logo

新郎新婦の「ふるさと」へ日本全国ムービー撮影に伺う 「FURUSATO WEDDING」

株式会社八芳園 2015年09月01日 13時01分
From 共同通信PRワイヤー

2015年9月1日

株式会社八芳園

新郎新婦の「ふるさと」へ日本全国ムービー撮影に伺う「FURUSATO WEDDING」

株式会社 八芳園(代表者:長谷晴義、本社:東京都港区白金台、以下八芳園)では、8月22日(土)に最上階6階を新コンセプト「FURUSATO」と共にリニューアルオープンいたしました。
「FURUSATO」では、新郎新婦の想い出の「ふるさと」をうかがい、日本全国ムービー撮影におじゃまします。

披露宴当日は専用ラウンジの大型モニターで、まずはゲストを映像「Story of Journey」でふるさとの旅にお連れします。
披露宴前に新郎新婦とゲストの距離はグッと近くなり、ふたりの新しい「心のふるさと」づくりがスタートします。

一生涯おふたりと寄り添う八芳園だからこそできる、新しい「FURUSATO WEDDING」の提案です。

◆「ふたつの想い出。一つの人生」
ふたりのふるさとが重なって、ふたりの新しいふるさとをつくる。
そんな新しい、そしてどこか懐かしいウエディングがあっても良いのではないかと生まれたコンセプトが「FURUSATO」です。ロゴマークは八芳園の“八”であり“心”。
心の点の部分は、山(ふるさと)から旅立つ鳥(ふたり)をイメージしています。
鳥は新しい人生へと旅立ち、新郎新婦の「心のふるさと」として八芳園はいつまでもありつづけます。

◆ふるさと映像「Story of Journey」ができるまで
「FURUSATO」専任のプランナーが、お打合せの中でおふたりの想い出のふるさとについて伺います。
育った街、自然、家族、歩いた道、日暮れまで駆け回ったグラウンド…。
喜び、挫折、悲しみなど、人は想い出でできています。おふたりのヒストリーを一緒に振り返り、
映像クルーが、おふたりのストーリーを元に、新郎新婦様のふるさとへおじゃましに伺います。

◆専用ラウンジで、新郎新婦の「ふるさと(ヒストリー)」を知る時間を
挙式が終わり、披露宴までの時間、ただウェルカムドリンクが配られるだけで終わって欲しくない、と考えました。
6階専用の「FURUSATO LOUNGE」ではおふたりの出身地のふるさとドリンクを全国からご用意し、まずはゲストをお出迎え。
巨大モニターでおふたりのふるさと映像「Story of Journey」を上映し、まずはゲストをふるさとの旅へお連れします。
どこか懐かしく、新しい…新郎新婦とゲストの距離がぐっと近くなる瞬間です。

◆披露宴では新郎新婦の「心のふるさと」をつくる時間を
披露宴ではゲストの皆様にご協力頂きながら、いつでも、いつまでも立ち帰れる「心のふるさと」をつくります。
お料理にも、おふたりのふるさとの食材を大切に使って、世界にひとつしかないおもてなしを致します。
大切なゲストの皆様と過ごすこの時間が、ふたりの新しい「ふるさと」となると考えています。

◆記念日プロデュース事業「プラチナムアニバーサリー」9月よりスタート 
70年以上、結婚式場としてお客様の幸せをプロデュースしてきた八芳園だからこそ実現できる特別な一日。お食い初め、ハーフバースデー、一升餅、誕生日、七五三、金婚式…家族や夫婦のお互いへの感謝や、お子様やお孫様との絆を強くすることで、人生をより豊かに過ごせるお時間をご提案してまいります。

【この件に関するお問い合わせ先】
株式会社八芳園 経営企画室 PR担当 高根
TEL:03-3443-3126
Email:pr@happo-en.com
八芳園公式サイト:リンク
FURUSATO公式サイト:リンク



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。