logo

組み立て式エンターテイメントロボット「MECCANOID(メカノイド)」2種 11月7日発売!

株式会社タカラトミー 2015年11月09日 09時28分
From 共同通信PRワイヤー

2015年9月2日

株式会社タカラトミー

日本初上陸! 六角レンチドライバー1本で120cmのロボットをイチから組み立て!
組み立て式エンターテイメントロボット 「MECCANOID」 2種 11月7日発売!
音声コマンド・専用アプリ・モーションキャプチャーでインタラクティブに遊べる!

 株式会社タカラトミー(代表取締役社長:H.G.メイ/所在地:東京都葛飾区)は、組み立て式人型ロボット「MECCANOID(メカノイド)」2種 〔希望小売価格 G15(ジージュウゴ) 30,000円/G15KS(ジージュウゴケイエス) 50,000円(税抜き)〕を、2015年11月7日(土)から全国の玩具専門店、百貨店・量販店の玩具売場、インターネットショップ、タカラトミー公式ショッピングサイト「タカラトミーモール」リンクにて発売いたします。

 「MECCANOID (メカノイド)」 は、スピンマスター社(カナダ本社)が2015年よりイギリスを皮切りに発売を開始した組み立て式ロボットです。34種の音声コマンドを認識し、約900種の音声フレーズと動作を組み合わせてコミカルな反応をしてくれる全く新しい組み立て式ロボットです。一つひとつのパーツを組み立て、完成したロボットが心を持ったように動き出し話しかけてくれる瞬間の喜びを日本でも体験して欲しいと思い、タカラトミーがこの度日本で初めて発売することが決定いたしました。

 主なターゲットは30代~40代の男性で、メカノイドのどこかノスタルジックなデザインと不器用でロボットらしい動きに哀愁を感じながら、最新のテクノロジーも楽しんでいただけます。約1,200種(小型サイズは約600種)以上もあるパーツを一つひとつ組み立て完成させた後、電源を入れると手足を使って動き出し、インタラクティブに遊べることが大きな特徴です。日本発売にあたり、全てのセリフやコマンド、機能を日本仕様に開発いたしました。
 今後、付属のUSBケーブルとパソコンをつなぎインターネット経由で音声プログラムの更新なども可能にしていく予定です。


■MECCANOID (メカノイド)の楽しみ方

1.まずはパーツを組み立てます。
 パッケージを開けると、約1,200種(小型サイズは約620種)以上のパーツやボルトが入っています。組み立てはすべて付属の六角レンチドライバー1本で行います。全長約61cmの「MECCANOID G15」は所要(目安)時間約3~4時間、全長約122cmの「MECCANOID G15 KS」は5~6時間で完成できます。メインターゲットは男性ですが、力いらずで簡単に組み立てができるため、女性でもスムーズに楽しんでいただけます。

2.完成したら電源を入れて初期設定をします。
 組み立てが完成して電源を入れると、大きな目、関節など各所のLEDが光り、手足をぎこちなく動かしながら「起動中、起動中、環境をスキャン中…生命体スキャン中…生命体を人間と認識」等と言います。「君の名前が知りたいな」と言われるので自分の名前を教えると「はじめまして○○(名前)。君が僕を作ってくれたんだね!」と覚えてくれ、コミュニケーションがスタートします。

3.音声コマンドや専用アプリ、モーションキャプチャー等でインタラクティブに遊べます。
 目覚まし機能や時間を知らせてくれる機能はもちろんのこと、音声コマンドで様々な指示ができます。「一緒に歩いて」と言い、手を引くと一緒に歩いてくれたり、「冗談を言って」というとくだらない話をしてくれたり。放っておくと暇を持て余し口笛を吹いたり、「日本には世界中のロボットの約半分があるんだって」「電気羊が一匹、電気羊が2匹、電気ひつじが…さんび…き…zZ」等独り言を言うとってもおしゃべりなロボットです。
 無料の専用アプリとBluetoothでつなぐと、手足の動きやLEDの光、音声を一連で覚えさせることができます。そのままスマートフォンをメカノイドのクレードル(スマホホルダー)にセットすると、自分の動きを真似させて遊ぶことができるなど様々な楽しみ方ができます。

