logo

日立システムズがカナダのグローバルITセキュリティサービスプロバイダ アバブセキュリティ社を買収

マネージドセキュリティサービス事業とセキュリティコンサルティング事業のグローバル展開を加速

株式会社日立システムズ(代表取締役 取締役社長:髙橋 直也、本社:東京都品川区/以下、日立システムズ)とカナダのグローバルITセキュリティサービスプロバイダであるAbove Security Inc.(本社:カナダ モントリオール市、社長兼CEO:Ray Georges Chehata(レイ・ジョージズ・チェハタ)/以下、アバブセキュリティ社)は、日立システムズがアバブセキュリティ社を買収、完全子会社化することを決定したことをお知らせします。今後、10月中の買収完了に向けた手続きを進めます。
日立システムズは本買収により両社の強みを融合し、国内外のグループ会社を活用して、日本をはじめ、北米、欧州、インド、東南アジアにおけるマネージドセキュリティサービス事業(*1)およびセキュリティコンサルティング事業を強化します。

*1マネージドセキュリティサービス:統合SOC(Security Operation Center)運用ソフトウェアを用いて、顧客システムの構成サーバーや機器に対し、 セキュリティ診断による問題点の洗い出しや、セキュリティ監視によるセキュリティインシデントの早期検知を実施し、顧客に優先度をつけてセキュリティ対策を示唆するサービス。

日立グループは、社会や企業が抱える課題、ニーズをプロダクト、サービス、ITを組み合わせて解決する社会イノベーション事業を、グローバルに推進しています。
社会におけるITシステムやWebサービス、データの重要性が増す一方で、それらに対する悪意のある攻撃による情報の搾取やシステムダウンなどの被害が頻発しており、セキュリティサービスのニーズが高まっています。さらに、電力・ガス・水道などの社会インフラ分野や、あらゆるものがネットワークにつながるIoT(Internet of Things)分野でのセキュリティ対策の重要性も高まりつつあります。
こうした中、日立グループにおける情報・通信システム事業の中核企業である日立システムズは、注力事業であるセキュリティ事業の強化とグローバル展開に向けた検討を進めてきました。

一方、アバブセキュリティ社は、カナダとメキシコ、スイスにSOCを持つ世界でも有数のグローバルITセキュリティサービスプロバイダの一社です。世界で40カ国以上の顧客に向けて自社開発の高機能な統合SOC運用ソフトウェアを活用したマネージドセキュリティサービスや、各国・各業種に特有のセキュリティ標準や規則などに対応したセキュリティコンサルティングサービスを提供しています。近年、さらなる事業拡大に向けて、日本やアジアにおける事業基盤確保と欧州事業の拡大、マネージドセキュリティサービス事業、セキュリティコンサルティング事業の強化を検討していました。

こうした背景のもと、このたび日立システムズは、アバブセキュリティ社を買収し、完全子会社化することを決定しました。両社の製品・サービスや技術・ノウハウ、経営リソースを融合することで、マネージドセキュリティサービスとセキュリティコンサルティングを中心とする、より高度で多彩なITサービスをグローバルに提供できるようになります。特に、これまでアバブセキュリティ社の顧客基盤がなかったアジアや南欧において、今後、日立システムズが有するインドや東南アジア、イタリアのグループ会社を通じて、両社の技術を生かしたセキュリティサービスを順次提供し、さらなる事業拡大を図っていきます。

日立システムズグループは中期経営計画で掲げる2015年度売上高5,000億円、海外売上高比率10%の目標達成に向け、各種施策を展開しています。今回の買収によりグローバル事業の強化・拡大を図り、本目標の達成をめざします。


日立システムズ 代表取締役 取締役社長 髙橋 直也のコメント

アバブセキュリティ社を日立システムズグループに迎えられることを大変嬉しく思います。セキュリティ事業は、重要なITサービスの一つであり、今後さらにニーズや重要性が高まると見込まれています。日立システムズには、長年にわたり日本市場で培ったセキュリティサービスの技術・ノウハウ、セキュリティサービス基盤である「SHIELD SOC」(*2)、欧州、アジアの事業基盤などの強みがあります。これらの強みをアバブセキュリティ社が有するグローバルサービス基盤や技術・ノウハウと融合することで、先進的なITサービスを生み出し、世界中の企業に向けて積極的に展開してまいります。
*2セキュリティの運用、監視を行う日立システムズのセキュリティオペレーションセンター


