logo

HTML5ハイブリッドアプリ開発分野で提業務携

〜急増する企業システムのマルチデバイス化に迅速に対応〜

日本能率協会グループのシステムインテグレータである株式会社ジェーエムエーシステムズ(本社:東京都港区、代表取締役:丸尾健司、以下JMAS)とアシアル株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役:田中正裕、以下アシアル)は、企業向けのHTML5ハイブリッドアプリ開発分野において、業務提携に合意したことをおしらせします。

昨今、スマートフォンやタブレット端末の法人での利用が進むなかで、従業員が自分のモバイル端末を仕事で使う「BYOD(Bring Your Own Device)」も広がり、企業の業務アプリのAndroid、iOS、Windowsのクロスプラットフォーム対応の需要が急速に伸びています。

この度、JMASとアシアルは、高まるクロスプラットフォーム対応ニーズに応えるべく、HTML5ハイブリッドアプリ開発分野で業務提携を行いました。HTML5ハイブリッドアプリ開発は、Web標準技術でクロスプラットフォーム対応のアプリ開発が可能なため、特に企業の業務アプリ分野で採用されるケースが増えています。

提携の第一弾としてアシアルのモバイルアプリ開発プラットフォーム「Monaca」の開発パートナーとしてJMASが参画し、共同でのマーケティング、開発者育成、サービス開発などを実施します。すでにJMASでは、Monacaを使った金融機関向けの業務アプリ開発などの実績があります。

用語解説

<Monacaについて>
「Monaca」はアシアル株式会社が提供するiOS、Android、Windows 8 に対応した、CordovaベースのHTML5ハイブリッドアプリ開発プラットフォームです。開発者はHTML5を活用しながらワンソースで複数のOS向けのアプリを開発することができます。これにより、従来のネイティブベースのモバイルアプリ開発手法と比べ、より効率的に開発を行うことができます。

Webサイト:リンク

<株式会社ジェーエムエーシステムズについて>
日本能率協会(JMA)のコンピュータ事業部から発展的に独立し、1971年(昭和46年)に創立されたシステムインテグレータです。システムコンサルティング、ERPやBI等の各種パッケージソフトウェアの販売導入、受託開発、ネットワーク構築、法人向けスマートデバイス活用サービス等を提供しています。

ジェーエムエーシステムズ Webサイト:リンク


<アシアルについて>
国内PHP市場の黎明期の2002年に創業し、国内を代表するような大手企業から中堅企業の
WebシステムをPHPで開発してきました。また、近年HTML5分野での研究開発に力を入れており、HTML5ハイブリッドアプリ開発環境「Monaca」などの開発ツールを国内外の開発者に提供しています。この様な取り組みが評価をされ、2014 Red Herring Top 100 Asia、Red Herring Top100 Global、モバイルプロジェクト・アワード2014モバイルプラットフォーム・ソリューション部門で優秀賞を受賞しています。

アシアル公式サイト:リンク

関連情報
https://ja.monaca.io/
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。