logo

スタイルフリーチラー『JIZAI(ジザイ)』シリーズを新発売

ダイキン工業株式会社 2015年08月25日 14時00分
From 共同通信PRワイヤー

2015年8月25日

ダイキン工業株式会社

設置自由度の高いセパレート型で、更新需要への対応を強化
スタイルフリーチラー『JIZAI(ジザイ)』シリーズを新発売

ダイキン工業株式会社は、ビルや工場用途の空調熱源機スタイルフリーチラー『JIZAI(ジザイ)』の標準シリーズと高効率シリーズ全12機種を2015年12月より発売します。本商品は、業界初となるセパレート型(分散設置型)のチラーユニットで、建物の構造に合わせさまざまなパターンの設置が可能になり、アプライド機器でもビル用マルチエアコンと同様の設置自由度と制御を実現しました。これにより、従来のチラーユニットとは異なるスタイルフリータイプのチラーとして展開してまいります。アプライド空調機器において、新たなジャンルの商品開発をすることで、首都圏を中心に需要が増大するとみられる大型施設に対して新たな空調の価値を提供してまいります。

【商品の特長】
1.業界初のセパレート型(分散設置型)で、設置自由度を向上
これまでのチラーは、「一体型」のみでしたが、空気と冷媒の熱交換をおこなう熱源ユニット4台と、冷媒の熱で冷温水を作るハイドロユニット1台を冷媒配管で接続する「セパレート型」を開発しました。ハイドロユニットと熱源ユニット間の冷媒配管は最大実長100m(高低差50m)まで分散設置することができ、屋上と各階機械室に分散設置が可能になりました。
2.エレベーターでも搬入可能で更新工事の省力化
ユニット単位に分かれる熱源ユニットとハイドロユニットは、エレベーターへの積載が可能な寸法となっており、更新時にクレーン車両がなくても搬入できるため、搬入作業の省力化につながります。
3.ビル用マルチエアコンの技術を活用し、業界NO.1 3期間成績係数IPLV6.4を達成
ビル用マルチエアコンに採用した「新型スクロール圧縮機」の搭載により、低負荷時の運転効率が向上し期間成績係数IPLV6.4の業界NO.1省エネ性能を達成しました。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事