logo

第6回米中人材交流高級協議が成功裏に終了

北京完美時空網絡技術有限公司(パーフェクトワールド) 2015年08月25日 14時12分
From 共同通信PRワイヤー

第6回米中人材交流高級協議が成功裏に終了

AsiaNet 61556 (1066)

【北京2015年8月24日PRN=共同通信JBN】第6回米中人材交流高級協議(CPE)がこのほどワシントンで開催され、中国の劉延東副首相が全体会議に出席した。

今回の協議では大きな進展があり、双方は2014年にまとめた104項目の合意の履行を確認、特別アピールと文化交流の大きな可能性を表明した。双方はまた、教育、科学、テクノロジー、文化、保健、スポーツ、女性と青少年の7分野におよぶ119項目の新合意にこぎつけた。

劉副首相は、CPEが中国と米国の理解増進を図る開拓者になり、いくつかの分野で両国間の協力を一層深化させる強固な基礎の役割を果たすとともに、両国関係強化の駆動輪にもなっていると述べた。劉副首相は将来、中国と米国が両国関係をより暖かく、深く、広く、柔軟なものにすると期待している。

劉副首相は訪米中、最重要な中米青年交流プログラム、ZhiXing China - Perfect World U.S.-China Young Leaders Fellowship(Zhi-Xing中国-パーフェクトワールド米国・中国青年指導者フェローシップ)の代表第1陣と面会し、個人的体験をするための中国訪問を歓迎すると表明した。これは第5回米中人材交流高級協議の成果のひとつで、長期的な交流プログラムである。中国教育国際交流協会(CEAIE)がアイゼンハワー財団と立ち上げ、中国企業、北京完美時空網絡技術有限公司(パーフェクトワールド)が資金提供している。このプログラムは、中国と米国が経済界と個人を巻き込んで文化交流を拡大する先見的な試みで、社会的勢力を利用する文化交流チャンネル拡大の新トレンドを全面的かつ直接に示している。

劉副首相は、イベント期間中の米政府高官との会合で、文化交流強化のため中国と米国はともに経済界と個人の人材を引き付ける必要があると意見表明したという。

中国を本拠とするパーフェクトワールドは過去数年、中国の文化・教育交流の強化に努めてきた。同社は国際レベルの社会的責任を負い、中国文化のグローバル・コミュニケーションに貢献することを願って、ZhiXing Chinaプログラムに加わり支援している。プログラムの最終目標は、世界文明を構成する多くの文化が相互理解を深めることである。

ソース:Beijing Perfect World Network Technology Co., Ltd.

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。