アバブセキュリティ社 CEO レイ・ジョージズ・チェハタのコメント

当社は、変化の激しいITセキュリティ市場における競争力維持のため、1年半前にグローバル成長戦略を策定致しました。この成長戦略の一環として、2015年2月にセキュリス社(カナダ/ウィニペグ市)を買収し、今回、日立システムズグループに加わることに致しました。日立システムズは、当社とビジョンを共有し、当社が独立した会社として引き続き事業を行うことを認めてくれるグローバルパートナーです。これによりアバブセキュリティ社は、これまで以上にお客さまに高品質なサービスを提供し、価値あるグローバル企業として成長できることを期待しています。


アバブセキュリティ社の概要

商号
Above Security Inc.

設立年
1999年

本社所在地
カナダ ケベック州モントリオール市

拠点
カナダ、アメリカ合衆国、メキシコ合衆国、スイス連邦

URL
www.abovesecurity.com

代表者
President and CEO:Ray Georges Chehata

従業員数
約120名(連結)

事業内容
マネージドセキュリティサービス事業、セキュリティコンサルティング事業



日立システムズの概要

商号
株式会社日立システムズ

設立年
1962年

本社所在地
〒141-8672 東京都品川区大崎一丁目2番1号

URL
www.hitachi-systems.com

代表者
代表取締役 取締役社長 髙橋 直也

売上高
430,377百万円(2015年3月期、連結)

従業員数
17,995名(2015年3月末日現在、連結)

事業内容
システム構築事業、システム運用・監視・保守事業、ネットワークサービス事業、情報関連機器・ソフトウェアの販売と開発


日立システムズのサイバーセキュリティへの取り組みについて
リンク


日立システムズについて

株式会社日立システムズは、幅広い業務システムの設計・構築サービス、強固なデータセンター基盤を活用したアウトソーシングサービス、全国約300か所のサービス拠点とコンタクトセンターによるお客さまに密着した高品質な運用・保守サービスを強みとするITサービス企業です。日本のIT黎明期から先駆的に取り組んできたITサービスの実績・ノウハウを生かし、システムのコンサルティングから構築、導入、運用、保守まで、ITのライフサイクル全領域をカバーするワンストップサービスを提供しています。そして、ITの枠組みを超えてお客さまに新たな価値を創造し、お客さまからすべてを任せていただけるグローバルサービスカンパニーをめざしています。
詳細は、リンクをご覧ください。


アバブセキュリティ社について

アバブセキュリティ社は、1999年設立のグローバルITセキュリティサービスプロバイダであり、お客さまの情報インフラ内にある最も重要でセンシティブなIT資産を、24時間365日体制で監視・防御するサービスを提供しています。同社のミッションは、すべての人々にとってインターネットをより安全な環境に保つことであり、これにより、人とビジネスに最大限の可能性を与え、先進的なコラボレーションと無限の技術革新をもたらす信頼関係を築くことができるようになります。
アバブセキュリティ社は、中堅・中小規模企業から、フォーチュン500に選ばれるような企業、特に金融業界や政府のような厳しい規制に基づいたプロセスの遵守や、膨大な重要データの保管を求められる産業のニーズを満たすサービスを提供できます。
アバブセキュリティ社は、カナダ、メキシコ、スイスに合計4か所のSOCを有し、世界で40カ国以上の国において、250以上の企業や公的機関に対してサービスを提供した実績があります。
詳細は、リンクをご覧ください。


報道機関のお問い合わせ先

株式会社日立システムズ
CSR本部 コーポレート・コミュニケーション部 矢野、杉山
〒141-8672 東京都品川区大崎1-2-1
TEL:03-5435-5002(直通)
E-mail:press.we@ml.hitachi-systems.com

以上

詳細はこちらからリンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。