logo

プレママ・ママの評価:「調理器具」の利用比較調査 妊娠・育児の『ベビカムライフスタイル研究所』が実施

ミキサー・フードプロセッサー・ハンディブレンダーの3品目について調査

株式会社デジタルブティック(本社所在地:東京都港区、代表取締役:安西正育)は、日本最大級の妊娠・出産・育児情報サイト「ベビカム」において、「調理器具(ミキサー・フードプロセッサー・ハンディブレンダー)」についてのアンケートを実施しました。



[画像1: リンク ]

[調査概要]
■調査名: 「調理器具(ミキサー・フードプロセッサー・ハンディブレンダー)」についてのリサーチ
■調査方法: 妊娠・出産・育児サイト「ベビカム」で調査
■応募期間: 2015年8月11日(火)~8月19日(水)
■調査対象: 妊活中・妊娠中・育児中の方 230名

※本調査の結果の詳細は、ベビカム内「ベビカムライフスタイル研究所」ページにて公開しています。
ベビカムライフスタイル研究所(リンク

この調査では、ベビカムの会員を対象に、パナソニック(Panasonic)、バーミックス(bamix)、ブラウン(Braun)、ティファール(T-fal)、テスコム(TESCOM)、ボッシュ(BOSCH)、クイジナート(Cuisinart)、貝印のの8つのメーカー・ブランドについて、回答を頂きました。
評価基準としては、調理機能の充実度、安全性の高さ、使いやすさ、デザインの良さ、収納のしやすさ、コストパフォーマンスという6つの指標を設定し、それぞれについて5段階で評価してもらいました。
[画像2: リンク ]



【調査結果の概要】
■『ティファール』が上位に、『パナソニック』『バーミックス』も人気

5項目で、フランスのブランド『ティファール』が1位という結果に。「シンプルで使いやすいデザイン」(32歳女性、お子さん0歳、4歳)「調理器具については大手で有名だから」(32歳女性、お子さん3歳)「分解できるので、コンパクトにしまえる」(22歳女性、お子さん0歳)などの声がありました。

「安全性の高さ」で1位となった『パナソニック』は「日本製で信頼できるメーカーだから」(23歳女性、お子さん0歳)という意見が圧倒的でした。

2位以下に多くランクインしたスイス製『バーミックス』は、「刃のタイプがいろいろあり使い分けしやすい」(32歳女性、お子さん0歳)といったコメントがありました。

■離乳食に重宝。ハンディタイプが人気
回答者のみなさんからは、『ミキサー・フードプロセッサー・ハンディブレンダー』について、さまざまな自由回答が寄せられました。

これらの調理器具は、食材を短時間で砕いたり混ぜたりすることができ、調理時間の短縮に役立ちますが、
「洗うのが面倒くさいしパーツが多いと洗い物が大変、置き場所にも困る」(28歳女性、お子さん0歳)
「調理にとても役立ちますが、置き場所や洗いにくさや収納の面倒さのせいで、使わないでしまってあることが多いです」(34歳女性、お子さん0歳)
など、洗浄や収納の手間に悩む方も多いようです。

「もっともよく使うのはどれですか?」とお聞きしたところ、1位はハンディブレンダー(27%)、2位はミキサー(24%)、3位がフードプロセッサー(19%)でした。
「コードレスのハンディブレンダーは、使いたいときに、サッと出し入れでき、使用頻度が高くなり、満足している」(26歳女性、お子さん0歳)など、ハンディタイプの商品は、コンパクトで扱いやすいことが魅力のようです。

こうした調理器具を、小さいお子さんがいる方は、離乳食作りに便利に活用しているようです。
「便利。離乳食にも大活躍でなくてはならない調理器具」(41歳女性、お子さん1歳、6歳)
「離乳食を作るようになって、便利だなと改めて思いました」(37歳女性、お子さん0歳)
「これがあるとないとでは、離乳食作りの概念が変わる気がします」(31歳女性、お子さん0歳、6歳)などのコメントがありました。
「もう少し音が静かなミキサーがほしい」(33歳女性、お子さん0歳)という、赤ちゃんのママならではの切実な意見もありました。

■サイト情報
ベビカム(リンク
日本最大級の妊娠・出産・育児の情報サイト。1998年開設。コミュニティやブログサービスのほか、最新の医療、生活、商品情報を提供。妊娠・育児分野を中心とした大手企業からの協賛により運営しています。
また、仕事と子育てを両立したい女性たちを支援するWorkSmart事業も展開。2014年には、WorkSmartと日本屈指の子育てサポートを行う大分県豊後高田市との取り組みが総務省に認められ、地方創生に資する「地域情報化大賞」の奨励賞を受賞しました。
会員数:278,000人
ユニークユーザ数:約200万人(月間)、900万人(年間)

■会社概要
株式会社デジタルブティック
インターネットの「コミュニティ」を活用して世の中に貢献するために1996年に設立。年間600万人以上のママたちが訪れる日本最大級の育児コミュニティサイト「ベビカム」を1998年から運営し、子育て中の女性の就業支援や、子ども向けの教育などに関わる事業を行うとともに、本田技研工業やNTT東日本のコミュニティ企画・運営をはじめ、数多くの企業に向けて、コミュニティの企画コンサルティング、制作、マーケティング、運営サービス等を提供する。また、幼児向け英語コミュニケーションサービス「DreamPIE」では、オンラインレッスンを中心に、英語で楽しめるさまざまなことを提供している。

商号: 株式会社デジタルブティック
設立: 1996年2月20日
資本金: 1億3732.2万円
代表取締役: 安西正育
所在地: 東京都港区芝浦1丁目13番10号 第3東運ビル3階
電話: 03-5439-5488
FAX: 03-5439-5489
事業内容: ベビー関連事業、女性の就業支援事業、教育事業、企業へのコミュニティ提供事業など
ホームページ: リンク

【本リリースに関するお問い合わせ先】
株式会社デジタルブティック 担当:岡澤
TEL:03-5439-5488/FAX:03-5439-5489
E-Mail:prs@digiboutique.or.jp

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。