logo

凌芸舎(RYOGEISYA Inc.)、伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)と共同でビジネス向けコミュニケーションサービス「tocaro(トカロ)」の提供を開始。

株式会社 凌芸舎 2015年08月27日 12時00分
From PR TIMES



[画像1: リンク ]

株式会社凌芸舎(英語名:RYOGEISYA Inc. 本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:窪島剣璽、以下当社)は、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(代表取締役社長:菊地 哲、本社:東京都千代田区、略称:CTC)と共同で開発した、社内外のユーザとのチャットや、ファイル、タスクの共有を簡単に行うことができるビジネス向けコミュニケーションサービス「tocaro(トカロ)」の提供を開始いたします。
[画像2: リンク ]



近年、各企業が業務の効率化を推進する中、社員が電話やメール、会議等のコミュニケーションにかける時間は勤務時間の多くの合を占めています。
手軽に情報を共有でき、コミュニケーションの効率化が可能なSNSやメッセージアプリは個人向けには広く普及していますが、ビジネスでの活用に際しては、履歴やセキュリティなどの管理面で課題がありました。

「tocaro(トカロ)」は、基本機能が無料で利用できる「フリープラン」、個人・チームでの利用に適した「パーソナルプラン」、セキュリティや管理機能を強化した企業向けの「エンタープライズプラン」を用意しています。

ファイル共有については、アップロードしたファイルが全てクラウド上で暗号化されるため、安心して使用することができます。また、エンタープライズプランでは、システム管理者が、アクセス履歴や削除済みメッセージを含めて、メンバーの操作履歴を把握することができ、業務の効率化とセキュリティの確保が両立できます。
[画像3: リンク ]

<tocaroの主な特長>
1.メールよりも速い効率的なコミュニケーション
チャットを使用することで「会話」のように、情報共有を行います。
URLのクリックを必要としないウェブサイトの簡易表示、メッセージ本文やファイル名での検索などが可能です。
2.画像やドキュメントなどファイルを一元管理
アップロードされたファイルは保存と同時に時系列で一覧表示され、
チームメンバーと簡単に情報共有ができます。ファイルに対して直接コメントすることができます。
3.チームの課題を解決するタスク共有
タスクには内容、期日、重要度、担当者を割り当てることができます。
タスクを共有することでチームやプロジェクト全体の課題、ゴールなどを明確化できます。
4.マルチデバイスでどこからでもアクセス可能
PCの他に、スマートフォンやタブレットなどマルチデバイスで利用可能です。
外出先からでもメンバーとのチャットやファイル確認ができます。
5.ファイルにラベルを付けて簡単に検索
ファイルにラベルを付けることで、簡単にファイルが検索できます。
アップロードを行った人やファイルの拡張子などでファイルの絞り込みも可能です。

今後は、多言語対応や、他のクラウドサービスとの連携など、ビジネス上のコミュニケーションを活性化できる新しい機能を拡充することで、tocaroの普及を通してお客様の業務効率化に貢献していきます。

--------------------------------------------------------------------------------
株式会社凌芸舎(RYOGEISYA Inc.)
本社所在地:東京都渋谷区松濤1-29-11 2階 スタジオリョウゲイシャ
設立年月日:2007年6月
資本金:10百万円
代表者:代表取締役 窪島剣璽
事業内容:WEB開発事業、地域振興事業、広告代理事業、スポーツマーケティング事業
URL:リンク
--------------------------------------------------------------------------------
<本件に関するお問合せ先>
株式会社凌芸舎(RYOGEISYA Inc.)
広報担当: 窪島 井上
Email: contact@ryogeisya.co.jp

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。