logo

アクセンチュア、次世代ビジネススイートSAP S/4HANAの導入支援サービスの提供を開始

アクセンチュア株式会社 2015年08月28日 11時15分
From 共同通信PRワイヤー

2015/8/28

アクセンチュア株式会社

アクセンチュア、次世代ビジネススイートSAP S/4HANAの導入支援サービスの提供を開始
~超高速・予測型の経営モデル構築を支援し、日本企業のイノベーション創出に貢献~

アクセンチュア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:程 近智、以下アクセンチュア)は、SAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:福田 譲、以下SAPジャパン)が提供する次世代ビジネススイート「SAP(R) S/4HANA」の日本企業向けの導入支援サービスを開始します。アクセンチュアは本サービスを通じて、デジタル時代に求められる超高速・予測型の経営モデル構築を支援し、日本企業のイノベーション創出に貢献します。

ソーシャルメディア、モビリティ、アナリティクス、クラウド、センサー技術などの普及によって、バリューチェーン全体でデジタル化が進展しており、企業を取り巻く競争環境は従来の産業の壁を越え、グローバル規模で劇的に変化しています。こうした中で企業が競争に勝ち抜くためには、市場の変化をタイムリーに予測し、スピーディ且つ高い精度で意思決定ができる経営モデルを構築することで全く新しい顧客体験やサービス価値を生み出していくことが欠かせません。

この度、アクセンチュアが提供を開始するサービスは、革新的なインメモリプラットフォームSAP(R) HANAに対応するSAP(R) S/4HANAの導入によって、激化する競争環境においても持続的なビジネス成長やイノベーションの創出に貢献するもので、単に企業ITシステムやプラットフォームの導入・構築に留まりません。バリューチェーンの隅々から吸い上げられる大量のデータを高速処理・分析し、将来の経営リスクや新たな事業機会を先見できるデジタル時代の予測型経営モデルや、革新的な顧客体験やサービスを創造するための経営基盤の構築に貢献します。

アクセンチュアは、この度のSAP(R) S/4HANAへの導入支援サービスを通じて、最先端のデジタルテクノロジーをビジネスに融合させた次世代経営戦略の策定から、変革を実現するための企業システム基盤の構築、さらにはそうしたシステムや業務の運用・保守までを一貫して支援していきます。さらに、マネージド型クラウドサービスであるSAP(R) HANA Enterprise Cloudなどを活用することでオンプレミスだけでなくクラウドによるサービスも提供し、SAP(R) S/4HANA導入時の初期投資を抑制しつつも常に最先端のテクノロジーにアクセスできるIT基盤の整備に貢献します。アクセンチュアではこうした一気通貫のサービスにより、既存のERP(統合基幹システム)からSAP(R) S/4HANAへの安定的且つスムーズな移行、さらにはインメモリコンピューティングなどの最先端技術を活用したデジタル時代のビジネスモデルへの進化を、既存のビジネスのスピードを落とすことなく、確実に実現していきます。

また、アクセンチュアではSAP HANA関連の認定コンサルタント資格取得数が国内のSAPパートナー企業の中で最多*1となっており、こうしたSAP HANAに関する専門性を有した豊富な人材が、世界中のエキスパートと協業し、業界横断でSAP HANAによるビジネス価値創出、イノベーションの実現に貢献します。

アクセンチュア テクノロジーエコシステム&プラットフォーム統括 シニア・マネジング・ディレクターのマーク・ウィルフォード(Mark Willford) は次のように述べています。「常につながり合い、データ指向のビジネスが行われる世界で企業が競争優位性を確保できるよう、アクセンチュアは超高速なビジネスを実現するための様々なソリューションを提供しており、ソーシャルやモバイル、アナリティクスやクラウドなどのデジタルテクノロジーやインメモリコンピューティングのような革新的テクノロジーを企業のIT基盤構築に統合するための支援を行っています。こうした中、SAP(R) S/4HANAは、SAP HANAの価値を最大化させる強力なプラットフォームであり、デジタル時代のイノベ―ション創出に貢献するものだと確信しています。」

