logo

株式会社セシオス、マイナンバー対策ソリューションとしてSaaS型 認証・ID管理サービス「SeciossLink」の機能を強化

株式会社セシオス(東京都新宿区、代表取締役 関口薫)は、SaaS型 認証・ID管理サービス「SeciossLink」がマイナンバー対策として機能強化をしていくことを発表します。

2015年10月からマイナンバーが通知され、2016年1月から利用が開始されますが、マイナンバーを含む特定個人情報の取り扱いを安全に行うためのソリューションが求められています。

特定個人情報はファイルサーバや人事、会計システムなどのクラウドサービスに格納されると予想され、各システムへのアクセス制限が重要なポイントの1つとなっています。

SaaS型 認証・ID管理サービス「SeciossLink」はシステムへのアクセスを様々な方法で制限することができるため、マイナンバー対策ソリューションとして大変有用です。

■アクセス制限
・IPアドレス制御・・・社内からのみアクセスを許可し、外部NWからのアクセスを遮断します。
・時間帯アクセス制御・・・業務時間帯のみアクセスを許可し、時間外のアクセスを遮断します。
・指定ユーザアクセス制御・・・指定ユーザのみ、特定サービスにアクセスを許可します。
・端末制御機能・・・許可されたPC、スマートフォンからのみアクセスを許可します。

■多要素認証
・証明書認証・・・ID/Passに加えて証明書が導入されている端末のみ利用を許可します。
・ワンタイムパスワード認証・・・ID/Passに加えてワンタイムパスワードを要求します。
・FIDO U2F認証・・・FIDO規格に対応したUSBキーで認証を行います。

■その他 便利な機能
・証明書CA局連携・・・CA局と連携し、自動的に証明書を取得、配布できます。
・認証ログの取得・・・いつ、誰が、どのシステムへログインしたか全て記録しています。

今後もマイナンバー対策ソリューションとして安心してご利用いただけるよう更なる機能強化を行っていきます。

<お問い合わせ先>
株式会社セシオス
〒162-0801 東京都新宿区山吹町362 みどりビル4F
URL: リンク
Email: sales@secioss.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。