logo

ホットリンク、日本最大のインバウンド業界向けポータルサイトを運営するやまとごころと業務提携を締結

ホットリンク 2015年08月21日 15時00分
From PR TIMES

株式会社ホットリンク(本社:東京都千代田区、証券コード:3680、代表取締役社長CEO 内山幸樹、以下ホットリンク)は、株式会社やまとごころ(本社:東京都新宿区、代表取締役 村山慶輔、以下やまとごころ)と、本日業務提携を締結したことを発表いたします。



グローバルなソーシャル・ビッグデータの流通・分析の第一人者であるホットリンクと、インバウンド観光に特化したBtoBサイト「やまとごころ.jp」を運営し、その分野で豊富なノウハウを持つやまとごころが業務提携することで、訪日観光客の「声」を活かした商品・サービスやマーケティング施策の開発が可能となります。

この業務提携によりホットリンクとやまとごころは、インバウンド消費における新しいソリューション開発やノウハウ提供を加速し、インバウンド消費市場の拡大による日本経済への貢献を目指してまいります。

【業務提携の背景】
日本政府観光局(JNTO)調べによると、2015年1月から7月までの訪日外国人数の累計は早くも 1,000 万人を突破し、1,106 万人となっています。特に訪日中国人については、前年同月比105.1%増の57万7千人と、7月は全市場を通じて単月最高を記録し、その勢いには注目せざるを得ない状況です。
訪日中国人に注目してみると、2014年度は前年から100万人以上増加して約240万人が来日しているとされ、10年前の約4倍となっています(JNTO調べ)。

原因としては円安の影響のほかに、中国と日本を結ぶ航空便の増便や新規就航、格安航空会社の勢力拡大なども後押ししているとみられます。また、日本政府が昨年4月の消費税8%への増税に合わせ、訪日する外国人観光客に対する消費税免税拡大策を実施したことや、外国人旅行客に発行するビザの有効期間を延ばす対策を講じたことも要因の1つと言われています。

[画像: リンク ]



このように盛り上がりを見せ始めているインバウンド消費市場ですが、一方で、「なぜこれが売れているのか」「なぜここに来たのか」など、訪日外国人に関する「なぜ」がまだまだ明らかになっておらず、効果的なプロモーション施策の実施につながっていないというのが現状ではないでしょうか。

こうした市場の動きに先駆けて、ホットリンクでは、訪日中国人のインバウンド消費動向について中国人のクチコミや書き込みを分析して定期配信するレポートサービス「図解中国トレンドExpress」を販売開始し、お客様からはご好評をいただいております。

また、市場の盛り上がりにともない、さらにプロモーション施策実施などの支援を求める声が多く聞かれることから、ホットリンクでは、訪日観光客に響くサービスやプロモーション施策の実施を積極的に支援すべく、インバウンド観光においてノウハウや企業ネットワークを持つやまとごころと業務提携を締結する運びとなりました。

【業務提携の概要】
この度の業務提携により、以下施策を展開していく予定です。
1. インバウンド消費関連企業に対する、プロモーション施策やサービス開発についての
  ソリューション共同開発・販売
2. 第一弾として、「図解中国トレンドExpress」の共同プロモーション実施
3. 共催セミナーなどを通じた、インバウンド消費に関するノウハウの提供

■株式会社ホットリンクについて(コード番号:3680 東証マザーズ)
ホットリンクは、グローバルでのソーシャル・ビッグデータの流通と分析ソリューションの提供により、ソーシャル・ビッグデータを価値化する企業です。市場や自社・競合、またお客様の声やキャンペーン反響などの各種調査、ターゲットユーザーのプロファイリング、ブームの兆し発見などマーケティングROI向上や製品改善、経営革新や予測など、ビジネスにおけるソーシャル・ビッグデータの幅広い活用を支援します。

またこれまで、大量のソーシャル・ビッグデータからリアルタイムに検索・分析が可能な「クチコミ@係長」、及び、風評をモニタリングする「e-mining」を現在まで累計1700 社以上に提供してまいりました。同様に、ソーシャル・ビッグデータおよび、感情/属性分析エンジンを、API を通じてサードパーティ向けに提供しています。さらに2013年 6月より金融分野では、日本企業初のBloomberg 利用者向け金融ビッグデータ分析ツールを提供しています。

ホットリンクの成長戦略は、ソーシャル・ビッグデータ活用の、
 1.マーケティング分野での浸透
 2.多様な産業への展開及びデータ流通プレイヤーの地位確立
 3.海外展開
の3つです。

設立日:2000年06月26日
資本金:557百万円(2015年3月31日現在)
代表者:代表取締役社長 CEO 内山 幸樹
企業サイト:リンク
Twitter:リンク
Facebook:リンク

■株式会社やまとごころについて
「日本のインバウンドを熱くする」をミッションに、2007 年より日本最大のインバウンド業界向け B to B ポータルサイト「やまとごころ.jp」を企画・運営し、現在、月間4万訪問、20万PVを超えるアクセス数を記録。インバウンド観光に携わる企業・自治体の皆さまを対象に、インバウンドに関する情報発信、研修・セミナー、講師派遣サービス、コンサルティングサービスなどを展開。現在、法人会員 約14,000 名以上を保有。主催セミナーには通算 5500 名以上を動員。

代表者:代表取締役 村山 慶輔
事業内容:
・コンサルティング事業
・研修・セミナー事業
・メディア事業
・求人サイト運営事業
企業サイト:リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。