logo

【FRONTIER】第6世代インテルCoreプロセッサー×Windows10搭載パソコン、新発売

インバースネット株式会社 2015年09月02日 13時00分
From PR TIMES

~最新の14nmプロセスを採用したCPU搭載~

インバースネット株式会社(本社:神奈川県横浜市神奈川区新浦島町1-1-25、代表取締役:山本 慶次郎)(以下、当社)は、2015年9月2日(水)より、第6世代インテルCore プロセッサーとWindows10を搭載したデスクトップパソコンの販売を開始します。



■製品の概要
このたび発表する新製品は、インテル社が新たに発表したCPU である第6世代CPU インテル Core i7-6700とH170チップセットを搭載したWindows10パソコンです。
拡張性の高いミドルタワーとマイクロタワーを用意し、OS、メモリ、ハードディスク、グラフィックカード、光学ドライブなど各種カスタマイズに対応します。ぜひお好みの構成へのカスタマイズをお楽しみください。


尚、こちらの製品は、FRONTIERダイレクトストア(リンク)にて、2015年9月2日(水)より販売開始いたします。

▼ 第6世代インテルCoreプロセッサー×Windows10搭載パソコンはこちらから
 リンク

[画像: リンク ]



■製品の特徴
<第6世代インテルCoreプロセッサー採用>
インテル社から新たに発表された第6世代 インテル Core プロセッサーシリーズの通常版であるCore i7-6700は、最新の14nmプロセスを採用したCPUです。最新のプロセスラインの採用で省電力化と演算能力の向上を両立し、i7-6700の定格時の動作周波数は3.40GHz、ターボブースト時には最大4.00GHzに達します。
また、内蔵グラフィックスは最新の「インテル HD グラフィックス 530」を搭載し、その能力を大きく向上させています。

<最新チップセット インテルH170採用>
本製品には、ASUS製マザーボードを採用。
最新のチップセットH170と組み合わせた新たなプラットフォームでは、メインメモリに「DDR4-SDRAM」を採用し、より快適な環境を得ることができます。USB3.0TypeCを1ポート、搭載するなど高い拡張性を確保しています。

<最新OS Windows10をプリインストール>
Windowsシリーズの最新バージョンである Windows 10 は、新機能の搭載と Windows 7 ・ Windows 8 の使いやすさなどの融合と、セキュリテイの強化など多くの面で刷新された「新世代の Windows 」です。

<品質・信頼性の高い日本製コンデンサ採用>
2015年初頭から80PLUS認証を取得した電源を標準搭載しております。消費電力や排熱が少ないので、電源の長寿命化などが期待できます。また、恒常的に温度が上がりやすい電源ユニットに、日本製コンデンサを採用することで、安定した直流電源の出力を実現しています。


●インバースネット株式会社 概要
■本社所在地 : 神奈川県横浜市神奈川区新浦島町1-1-25 テクノウェイブ100ビル 8階
■設立 : 昭和26年12月14日
■資本金 : 1億2245万円
■代表者 :山本 慶次郎(代表取締役)
■事業内容 : 自社製パーソナル・コンピュータ開発、製造及び販売、他■取扱商品 : 自社製パーソナル・コンピュータ(FRONTIERシリーズ)、パーソナル・コンピュータ用周辺機器、各種情報機器

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。