logo

リアルタイムシステムズとGISupplyはGPS専用端末向けのデータバンクAPIサービスの共同開発を開始

株式会社リアルタイムシステムズ 2015年09月04日 09時00分
From PR TIMES

株式会社リアルタイムシステムズと株式会社GISupplyは運送業、ポスティング業界など向けに
インフラ不要でいち早くGPSソリューション展開できるデータバンクAPIサービスの
研究開発(以下、本開発)を共同出資で推進していくことに合意したことをお知らせします。



[画像: リンク ]

1.背景
従来のGPSプラットフォームは、豊富な画面機能を揃えても、実際の業務にはなかなかマッチしません。
独自にGPSシステムを開発する場合は、莫大な開発コストが必要となり、保守運用も大変な負担になります。
GPSDataBankAPIプラットフォームを利用することで、インフラ不要で手軽にGPSシステムを運用できるようになります。
詳細は、こちらのURLをご参照ください。
リンク

2.開発の狙い
■自社サーバ不要、いち早く本格的なサービス提供
初期インフラー設計構築不要、煩雑なインフラー運用管理不要。 初期コスト及びランニングコストの大幅の削減が可能となる。
■画面側の開発のみで、コスト半分削減
お客様側のシステムは、画面側開発のみで、サーバ側開発が不要となり、開発コストと開発期間が半減となる。
■ローカル画面開発のみで、サーバテスト環境が不要
一般的な開発は、開発環境とテスト環境及び本番環境が必要です。ローカルで画面の開発が可能です。環境構築不要で、素早く確認できる。
■異なる機種のGPSで同じAPI
違うメーカの違う機種のGPSでも、GPSDataBankに蓄積できるし、同じAPIで取り出し、同じ画面で表示することが可能
■マルチ端末に共通で拡張しやすいAPI
WebサイトとiPhoneアプリ及びAndroidアプリは直接同じAPIでGPSDataBankサービスにアクセスできる。
■ダウンタイムなしで、バージョンアップに強い
画面層とデータ層が分離されたことにより、改修しやすくなる。画面の追加、改修後に、HTMLとJSファイルのみ置換れば即時反映となる。サーバ停止時間が不要。
■保存データの件数は無限大
通常のDBが、一定の件数を超えるとボトルネックが発生する。GPSDataBankは、理論上無上限のデータが保存できるし、かつ安定なパフォーマンスを維持できる
■柔軟に拡張できるAPI
GPSDataBankは、NoSqlデータベースを採用し、任意の属性、付加データの拡張が容易にできる。それ以外、位置情報と付随する画像ファイルなども取り込める。
■無駄のないアクセス従量課金
通常自社サーバのインフラ構成だと、予め大き目のデスク容量を確保しないといけない、無駄なコストが発生する。CPUも同様で、高いスペックを確保すると、無駄が発生する。GPSDataBankは、データ保存量とAPIアクセス回数と比例した従量課金で、無駄なコストを削減できる。 サービス開始時、スモールスタートして、ビジネスが成長したら、それと比例したコストを支払えば良い。
■高レベルのセキュリティ認証方式を提供
通常自社サーバの場合は、SSLの導入やセキュリティの確保は、大変なコストと手間がかかる。GPSDataBankは、予め高いレベルのセキュリティ認証方式を提供する。お客様の要件によって、転送データの暗号化と復号化をサポートする。

3.今後の展開
リアルタイムシステムズとGISupplyは、今回の共同開発を通じてこれまで培ってきた両社の技術とノウハウを融合し、今後もGPS事業における最適なソリューションを展開して参ります。

4.WebAPIで開発された事例
リアルタイム追跡型GPS発信機・WillGPS
リンク
GPS追跡のご利用準備は、リンク をご参照ください。
WebでのGPS追跡方法は、リンク をご参照ください。
スマホサイトでのGPS追跡は、リンク をご参照ください。
iPhoneアプリでのGPS追跡は、リンク をご参照ください。
メールお問合せ機能は、リンク をご参照ください。
メールお知らせ機能は、リンク をご参照ください。

5.GPS開発パートナの募集
●GPS開発分野でノウハウまたは興味お持ちの企業様と個人様
●GPSを利用して特定分野の業務に応用したい企業様と個人様
リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。