logo

株式会社ZMPとパーク24株式会社 駐車場における自動駐車の共同実証実験について

パーク24株式会社 2015年08月27日 10時00分
From PR TIMES

 株式会社ZMP(本社:東京都文京区/代表取締役社長:谷口恒、以下「ZMP」)と、パーク24株式会社(本社:東京都千代田区/代表取締役社長:西川光一、以下「パーク24」)は、駐車場における自動駐車の実現に向け、実証実験に着手し、その内容を8月27日開催の第7回ZMPフォーラムにて報告いたしました。

 国内で1年間に発生する交通事故の件数は、2006年以降減少傾向にあるものの、2014年の交通事故件数は約57万件にものぼります。中でも、駐車場における事故は多く、一般社団法人日本損害保険協会東北支部が実施した「東北6県の車両事故実態に関するモニタリング調査」(2013年1~12月対象)によると、全車両事故(「車両保険」で利用された事故)のうち、約3割が駐車場内で発生しています。
 また、パーク24が実施した「運転テクニックに関する調査」(2014年12月実施)では、苦手な運転として「バック」が22%、「駐車」が16%となるなど、駐車に対する苦手意識の高さがうかがえる結果となりました。

 今回の実証実験は、駐車場での事故削減に向け、完全自動駐車を実現するための車両側でのテクノロジー及び駐車場側での施設設計の在り方、それらに関わる走行データの取得など、今後の解決すべき課題を明確にするために実施したものです。

 ZMPは、「Robot of Everything 人が運転するあらゆる機械を自動化し、安全で、楽しく便利なライフスタイルを創造する」というミッションのもと、ロボット技術をベースに自動運転技術を開発しており、2014年からは公道での自動運転実証実験を開始、2015年5月にはロボットタクシー株式会社を設立、ドライバーのいない無人タクシーの実用化に向けて事業を進めております。

 パーク24は、人とクルマと街との調和のとれた「快適なクルマ社会」の実現に向け、2015年7月末現在、47都道府県において14,979件 520,873台のタイムズ駐車場を展開しています。この他、タイムズ駐車場のネットワークを活かして展開しているカーシェアリングサービス「タイムズカープラス」や、レンタカーサービス「タイムズカーレンタル」、ロードサービスなどの交通インフラサービスを提供しています。

 ZMPとパーク24は、今後もより安全で使いやすい運転環境構築のために、自動駐車の実現に向け共同で検討を進めてまいります。

【株式会社ZMP】
リンク
本社: 東京都文京区 代表取締役社長: 谷口 恒
「Robot of Everything 人が運転するあらゆる機械を自動化し、安全で、楽しく便利なライフスタイルを創造する」というミッションのもと、1.ADAS(先進運転支援)、自動運転技術開発用プラットフォームRoboCar(R)シリーズ及びセンサ・システムの開発・販売、2.移動体メーカ(自動車、商用車、建設機械、農業機械、物流搬送機器、屋外作業機械等)向け自動運転等の開発支援、実験代行RoboTest(R)、3.物流支援ロボットCarriRo(R)の開発・販売を行っています。2015年5月にはDeNAと人の移動を楽にする「ロボットタクシー(株)」を、8月にはソニーモバイルコミュニケーションズと自律型無人航空機を用いた産業用ソリューションを開発・提供する「エアロセンス(株)」を設立するなど、ZMPは世の中に感動を与える製品やサービスを提供してまいります。

【パーク24株式会社】
リンク
本社: 東京都千代田区 代表取締役社長: 西川 光一
無人時間貸駐車場のパイオニアとして、全国47都道府県で14,979件 520,873台のタイムズ駐車場を運営しています。2009年には、タイムズ駐車場のネットワークを活かしたカーシェアリングサービス「タイムズカープラス」を開始し、現在は42都道府県に7,064カ所12,616台を展開しています。この他、レンタカーサービス「タイムズカーレンタル」やロードサービスなどの提供により、いつでもどこでも安心してクルマが利用できる、ストレスのない「快適なクルマ社会の実現」を目指しています。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。