logo

ジェナ×エムオーテックスの協業により業務用iOSアプリの稼働ログ取得をLanScope Anで実現!

エムオーテックス株式会社(本社:大阪市淀川区、代表取締役社長:河之口達也、以下MOTEX)は、株式会社ジェナ(本社:東京都中央区、代表取締役:手塚 康夫、以下ジェナ)との協業を発表します。これにより、ジェナが開発した業務用iOSアプリの稼働ログを、エムオーテックスが提供するスマートデバイス管理ツール“LanScope An”によって取得可能となります。



[画像: リンク ]

本協業は、ジェナの強みであるiPhone / iPadを中心としたスマートデバイスのアプリ受託開発におけるノウハウと、“LanScope An”のアプリ活用ログ取得機能およびログ分析を掛け合わせることで、スマートデバイスの管理・セキュリティ対策に加え、費用対効果の見える化やスマートデバイスの活用促進など、法人スマートデバイスの導入・運用・管理に寄与するソリューションを提供します。

企業におけるスマートデバイス導入が急速に進む一方で、導入した企業はスマートデバイスの効果的な活用方法に課題を抱えています。このような状況を背景に、業務用アプリの受託開発事業に関心が高まり、企業の課題を解決する業務アプリが法人スマートデバイスの導入におけるポイントとなっています。また、その関心はアプリの開発・利用に留まらず、アプリの活用状況の把握・分析にまで及んでいます。
“LanScope An”では、「どのデバイスで」・「いつ」・「どこで」・「どれくらい」そのアプリが活用されていたのか、アプリの活用状況をログとして取得することが可能です。これにより、導入したスマートデバイス自体の利用状況はもちろん、どのアプリがよく使われているのか、開発したアプリが正しく活用されているのかなど、利用状況を可視化することができるため、スマートデバイス導入の効果を高めることができます。


■株式会社ジェナ 手塚様より下記のコメントをいただいています。
エムオーテックス株式会社のLanScope AnによるiOS端末向け業務アプリの操作ログ取得機能の提供を心より歓迎します。これを契機に、弊社が多くの実績を持つiOS向けのアプリ開発においてLanScope Anと連携して、業務アプリの利用状況の見える化、分析を目的とした協業が多く創出されることを確信しています。
株式会社ジェナ 代表取締役 手塚 康夫


■“LanScope An”について
“LanScope An”は、企業におけるスマートフォンやタブレット端末の管理を行うことができるクラウド型のスマートデバイス管理ツールです。プラットフォームはMicrosoft Azureを採用し、管理対象のスマートデバイスにアプリをインストールすることで、端末のさまざまな情報を自動収集し管理することができます。また通常のMDM(Mobile Device Management)機能に加え、アプリの稼働情報や位置情報、操作ログを取得することで、導入したスマートデバイスの活用状況を見える化し、費用対効果の最大化に貢献します。
LanScope Anサイト:リンク


■ご参考:エムオーテックス株式会社について
MOTEXは、ネットワークシステム管理・ネットワーク情報漏えい対策商品LanScopeシリーズの企画・設計・開発から販売を一貫して行っているメーカーです。MOTEXは、今後もお客様の企業利益を創出するセキュリティ対策をご提案します。

社名: エムオーテックス株式会社
所在地: 〒532-0011 大阪市淀川区西中島5-12-12 エムオーテックス新大阪ビル
代表: 代表取締役社長 河之口達也
事業内容: 自社商品“LanScopeシリーズ”の企画・設計・開発・販売
資本金: 2,000万円
URL: リンク

※ iOS は、Apple Inc.のOS名称です。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。