logo

『OKINAWA離島コンテンツフェアinツーリズムEXPOジャパン2015』開催

一般財団法人沖縄観光コンベンションビューロー 2015年10月21日 17時58分
From 共同通信PRワイヤー

2015年9月4日

沖縄県
一般財団法人 沖縄観光コンベンションビューロー

約50社の沖縄離島の観光・物産事業社が集まる大商談会
今年の離島フェアは、“夏と海だけでない沖縄離島の旬のコンテンツPRを強化!“
『OKINAWA離島コンテンツフェアinツーリズムEXPOジャパン2015』開催

【開催日】2015年9月25日(金)10:00~18:00
【開催場所】東京ビッグサイト(江東区有明)

 沖縄県・一般財団法人 沖縄観光コンベンションビューローは、沖縄離島コンテンツをPRし、旅行商品造成並びに沖縄の各離島への誘客促進による地域活性化を目的として、平成27年9月25日(金)、ツーリズムEXPOジャパン2015沖縄ブース内において、大商談会『OKINAWA離島コンテンツフェアinツーリズムEXPOジャパン2015』(以下、離島コンテンツフェア)(リンク)を行います。リンク" target="_blank">

 沖縄離島は、2013年3月の南ぬ島石垣空港の開港以降、2014年3月の慶良間諸島の国立公園指定、今年1月の伊良部大橋の開通(宮古諸島)、6月の宮古島へのANA関西直行便の再開、現在は日本最南端の有人島・波照間島(八重山諸島)及び、多良間島(宮古諸島)へ石垣島から航空路線が就航に向けて準備が進められるなど、今後の沖縄観光を牽引するエリアとして注目が集まっており、県外のバイヤーから「もっと沖縄離島の観光コンテンツ情報がほしい」「商談機会がほしい」との要望が増えています。

 今年の離島コンテンツフェアは、(1)八重山諸島、(2)宮古諸島、(3)久米島、(4)15離島(本島周辺)の4つのエリアより約50社の観光・物産事業社が集まります。ブースのコンセプトは「あなただけの宝物を見つける旅」として、今年は“夏や海だけでない沖縄離島の旬のコンテンツ(自然・人との交流・文化・食)のPRを強化します。
 商談、展示の他、沖縄で地域活性化のフロントランナーである(公財)沖縄県文化振興会理事長「平田大一氏」や、JTB主任研究員「河野まゆ子氏」、沖縄CLIP編集長「セソコマサユキ氏」によるトークセッション、海外公演も多い沖縄離島出身の音楽ユニット「SAKISHIMA meeting」のトーク&ライブ、民芸品や伝統文化の無料体験コーナーなど、様々な内容を通じて沖縄離島を知ってもらえる企画を行います。

                      記

【開催名称】OKINAWA離島コンテンツフェアinツーリズムEXPOジャパン2015
【開催日時】平成27年9月25日(金)10:00~18:00(ツーリズムEXPOジャパン2015業界日)
【開催場所】東京ビッグサイト 東展示場内 沖縄ブース(東京都江東区有明3丁目10番1号)
【内容】沖縄離島の事業社が出展する大商談会(約50社出展)
    1)観光・物産事業社ブース(約50事業社、公式サイト参照)
    2)物産販売ブース
    3)商談会スペース((1)商談タイム・(2)フリー商談タイム)
    4)カフェコーナー「石垣島 ぺんぎん食堂デリ/離島マルシェ」
    5)各種ステージプログラム(別紙参照)
【商談申込】公式サイトより事前予約が必要です。
※フリータイム商談(12時-14時、16時-18時)は申込の必要は有りません。
【公式サイト】リンク
【主催】沖縄県、(一財)沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事