logo

リノベーションで生まれ変わる!既成概念を払拭したアイデア成功事例case 2.

株式会社クラスコ 2015年09月07日 13時47分
From PR TIMES

青山一丁目駅徒歩6分 賃料アップ200%超えの実現  -GREEN MARGIN LIFE-

株式会社クラスコ(本社:石川県金沢市/代表取締役社長:小村典弘、以下「クラスコ」)が展開する全国リノベーションブランド「Renotta(リノッタ)」では空室改善の成功事例を続々と作り上げています。数々の成功事例を公開すべく、大好評だった第1弾に次ぐ第2弾をリリースしました。
リンク



[画像1: リンク ]



■BEFORE物件情報
築51年/5階建/RCマンション
2LDK(65m2 )/賃料14万円(他社リフォーム物件18.5万円)
空室期間/4ヶ月

【プロジェクトの背景】
築51年の鉄筋コンクリートマンション。立地は都心のと真ん中というこれ以上にないロケーションでありながら、今では人気のない間取りで、
内装は経年劣化が進んでいました。同じ建物内で他社がリフォームした物件は、賃料が相場からズレていないにも関わらず約4ヶ月経っても決まっていない状況でした。
立地が良いとはいえ、通常のリフォームや単なる大規模リノベーションでは大幅な改善は難しい状況でした。

【コンセプトとデザインの力で賃料競争から脱却する】
この部屋が持っている強みは窓から見える景色。そこからは都心の一等地とは思えない、美しい緑を眺めることができます。
「こんな都心の真ん中で、窓からこんなに緑を感じられる場所は他にない」私たちはそこに大きな可能性を感じました。この唯一無二の強みをコンセプトとデザイン、そしてエリア特性に活かせば、賃料競争から脱却した、まったく新しいお部屋が作れると感じました。

【コンセプト・ターゲット設定】
人気の赤坂・青山エリアという「街の特徴」、築51年という物件ながら共有部分の行き届いたメンテナンスや緑溢れるエントランスという「物件の特徴」職住接近を好み、暮らし方にこだわる人々が多いという「住む人々の特色」を押さえ、コンセプトとターゲットを絞りこみました。
コンセプト創造によるターゲット想像の誕生です。
コンセプト「溢れる緑と暮らしの余白」
ターゲット「クリエイティブな仕事をしていて忙しい日常の中で思考を深める時間を欲している人」

通常ならば65m2 のスペースを1LDKにリノベーションをするのが一般的ですが、緑をどこからでもたくさん感じられるように壁や扉といった仕切りを取り、大きなLDKへと作りこみました。

[画像2: リンク ]



■AFTER物件情報
ROOM CONCEPT/GREEN MARGIN LIFE ~溢れる緑と暮らしの余白~
1ROOM(65m2 )/家賃28.5万円(+203%)
リノッタ後の投資利回り約4.5% up
募集開始後1ヶ月で成約


コンクリートジャングルとも言われる東京。水を吸わない地面。混みあう街中。そんな窮屈な都会の真ん中にオアシスが誕生しました。
窓からは溢れんばかりの木々が生い茂る。お部屋はシンプルなカラーで統一しつつ、素材にもこだわりました。白いキッチンタイルに、滑らかなライト。
どれも繊細で優しく肌で触れたくなるものばかり。広いお部屋で深く腰掛け、そよ風にゆれる緑を眺める。
今後もクラスコでは、入居者へは個性あふれる住まいを、不動産オーナーへは収益最大化のためのさまざまなご提案をさせていただきます。


【プロモーション】
通常のポータルサイト掲載などでは狙っているターゲットに訴求する事が難しいため、あえて掲載していません。
専用ホームページ’renotta.jp’と、コンセプト賃貸を集めて掲載するサイトへの情報提供に特化して掲載しました。掲載後間もなく、他社リフォーム物件より10万円も高い家賃にも関わらず、内見依頼が多数入り、募集開始後約1ヶ月で成約となりました。


【Renotta(リノッタ)について】
「Renotta(リノッタ)」は、クラスコが培ったリノベーションのノウハウを全国に広め、リノベーションの力でより多くの空室を長く愛される物件に変えることを目的とした全国リノベーションブランドです。日本の住宅業界が抱える空室率の悪化や、スクラップ&ビルドによる環境問題などの不安を解消するために、リノベーションの力で築古の物件に新しい価値を付加し、永く愛される物件を作り出すことを目的としています。新しい物だけが優れているという考え方ではなく、古い物でもこれからの時代やニーズにあった価値を付加して使い続けることが良いとされる時代を目指し、同じ志を持った加盟店を全国に募っています。現在、加盟店舗数は全国208店舗に広がり、実績として全国の苦戦物件900部屋が満室、平均収益改善率50%という成果を出しています。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。