logo

人工知能を用いた今までにない英会話スタイルを提供 「AI英会話」

2015年8月25日(火)リリース

ウェブリオ株式会社(東京都新宿区 代表取締役:辻村直也、以下ウェブリオ)は、人工知能技術を用いた英会話「AI英会話」(URL:リンク)を2015年8月25日(火)に提供開始いたします。



[画像1: リンク ]

2020年の東京オリンピック開催を見据え、文部科学省により小・中・高等学校を通じた英語教育全体の抜本的充実を図る「英語教育改革実施計画」。英語を社内公用語化する企業の増加など、国際化が進む日本において英語の能力を重要視する傾向は高まってきています。


こうした背景を受け、ウェブリオでは、人工知能技術を用いた「AI英会話」をローンチ。 本サービスは、「AI(人工知能)と会話をするなかで自然に英語を身につける」ことができるサービスです。AI(人工知能)を用いたアバターとの英会話で、今まで経験したことがないような英会話のスタイルを実現、新しい英会話体験を提供いたします。「AI英会話」には、学校、仕事やスポーツなど、頻繁に使われるやりとりを想定した英会話レッスンを搭載、繰り返し行うことでスピーキング・リスニングのスキル向上が期待できます。また、ウェブリオが独自開発した人工知能対話システムにより低価格でのサービス提供を実現しております※1。さらに、レッスンにあたり予約が不要なため、いつでもどこでも英会話レッスンが受講可能で高いユーザビリティを誇ります。
※1:ベータ版として無料でリリース。2016年2月以降、1000円以下のフリーミアムモデルで提供を予定。

ウェブリオでは、今後も更なる英語学習サービスの拡充を図り、英語を通じて日本の教育水準と企業の国際競争力の向上をサポートして参ります。

「AI英会話」サービス概要
■サービス名:AI英会話
■サイトオープン日:2015年8月25日(火)

[画像2: リンク ]

■サイトURL:リンク
■対応:PC・スマートフォン( iOS/Android )
■価格:ベータ版として無料でリリース
(2016年2月以降、1000円以下のフリーミアムモデルで提供を予定)

ご参考:英語学習をトータルサポート!weblio各種サービス
「話す・聞く」をサポート!業界最安値!オンライン英会話「Weblio英会話」
「Weblio英会話」は完全月謝制、業界最安値の月額1,480円から英語学習ができるオンライン英会話サイトです。英会話教室通いに対する抵抗を感じる英語学習初心者に学習機会を持ってもらいたいという狙いのもと業界最安値でサービスを提供。さらに、フィリピン在住の講師陣を中心に24時間受講可能な体制を整備。受講希望者に対して、フレキシブルな英会話レッスンをサポートします。
[画像3: リンク ]

■サービス名 :Weblio英会話
■サイトオープン:2014年8月27日(水)
■料金:月額1,480円~
■所要時間:25分/回
■サイトURL:リンク

「読む(語彙力)・書く」をサポート!
国内最大級のオンライン辞書「Weblio英和・和英辞典」
ストレスフリーな英文読解をサポート「Weblioポップアップ英和辞典」
「Weblio英和・和英辞典」はウェブリオが提供する国内最大級のオンライン英語辞書です。収録単語数や例文が豊富であり、発音も確認出来るため、英語学習に最適です。スマートデバイス用アプリとして「ウェブリオ英語翻訳アプリ」も提供。
[画像4: リンク ]



「Weblioポップアップ英和辞典」(URL:リンク)は、 Webページの英語の意味を表示させるポップアップ辞書機能を搭載した無料Google Chrome拡張機能です。ストレスフリーな英文読解をサポートします。

[画像5: リンク ]

ご参考:ウェブリオについて
ウェブリオは2005年、 オンライン辞書を専門としたサービスを提供する会社として設立されました。2006年より開始した、ウェブリオを代表するサービスであるWeblio英和・和英辞典は、研究社『新英和中辞典』『新和英中辞典』を中心に75種類の英和・和英辞典、464万語の英語と508万語の日本語を収録、合計約972万語の検索ができる国内最大級のオンライン英語辞書です。

現在、Weblioを中心とするオンライン辞書、オンライン翻訳事業に加え、オンライン英会話事業や人材・求人事業など利用者の学び、キャリアを広く支援し ています。

【会社概要】
■社名:ウェブリオ株式会社
■代表取締役:辻村 直也
■所在地:東京都新宿区西新宿1-25-1 新宿センタービル46階
■URL:リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事