logo

テレダイン・レクロイ、MIPI M-PHYプロトコル・ア ナライザ「Eclipse X34」がSSIC、MPCIe に加え、新たにUniPort/ UFSをサポート

テレダイン・レクロイ・ジャパン株式会社(代表取締役 原 直)は、MIPI M-PHYプロトコル・アナライザEclipse X34が新たにUniPort/ UFSをサポートすることを発表しました。当社はPCIe、NVMe、SATA Express等のプロトコル・アナライザの第一人者であり、多くの装置が開発や試験の現場で活用されています。これら高度な解析装置の使用によって、開発期間の短縮、高効率化、しいてはコスト削減に寄与しております。

テレダイン・レクロイのEclipse X34は、小型軽量で可搬性に優れ、様々な分野からの要求に応えられるよう多様な構成、拡張性を備えております。Eclipse X34 によって、SSIC、M-PCIe やUniPort/UFS規格による トラフィックの観測、捕捉、デコード及び解析が可能になります。

テレダイン・レクロイのEclipse X34は、High Speed GEAR1、GEAR2、GEAR3及びLow Speed G0-G7に対応し、単体で4 レーン、2台同時使用で8 レーン までの解析が可能になります。記録容量は単体使用時に4GB、メモリ・オプションにより32GBまでアップグレードが可能で、2台を連結すれば64GB まで使用可能となります。プローブはSMAコネクタ・ケーブル、マルチリードタイプ (半田付け)及びミッドバスを揃え、あらゆる場面に柔軟に対応します。

JEDEC UFS2.0はMIPI MPHY - UniPro (Unified Protocol) 上での動作を仕様としており、1 レーン 当たり 5.8Gbs (High speed Gear 3)、2 レーン までをサポートします。UniProはPHY Adapter、Data Link、Network、Transportの各層で構成され、UniPort/ UFSの開発設計に、高速シリアル解析やストレージ分野に経験豊富なテレダイン・レクロイが提供するEclipse X34 の大きな寄与が期待できます。

東芝 メモリ統括部 山川氏は次のように述べています。「開発者にとって、M-PHY、UniPort/UFSの開発を成功に導くにはEclipse X34のような機能性に富んだ解析装置が必要不可欠なものです。」

Uniport/UFS に対応したEclipse X34は、MIPIの規格に準拠した試験及び解析、デバッグツールとして提供されているオシロスコープ用アプリケーションUNIPROBusDと連携することができます。テレダイン・レクロイはさらに、エンド・ツー・エンドを通した規格適合試験の機能としてMIPIプロトコルを加えることになります。QPHY-MIPI-MPHYとQPHY-MIPI-DPHYは共にオシロスコープ上で走る自動コンプライアンス試験フレームワークQualiPHYを用いて、M-PHY及びD-PHYの送信器試験の実行と試験レポートの作成を自動で行うことができます。また、PeRT3はMIPI M-PHYをサポートしています。



【オーダー・インフォメーション】
製品名       仕様
「Eclipse X34」 MIPI M-PHYプロトコル・アナライザ、対応規格:SSIC、M-PCIe 、UniPort/UFS


【弊社ウェブサイトのURL】
リンク



【Teledyne LeCroy Inc.について】
Teledyne LeCroy Inc. は最先端の高度な測定・解析が行える計測機器を製造、販売しています。Teledyne LeCroy Inc.が提供する高性能のデジタル・オシロスコープおよびシリアル・データ・アナライザ、プロトコル・アナライザは多くの分野の電子設計技術者に幅広く利用されています。Teledyne LeCroy Inc.はニューヨーク州チェストナットリッジに本社を置いています。詳細については、ウェブサイト(リンク)をご参照ください。
なお、製品の仕様や発表内容は、予告なく変更されることがあります。


【この発表に関する問い合わせ先】
テレダイン・レクロイ・ジャパン株式会社
〒183-0006 東京都府中市緑町3-11-5
マーケティング・センター
Tel: 042-402-9400(代表) Fax: 042-402-9586
Email: contact.jp@teledynelecroy.com
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。