logo

定額CDN「エッジキャッシュ」にAPI機能追加!正規表現も正式サポート

合同会社レッドボックス 2015年09月01日 11時00分
From RELEASE PRESS



 定額CDN(コンテンツデリバリーネットワーク)サービスの提供を行う合同会社レッドボックス(本社;東京都世田谷区 CEO;小川 勝久)は、エッジキャッシュサービスの「キャッシュ削除リクエスト」について、正規表現の正式サポート及びAPIの提供を2015年09月01日から開始致します。( リンク)

エッジキャッシュサービスは、ソーシャルゲームや電子書籍などの大容量リッチコンテンツ配信に特化したCDNサービスです。
今回の機能強化により従来から提供している管理画面の他に、任意のリモート環境からAPI経由でキャッシュ削除を行う事が可能となりました。
これによりエンドユーザーがオリジンサーバーでファイルを更新したことをトリガーとし、API経由でキャッシュ削除リクエストを発行するなどWEBサイトへの組み込み・連係が容易となり、コンテンツ提供側のみならずエンドユーザーからのファイル更新にも柔軟に対応することが出来ます。

また、従来からBeta版で公開しておりました正規表現を正式サポート致しました。特定の拡張子のみキャッシュを削除することや、全てのキャッシュを一括削除するといった利用も可能となります。

削除リクエスト後、即時最新コンテンツが反映される独自機能「FastPurge」が管理画面・APIリクエスト共に適用されます。クラウド型CDNによくあるキャッシュ削除待ちが発生せず、スピーディな運用が可能です。



■新機能一覧

【キャッシュ削除(API対応)】

専用の管理画面から削除リクエストを行う以外にも、任意のリモート環境からAPI経由でキャッシュ削除を行う事が可能となりました。
キャッシュ削除を行う際に必要となるAPI Keyなどの情報は、管理画面からご確認頂くことが出来ます。

【正規表現のサポート】

従来までBeta版でご提供しておりました正規表現でのキャッシュ削除について正式に対応致しました。
管理画面・API経由のキャッシュ削除ともに正規表現指定が可能です。


■エッジキャッシュブランドとは

エッジキャッシュブランドは、プロトコルに依存しない様々なコンテンツのキャッシュ配信に特化したサービスグループです。

レッドボックスは低価格CDNのリーディングカンパニーとして、今後もお手頃な価格で様々な負荷分散をより簡単にできるサービスをリリースしていきます。

【レッドボックス公式ページ】
リンク

リリース詳細へ リンク
リリースプレスへ リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。