logo

映画『シロナガスクジラに捧げるバレエ』監督・脚本・撮影 坂口 香津美 氏 インタビュー

株式会社クリーク・アンド・リバー社が運営するCREATIVE VILLAGEのインタビューコーナーにて、映画『シロナガスクジラに捧げるバレエ』の監督・脚本・撮影を務めた坂口香津美氏にインタビューを行いました。



家族や若者を主なテーマにテレビのドキュメンタリー番組約200本の企画演出を手掛けた坂口氏。映画監督としても、劇映画やドキュメンタリー映画を世に送り出しています。
9月19日に公開される坂口氏の最新作『シロナガスクジラに捧げるバレエ』は津波で家族を失った幼い姉妹の心の旅路を描く物語。本作はサイレント映画であり、iPhone6を使って撮影されたシーンがあるなど、坂口氏ならではの表現技法が随所にちりばめられています。
坂口氏がなせ“家族”にこだわるのか、映画を作り続ける原動力となっているものは何か、その理由がインタビューで明らかになっています。

▼インタビューはこちらをご覧ください。
リンク

-------------------------------------------------------------------
■オフィシャルサイト
リンク

■MotionGalleryで本作のクラウドファンディングを実施中!<2015年8月26日23:59まで>

[画像1: リンク ]

★坂口監督からのコメント
映画は観られて初めて完結します。しかし、映画を全国に広げたいと思うと配給には一定の資金力が必要です。クラウドファンティングは、そのための大きな支えとなってくれる可能性のあるプロジェクトです。8月26日(水)締め切りで現在、映画『シロナガスクジラに捧げるバレエ』のクラウドファンティング(『モーションギャラリー』)に挑戦中です。YouTubeでぜひとも予告編をご覧下さい。何か胸にしみるものを感じたらクラウドファンディングのページもご覧下さい。次回作は企画の段階から挑戦したいと思っています。
▼モーションギャラリーはこちら
リンク


■作品情報
『シロナガスクジラに捧げるバレエ』
9月19日よりユーロスペース(渋谷)にて公開ほか、全国順次公開予定
※木・金曜日レイトショーは英語字幕入り上映


[画像2: リンク ]

監督・脚本・撮影:坂口香津美
プロデューサー:落合篤子
演奏:海野幹雄(チェロ)、新垣隆(ピアノ)
サウンドデザイン:今泉徳人(日本アコースティックレコーズ)
音楽録音:若生浩(アウローラ・クラシカル)、服部文雄
音楽協力:新演奏家協会、エナスタジオ 田仲範行
制作協力:ダブルフォックス
キャスティング協力:原田努務
編集:坂口香津美、落合篤子
英語字幕:加藤綾華シンディー 海外アドバイザー:長谷川敏行
題字:小澤菜穂
宣伝メインビジュアル画:藤原舞子
宣伝美術:森山真至(CLASS)
製作・配給:スーパーサウルス
特別協力:クリーク・アンド・リバー社


==================================
【この件に関するお問い合わせ】
株式式会社クリーク・アンド・リバー社
経営企画部 TEL:03-4550-0008

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。