

ソース:Diageo GTME

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。