logo

Cambium Networksがネットワーク・ライフサイクル管理プラットフォームcnMaestroを発表

Cambium Networks 2015年08月25日 10時11分
From 共同通信PRワイヤー

Cambium Networksがネットワーク・ライフサイクル管理プラットフォームcnMaestroを発表

AsiaNet 61530(1057)

【ローリングメドーズ(米イリノイ州)2015年8月24日PRN=共同通信JBN】
*このクラウドベースのソリューションは最大数十万のデバイスで構成されるネットワークの迅速な展開と運用を実現

無線ブロードバンド・ソリューションで世界をリードするプロバイダーCambium Networks(TM)(リンク )は24日、在庫管理、デバイスの新規導入、日常業務、メンテナンスなどセキュアなエンドツーエンド・ネットワーク・ライフサイクル管理のために全く新しく構築された、クラウド展開ないしは社内展開が可能なプラットフォームであるcnMaestro(TM)(リンク )を発表した。cnMaestroはネットワーク全体の完全な可視化を提供することによって、すべてのネットワーク・デバイスの管理を大幅に簡略化する。

Video -
リンク

Logo - リンク

cnMaestroの主な機能

▽ネットワークの完全可視化
*1つのスクリーンで、バックホール・ポイントツーポイント(PTP)リンク、ポイントツーマルチポイント(PMP)アクセス、WiFiを含むネットワーク全体を管理する
*ネットワーク・マネジャーのラーニングカーブを最小限に抑えるために共通かつ集中的なアップグレードおよびデバイス・コンフィギュレーション・ワークフローを備えたデバイスごとの専用ダッシュボード

▽クライアント・エンドツーエンド故障修理
*ワンクリック機能によって、性能およびレイテンシー・テストに加え、サブシステム・レベルのヘルスチェックを1つのスクリーン上に表示して、問題の部分に関連する一連のネットワーク・ノード全体を示す
*ネットワーク・マネジャーは、問題を引き起こす可能性があるネットワーク要素をGoogleマップないしはフロアマップ上で見て、ソリューションをタイムリーに決定する

▽スムーズな展開
*デバイスのコンフィギュレーションを事前に設定し、それを設置時点で自動的に適用できる
*大規模ネットワークがソフトウエア・アップデートとコンフィギュレーション変更を容易に管理することによって最新な状態に維持されることを保証する

▽WiFiコントローラー
*Cambium NetworksのWiFiアクセスポイント(AP)を管理、設定、統合してネットワーク計測値を集計し、ネットワーク・アクセスポリシーを促進し、ロケーション間でのシームレスなローミングを実現し、さらにパブリックWiFiホットスポット向けのターンキー・ゲストアクセスをホストする

Strategy Analyticsのサービスプロバイダー分析担当ディレクターであるスー・ラッド氏は「アクセス・コントローラーをクラウドに移行することによって、無線オペレーターおよびインターネット・サービスプロバイダーは無人のパブリックおよびプライベート・ホットスポットでサービス品質(QoS)を保証することが可能となる。WiFi展開をマネージド・サービスとしてサポートするプラットフォームによってエンタープライズグレード・サービスを保証できる能力があれば、モバイル・ネットワーク・オペレーター(MNO)と無線インターネット・サービスプロバイサー(WISP)は新規市場を開拓できる。クラウドでWiFiデバイスを管理する能力によって、MNOやWISPは総所有コストを削減できるだけでなく、ホットスポット所有者およびエンドユーザーの両方に新しい料金プランを提案できる」と語った。

cnMaestroに内蔵されたcnPilot用のWiFiコントローラーには、ゲストWiFiアクセスとWiFiネットワークの収益化を支援する主要なWiFiホットスポット・ソリューション機能が搭載されている。WiFiコントローラーは、すべてのWiFi APを管理、統合するとともにネットワーク計測値を集計するので、ネットワークオペレーターはAPでネットワーク・アクセスポリシーを集中管理し、一貫性のあるユーザー体験を保証できる。ネットワークオペレーターは1つのダッシュボードからすべてのAPを見ることが可能であり、容易な多数のロケーション管理と高密度な展開の組織化を実現、これによって加入者のWiFi体験が向上する。

Webformixのエリック・オズレリック社長は「これまでは、顧客がサービス低下のクレーム電話をかけてきても、当社が顧客環境を見られるのはIPアドレスまでだった。今後cnMaestroを使えば、われわれのスタッフはAPから顧客のルーターに至るネットワーク全体を見渡してコントロールし、問題解決を図ることが可能となる。さらに進めば、cnMaestroはわれわれチームがネットワークを管理、運用するために毎日利用するツールになる」と語った。

Cambium Networksのアトゥル・バトナガル社長兼最高経営責任者(CEO)は「cnMaestroの開発目標は、ネットワークの可視性および管理に関する顧客の痛点を可能な限り解消することにある。われわれは、ネットワーク上で発生しているあらゆることを容易かつワンクリックでリアルタイムに見ることができるクラウドベースのソリューションを開発した。業界、エンタープライズ、個人のネットワークは成長計画をサポートするために高品質なコネクティビティー、セキュリティー、スケーラビリティーを提供することを絶えず強いられており、cnMaestroはビジネスをより大きな効率性かつ収益性がある形で運営することに役立つ極めて貴重なアセットになる」と語った。

cnMaestroは2015年9月に世界中で発売される。

▽Cambium Networksについて
Cambium Networksは、インターネットに接続されていない人々・地域を接続する無線ブロードバンド・ソリューションで世界をリードするプロバイダーである。Cambium Networksは、信頼性がありスケーラブルかつ安定したな無線ブロードバンド・ポイントツーポイント(PTP)、ポイントツーマルチポイント(PMP)プラットフォームの広範なポートフォリオを通じて、あらゆるサービスプロバイダー、エンタープライズ、政府・軍機関、石油・ガス・公益事業企業、インターネット・サービスプロバイダー、公的安全ネットワークが強力かつ持続可能な通信ネットワークを構築することを可能にする。本社をシカゴ郊外に置き、米国、英国アシュバートン、インド・バンガロールに研究開発(R&D)センターを持つCambium Networksは、広範な信頼される世界的代理店を通じて販売を展開している。詳細はウェブサイトwww.cambiumnetworks.com 、www.connectingtheunconnected.org を参照。

▽問い合わせ先
Golin for Cambium Networks
Cyrus Hedayati
+1 415 318 4377
chedayati@golin.com

ソース:Cambium Networks

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。