logo

ASEANに向けた植物工場輸出事業を開始~シンガポール18店舗でテストマーケティング開始~

株式会社LA DITTA 2015年09月01日 14時01分
From 共同通信PRワイヤー

2015年9月2日

株式会社LA DITTA

日本が誇る農業生産技術の輸出に向けて
ASEANに向けた植物工場輸出事業を開始
シンガポール18店舗でテストマーケティング開始

株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ)(東京都港区、代表取締役:小里 博栄)は、EASTERN GREEN MARKETING PTE LTD、Cold Storageと連携し、 株式会社木田屋商店が植物工場で生産する「無農薬野菜」を使用し、テストマーケティングをシンガポールで展開中です。

■ ASEANへの輸出における「植物工場」に期待される役割 
 ASEANは人口増加や所得水準の向上を背景に野菜の消費量の増加が見込まれる有望な市場であるが、シンガポール、マレーシアでは、共に自国の野菜自給率は低く(シンガポール7%、マレーシア42%)、そのほとんどを中国、米国、豪州など、他国からの輸入に頼っています。また、既存の生鮮流通事業の規模は小さく、大規模なコールドチェーンが未整備であるために発生する大量のフードロス(食品廃棄)も同国の大きな問題となっています。
 植物工場は、植物の生育に必要な環境(光、温度、湿度、二酸化炭素濃度、養分、水分等)を、照明、空調、養液供給設備等により人工的に制御することで、野菜等の植物の周年・計画生産を可能にする施設のことを言います。このような施設を用いることで、新鮮で無農薬の野菜を土地や天候の影響を受けることなく生産できるようになるだけでなく、自給率向上や流通におけるフードロス削減など、自給生産・流通において大きな課題を抱えている国に対しての有効なソリューションとなります。
 日本は、植物工場生産・流通において20年以上の経験を持つ世界的なリーダーです。したがって、本事業では、日本が有する優れた植物工場プラントや高度栽培技術を輸出し、新たな生産・流通システムをシンガポール、マレーシアをはじめとしたASEAN地域で構築することで、高品質で競争力のある日本産農産物の大量流通の実現と、日本品質野菜のブランド確立による認知度拡大、それによるグローバル需要の獲得を目指します。

■ 本テストマーケティングの展開と将来の展望 
 今回実施するテストマーケティングでは、植物工場で生産した新たな日本品質野菜を、現地流通会社を介して現地店舗(以下テストマーケティングにおける販売先)で販売致します。本事業は、ASEANにおける植物工場輸出事業の可能性を検証するうえでの重要な取り組みとなります。植物工場などの高度な生産技術を用いた日本品質野菜が現地適正価格でどれだけ売れるのかを一番の焦点に検証を行います。
 その結果を受け、事業投資規模および事業スキームを確定し、2016年度初頭に向け植物工場インフラを日本より輸出し、新たな生産・流通システムを構築する予定です。将来的には、タイ、マレーシア、インドネシアなど、ASEAN地域へ本モデル事業を横展開することで、ASEAN全域で、大規模現地生産・流通、日本ブランドの農作物のシェア拡大を目指してまいります。

■ テストマーケティングにおける販売先
シンガポール国内の「Cold Storage高島屋店」を含む「Cold Storage」 18店舗

(Tanglin Market Place, Paragon Market Place, Raffles City Market Place, Jasons Orchard, Great World City, Kallang Leisure Park, Jelita, Holland Village, Plaza Singapura, Takashimaya, Compasspoint, United Square, Parkway Parade, Siglap Village, Causeway Point, Serangoon Nex, Tampines One, West Coast Plaza)

「Cold Storage」とは、香港に拠点を置くDailyFarmグループで、高級小売り店として、シンガポールで60店舗以上を展開しています。
 現地植物工場で生産される日本品質高級野菜のブランド化を狙うため、本テストマーケティング及び今後の事業展開においては、同社を高品質食材を扱う現地小売り企業の最有力パートナーとして予定しています。
【 Cold Storage 】HP: リンク

■ 株式会社木田屋商店の植物工場とは
 室内で生育環境を厳密に制御して農産物を生産する完全閉鎖型植物工場で、同社は心から安心できる食材の安定確保のために農業分野に進出し、無農薬野菜を栽培しています。自然、場所(農地)の制限を受けることなく農産物を栽培することができ、消費地の間近で生産できることで、流通におけるロスを極端に減らすことが可能です。
【 木田屋植物工場 】: リンク

■ 株式会社LA DITTA 
『日本文化を世界へ発信する』を基本理念として2006年に創業。ムンバイ、シンガポールにも拠点を持ち、日本の食・コンテンツ・デザインなどを世界へ紹介するために、日本、インド、シンガポール等でプロモーションや各種イベントを企画運営。各国でのビジネス経験を生かし、日本企業の海外進出サポートを行っております。
【株式会社LA DITTA HP】: リンク



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。