 タカラトミーは1984年より次世代エンターテイメントロボット「Omnibot(オムニボット)」シリーズ を展開してきました。2014年に“ロボットがいる遊び心のある生活”をコンセプトに、本格的にロボットトイビジネスを再始動させ、やんちゃな仔犬型ロボット「Hello!Zoomer(ハロー!ズーマー)」や、おしゃべりに特化したともだちロボット「Robi jr.(ロビジュニア)」、2015年10月にはNTTドコモと共同開発したクラウド型おはなしロボット「OHaNAS(オハナス)」を発売し、今後もおもちゃメーカーならではの遊び心ある家庭用ロボット市場を確立していきます。

 ロボットらしい不器用なしぐさや合成された音声、配線やモーター、たくさんのパーツで構成されたどこか懐かしいデザインのメカノイドは、組み立てる過程の楽しみも知っているプラモデルやホビー好きな日本の男性に向けて提案いたします。タカラトミーは今後も子どもからシニアまで幅広い年齢層に向けて様々なロボットを提案してきます。

【商品概要】

商  品  名  : 「MECCANOID(メカノイド)」2種 G15(ジージュウゴ)/G15KS(ジージュウゴケイエス)
発売日  : 2015年11月7日(土)
対象年齢  : 15歳以上
商品内容  : 取り扱い説明書、組立部品
販売目標  : 2種合計 年間3万個
取扱い場所  : 全国の玩具専門店、百貨店・量販店等の玩具売場、インターネットショップ等     
著作権表記  : (C) TOMY
ホームページ  : リンク
アプリ  :
「MECCANOID」 
iOS リンク
Android リンク

商  品  名  : MECCANOID G15(ジージュウゴ)
希望小売価格  : 30,000円(税抜き)
商品サイズ  : (W)280×(H)610×(D)230mm (組み立て後)
使用電池  : 単2アルカリ乾電池4本(電池は別売りです)

商  品  名  : MECCANOID G15KS(ジージュウゴケイエス)
希望小売価格  : 50,000円(税抜き)
商品サイズ  : (W)280×(H)1220×(D)230mm (組み立て後)
使用電池  : 充電式電池(ニッケル水素電池)付属

i.「MECCANOID(メカノイド)」とは:フランスで1901年に誕生した組立おもちゃ「メカーノ/メカノ」のロボットシリーズです。シンプルな部品が手順を踏むことで徐々にカタチになっていく、モノづくりのプロセスが学べます。
ii.  Omnibot(オムニボット)シリーズとは:1984年にトミー(当時)から発売した本格的なホームロボットシリーズの総称です。当時より “ロボットとの暮らし”を身近なものにしたロボットを展開、その後も「アームトロン」「KI・KU・ZO」などトミーロボットシリーズや、オムニボットシリーズの進化版「i-SOBOT(アイソボット)」など、様々なロボットを世に送り出してきました。初代は身長40cm重さ4.5キロの大型ロボットで、リモコンで 操作し、コマンドをカセットテープに記録して何度も再現することができました。それにタイマー機能を組み合わせて決まった時間に特定の音声と動作を再生するプログラム機能が搭載されていました。2014年より、次世代エンターテイメントロボット「Omnibot」シリーズとして新たに展開を開始し、手のひらだけの直観操作が楽しめる「Hello!MiP」、言葉を理解する仔犬型ロボット「Hello!Zoomer」、おしゃべりに特化したおともだちロボット「Robi jr.」、2015年10月にはNTTドコモと共同開発したクラウド型おはなしロボット「OHaNAS(オハナス)」を発売し、今後もおもちゃメーカーならではの遊び心ある家庭用ロボット市場を確立していきます。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事