logo

Samurai Fund、旅行者向け音声、ルート観光ガイダンスサービス事業の企画・開発・運営を行うyapQ,Ltd.に投資

株式会社サムライインキュベート(本社:東京都品川区、代表取締役CEO 榊原 健太郎)は、『Samurai Incubate Fund5号投資事業有限責任組合』より、2015年6月、yapQ,Ltd.(本社:イスラエル、CEO Yossi Neiman, Co-Founder Ran Bytton Eshel)に投資致しました。

yapQ,Ltd.は、2015年2月に設立、音声、ルート観光ガイダンスサービス事業『yapQ(リンク)』の企画・開発を行っています。




[画像1: リンク ]



■“yapQ” とは?
yapQは、旅行者に対して、世界中のどこにいてもリアルタイムで、周りにある観光スポットを、モバイルアプリとウェブサイト、ルートをリコメンドし、その観光スポット情報を音声で案内する、非常にシンプルで利用も簡単なサービスです。

■“yapQ”の目指す世界

世界で、最も旅行者が観光ガイダンスに利用するサービスプラットフォームを目指す。

■”yapQ”の3つの特徴

【1】観光スポットまでのルート案内
→どんな都市でも観光スポットまで、最短なルートを案内が可能です。

【2】オフラインでも利用可能
→インターネットコネクションがないオフライン環境でも利用が可能です。

【3】12言語の音声ガイダンス
→日本語を含む12言語で各地の観光スポット情報の案内が可能です。

今年度はイスラエル、ドイツ、ロシア、日本をメインターゲットに、
アクティブユーザー10万人を目指し、世界展開を図っていきます。


■”yapQ”補足情報

8月初旬、yapQはGoogle Chrome上にて、Airbnbのプラグインをリリースしました。Airbnbの宿泊先ページにて、現地の観光スポットをチェックできます。


参照:リンク

[画像2: リンク ]


プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。