logo

グルンドフォス、収益性を倍増、今後も事業方針を継続

JCN 2015年09月02日 11時00分
From JCN Newswire


Denmark, Sept 2, 2015 - ( JCN Newswire ) - ポンプ製造メーカーのグルンドフォスは2015年第2四半期、収益性を倍増し、売上高が増加しました。この業績は当社の目標に沿っています。

売上高は2014年上半期の111億デンマーククローネから、119億デンマーククローネに達しました。収益性は倍増し、6億2,800万デンマーククローネとなりました。この業績により、グルンドフォスは過去4年間減少に転じていた収益性曲線を改善するとの目標を達成しました。

グループ社長のMads Nipperは、次のように述べています。「当社は計画通りに事業を進めてきました。昨年取り組みを進めたイニシアチブが、これまで堅調かつ好調な業績につながっていることを嬉しく思います。しかしながら、私たちはもちろん依然、道半ばであり、当社ではさらに高い収益性および持続可能な成長を目指し、計画に沿って引き続き進めてまいります。」

特に米国では引き続き、売上高が現地通貨換算で15%と堅調に増加しました。一方、欧州では穏やかな成長が続いており、市場シェアを伸ばしています。ロシアでは、厳しい市場環境の下、売上高が落ち込みましたが、中国では投資額の減少と同国経済の不確実性による大きな変化は見られません。南米、中東、日本などその他の市場はすべて、グループの成長に積極的に貢献しています。

Nipper社長は続けます。「全地域において競争は激化していますが、当社の見立てでは依然、大部分の市場においてシェアを獲得しています。グループの新戦略は、一層強化された顧客フォーカス、コスト意識、より良いサービスの提供、優れた製品力の強化、より効率的なバリューチェーンについて実行されています。2020年に向けてまだ長い道のりがありますが、よいスタートを切りました。また、一部の地域では競争が激しく、厳しい市場環境下に置かれていますが、業績を改善するための当社の経営基盤は前年度よりも強化されています。」

本日、グループの経営陣に新メンバーが加わります。フランス出身のStephane Simonettaがグローバル生産・物流担当グループEVPに本日就任します。Simonettaは、スイスのHoneywell Transportation Systemsに勤めていました。

グルンドフォスについて

グルンドフォスは業界をリードするポンプ製造メーカーで、年間に1,600万以上のポンプ本体を生産しています。同社では、フルレンジのモジュラーや、高エネルギー効率のインテリジェントな製品、ビル・産業・水などの用途向けサービスを提供しています。グルンドフォスは55ヶ国以上に80を超える事業所を構えています。詳細情報に関しては www.grundfos.com をご覧ください。

詳細情報に関するお問い合わせ先:
グループ副社長、グループ・コミュニケーション
Kim Nohr Skibsted
+45 87506900 / +45 30525020


Nipper_halfyear: リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。