logo

「37.5℃の涙」のモデル!病児保育の現場で働くやりがいとは

株式会社ウェルクス 2015年09月07日 13時10分
From PR TIMES

ドラマ「37.5℃の涙」の原作漫画のモデルにもなり、病児保育事業に取り組まれる認定NPO法人フローレンス。今回は病児保育を経験してきた職員さまに、働く上でのやりがいや大変さを伺いました。



保育士や幼稚園教諭の人材紹介サービス【保育のお仕事】(リンク)を展開する、株式会社ウェルクス(本社:東京都墨田区両国)は、ドラマ「37.5℃の涙」の原作漫画のモデルにもなり、病児保育事業に取り組まれる認定NPO法人フローレンスに独自取材を実施、そのインタビュー内容を自社の運営するサイト【保育のお仕事レポート】(リンク)で公開いたしました。

■取材の概要(一部)
取材ではフローレンスで病児保育事業のマネージャーを務められる、赤坂緑(あかさかみどり)さんと、「こどもレスキュー隊員」として病児保育の経験を積まれ、現在は本部スタッフとして、研修などを担当されている、小湊郁心(こみなといくみ)さんに、お話を伺いました。

現場にて豊富に経験を積んだからこそ分かる、病児保育に携わるうえでのやりがいや、大変さ、またフローレンスの魅力が感じられる内容となっています。
[画像: リンク ]

【認定NPO法人フローレンス 赤坂さま(左)、小湊さま(右)】

働く親御さんの大きな悩みというのが、お子さんの急な発熱や、病気。フローレンスではまさに「そこに駆けつける」という意味合いで、保育スタッフを「こどもレスキュー隊員」と呼んでいるそう。

「こどもレスキュー隊員」になるまで、なった後にも充実した研修体制が整えられているフローレンス。座学と研修、その両方の側面からスキルアップや不安解消につなげることができると、小湊さんは話していました。

病児保育に興味のある皆さま、これから病児保育を含め、保育業界を目指そうと考えられえている皆さま、子育ての経験を何らかの形で社会のために活かしたい皆さまは、是非この機会に【保育のお仕事レポート】をご覧ください。

■記事に関する詳細
【表題】「37.5℃の涙」のモデル!病児保育の現場で働くやりがいとは
【URL】リンク

■保育のお仕事とは?
保育士、幼稚園教諭専門の転職支援・適職紹介サービスです。主に転職や復職にて、保育園や幼稚園で働きたい保育士さん・幼稚園教諭さんと求人中の施設・事業所とを仲介する形で、復職・転職を全面的にサポートしています。公立保育園、私立認可保育園、認定こども園、準認可保育園、託児所、学童保育、病院内保育、企業内保育、託児所など、幅広い就業先をご用意しています。その他、保育に携わるうえで役立つ情報を【保育のお仕事レポート】を通じて紹介しています。
【URL】リンク

■保育のお仕事レポートとは?
主に保育園、幼稚園にお勤めの方や、転職や職場復帰を検討されている保育士さん、幼稚園教諭さんを中心に、日々の保育や、転職活動に役立つ情報の提供を行っています。内容は子どもとの関わり方から、職場の人間関係の悩み、転職ノウハウまで多岐にわたり、さまざまなニーズに対応できるコンテンツをご提供しています。
【URL】リンク

【本リリースに関するお問い合せ】
株式会社ウェルクス
担当:大島
TEL:03-5638-6191 (代表)FAX:03-5625-6702
MAIL: yumi-oshima@welks.co.jp

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。