アクセンチュア株式会社 テクノロジー コンサルティング本部 SAPビジネスインテグレーショングループ統括 マネジング・ディレクターの米澤 創一は次のように述べています。「アクセンチュアが持つ業界に特化した知見やソリューション、システム構築能力、グローバルで様々な企業の変革を支援してきた実績と、SAP社の持つSAP HANAをはじめとする最先端のソリューションを組み合わせ、デジタル時代に相応しいソリューションを開発・提供することで、日本企業のお客様のイノベーション創出に貢献していきます。アクセンチュアではSAP HANAの市場導入前から、SAP HANAのような革新的なインメモリコンピューティングの技術が企業経営変革のためにERPに活用されることを想定して継続的に投資を行ってきました。この度のSAP(R) S/4HANAを活用したソリューションにより、変化の激しい市場においてもお客様の競争力を一層強化することができると確信しています。」

アクセンチュアは世界中に42,000人以上のSAP専門スタッフを擁し、30年以上SAP社との親密なパートナーシップのもとでSAPソリューションを提供しています。世界中の企業や公共機関の変革支援するために、これまでに1,400社以上を超えるお客様と2,500以上のSAP導入プロジェクトに携わってきました。アジア太平洋地域においてもSAPソリューションに関して高い評価を得ており、フォレスター・リサーチ社から発表された最新の「The Forrester Wave:アジア太平洋地域におけるSAPサービスプロバイダー 2015年第2四半期レポート*2」において、アクセンチュアはトップ企業に選出されました。アクセンチュアは、本レポートにおいて「戦略的ビジョン」、「協働イノベーション」および「グローバル・デリバリー」の分野にて同率1位の評価を獲得し、「実装サービス」、「顧客数・契約数」の分野では単独トップの評価を得ています。

国内でもSAPジャパンがパートナー企業に授与する「SAP AWARD OF EXCELLENCE 2015」において、サービス・パートナー部門の「ザ・ベスト・サービス・パートナー・アワード」とSAP戦略ソリューション部門の「インダストリー・ソリューション・アワード」の2つを受賞しています。「ザ・ベスト・サービス・パートナー・アワード」に関しては、アクセンチュアがサービス・パートナーとして、2014年度の新規SAPライセンス売上げ、プロジェクトの実行において最高位の実績を挙げたこと、また、戦略インダストリーにおいて卓越したソリューション提供に貢献したことが評価され、受賞に至りました。また、「インダストリー・ソリューション・アワード」については、優れた知見とソリューションにより、公益企業における新時代の中核システム構築をデザイン、提案し、お客様におけるSAPソリューションの導入に貢献したことが評価されました。アクセンチュアでは、こうした「SAP AWARD OF EXCELLENCE」を11年連続11回受賞しており、SAP技術を活用したプロジェクトでの実績が高く評価されています。

*1 SAPジャパン発表 2015年6月5日時点
*2 The Forrester Wave:アジア太平洋地域におけるSAPサービスプロバイダー 2015年第2四半期レポート、フレデリック・ギロン著、2015年6月3日発行。本レポートは「提供サービス」、「戦略」、「マーケット実績」という3分野の34項目について10社のベンダーを評価しています。レポート全文はリンク (英語)をご参照ください。

<SAPジャパン株式会社様からのコメント>
SAPジャパン株式会社は、アクセンチュア株式会社が「SAP(R) S/4HANAの日本企業向けの導入支援サービス」を開始された事を歓迎いたします。SAPのグローバルパートナーであるアクセンチュアのグローバル企業様との豊富なプロジェクト経験、経営・テクノロジーのノウハウにより、日本企業様のグローバルビジネスの成長に貢献されることと確信しています。

SAPジャパン株式会社 パートナー統括本部 統括本部長 宇都宮 隆二 様

アクセンチュアについて
アクセンチュアは、経営コンサルティング、テクノロジー・サービス、アウトソーシング・サービスを提供するグローバル企業です。33万6,000人以上の社員を擁し、世界120カ国以上のお客様にサービスを提供しています。豊富な経験、あらゆる業界や業務に対応できる能力、世界で最も成功を収めている企業に関する広範囲に及ぶリサーチなどの強みを活かし、民間企業や官公庁のお客様がより高いビジネス・パフォーマンスを達成できるよう、その実現に向けてお客様とともに取り組んでいます。2014年8月31日を期末とする2014年会計年度の売上高は、300億USドルでした(2001年7月19日NYSE上場、略号:ACN)。
アクセンチュアの詳細はwww.accenture.comを、
アクセンチュア株式会社の詳細はwww.accenture.com/jp をご覧ください。

SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。