logo

10月31日開催 -- 東京家政学院大学 現代生活学部現代家政学科「現代生活学セミナー」食品ロスを考える-冷蔵庫の中から地球が見える-

東京家政学院大学 2015年09月01日 08時05分
From Digital PR Platform


東京家政学院大学現代家政学科は10月31日(土)に「現代生活学セミナー」を千代田三番町キャンパスで開催する。第5回目となる今回のテーマは「食品ロスを考える ―冷蔵庫の中から地球が見える―」。“食品ロス”問題について、学外での多様な活動をされている方々とともに、日本の暮らしの変容と課題、持続可能な社会の構築に向けて、私たち生活者、そして次代を担う学生たちに求められること・できることを考える。


◆東京家政学院大学現代家政学科 現代生活学セミナー 「食品ロスを考える ―冷蔵庫の中から地球が見える―」
【日 時】 10月31日(土)13:00~16:40
【会 場】
 東京家政学院大学 千代田三番町キャンパス
 (〒102-8341 東京都千代田区三番町22番地)

 ※参加費無料
 ※事前登録制(FAX・申込用紙<東京家政学院大学HPよりダウンロード>)

●プログラム
【全体司会】
  落合 佳那(現代家政学科4年)
1. 開会の挨拶
  植竹 桃子(現代家政学科教授)
2. 趣旨説明
  小野 由美子(現代家政学科准教授)
3. 食品ロス削減に向けた生活者・学生への期待
(1)行政から
  阿南 久 氏
  (消費者庁前長官、(一社)消費者市民社会をつくる会 理事長)
(2)NPOから
  マクジルトン・チャールズ 氏
  (フードバンク「セカンドハーベスト・ジャパン」理事長)
(3)地方自治体から
  羽田野 雅司 氏
  (松本市役所市民環境部)
(4)民間企業から
  関根 久仁子 氏
  (スターバックスコーヒージャパン(株))
4. 学生からの発言
  河元 梨奈(現代家政学科4年)ほか
5. パネルディスカッション「現代生活学と食品ロス」
  コーディネーター
  上村 協子(現代家政学科教授)
6. 総括
  上村 協子(現代家政学科教授)

▼本件についての問い合わせ先
 東京家政学院大学 入試広報グループ
 和久 雄亮(わく ゆうすけ)
 〒194-0292 東京都町田市相原町2600番地(町田キャンパス)
 TEL: 042-782-9412 
 FAX: 042-782-1711 
 E-mail: waku@kasei-gakuin.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。