logo

【FRONTIER】インテル社製SSD 750 シリーズ×第6世代インテルCoreプロセッサー搭載パソコン、新発売

インバースネット株式会社 2015年08月25日 13時39分
From PR TIMES

~高パフォーマンスで圧巻のスピード~

インバースネット株式会社(本社:神奈川県横浜市神奈川区新浦島町1-1-25、代表取締役:山本 慶次郎)(以下、当社)は、2015年8月25日(火)より、インテル社製SSD 750 シリーズと最新の第6世代インテルCoreプロセッサーを搭載したデスクトップパソコン3機種の販売を開始しています。



■製品の概要
このたび発表する新製品は、インテル SSD 750 シリーズと第6世代インテルCoreプロセッサーを搭載したデスクトップパソコンです。
省電力化と演算能力の向上を両立したCPUと読込速度2400MB/sを達する最新規格のSSDの搭載により、高パフォーマンスで圧巻のスピードを実現しています。
基本モデルとして、最新のチップセットZ170をベースに、400GBのインテル SSD 750 シリーズ、第6世代 インテル Core i5-6600K プロセッサー(3.50GHz / 6MB) 、8GBメモリを備えたWindows 10パソコンをフルタワー、ミドルタワー、マイクロタワーの3種類のサイズでご用意しています。
どのモデルにも標準保証の1つである「1年間センドバック保証」に加えて、「1年間オンサイトサービス」を付けていますので、万が一の場合にも安心してご利用いただけます。
他にも「3年間センドバック保証」や「J-One Call 」、「ワランティ安心パック」など充実のオプション保証をご用意しています。

[画像: リンク ]



■製品の特長

<インテル SSD 750 シリーズ>
NVM Express (Non-Volatile Memory Express、NVMe)は、SATAに代わるSSD専用の超高速インターフェースです。
PCI Expressを4レーン利用することで、理論最大値は40Gbps(4.0GB/s)と、大幅に転送速度が上がります。現状でも読込速度は2400MB/sに達するなど、通常のSSDに比べ約4~5倍ほどの速度です。M.2スロットにASUS Hyper Kitを使用して接続します。

<第6世代インテルCoreプロセッサー採用>
第6世代 インテル Core プロセッサーシリーズは、最新の14nmプロセスを採用したCPUです。
最新のプロセスラインの採用で省電力化と演算能力の向上を両立し、また内蔵グラフィックスは最新の「インテル HD グラフィックス 530」を搭載するなど、その能力を大きく向上させています。

<最新チップセットインテルZ170採用>
最新のチップセットZ170とASUS製マザーボードを組み合わせた新たなプラットフォームでは、メインメモリーに「DDR4-SDRAM」を採用し、より快適な環境を得ることができます。GB、GAシリーズのマザーボードには、最新のUSB規格USB3.1 Type A/Type C のポートを各1ポート搭載、GEシリーズは、USB3.0 Type Cを1ポート搭載するなど高い拡張性を確保しています。

<オンサイトサービス>
パソコンにトラブルが発生した場合に、弊社提供会社の専門スタッフがお伺いして、部品交換などを行うサービスです。パソコン修理時の輸送手続きが不要です。


尚、こちらの製品は、FRONTIERダイレクトストア(リンク)にて、2015年8月25日(火)より販売を開始しています。

▼インテル SSD 750 シリーズ搭載モデルはこちらから
 リンク


●インバースネット株式会社 概要
■本社所在地 : 神奈川県横浜市神奈川区新浦島町1-1-25 テクノウェイブ100ビル 8階
■設立 : 昭和26年12月14日
■資本金 : 1億2245万円
■代表者 :山本 慶次郎(代表取締役)
■事業内容   : 自社製パーソナル・コンピュータの開発・製造および販売、リユースパソコンの販売
■取扱商品   : 自社製パーソナル・コンピュータ(FRONTIERシリーズ)、パーソナル・コンピュータ用周辺機器、リユースパソコン(ノート、デスク、一体型、液晶セット、パーツ、その他)、各種情報機器

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。