logo

「LEXUS LX」の日本販売開始を記念したWEBムービーが完成LEXUS『A Day in DUBAI -From Eagle Eyes-』公開

LEXUS PR事務局 2015年08月20日 13時51分
From PR TIMES

世界が認める最高峰のラグジュアリーSUVを愛用するドバイの「スーパーセレブの1日」をタカの目線で描く

LEXUSは、2015年9月14日(月)にラグジュアリーSUV「LEXUS LX」を日本で販売開始します。この発売を記念して、2015年8月20日(木)にWEBムービー「A Day in DUBAI -From Eagle Eyes -」を公開しました。
リンク



[動画1: リンク ]



LEXUS LXは、強さとラグジュアリーが融合した内外装に、高い快適性と安全性を実現する先進のテクノロジーを搭載したLEXUSのフラッグシップSUVモデルです。このWEBムービーは、中近東のラグジュアリーSUVマーケットで、約4割とトップシェアを誇る「LEXUS LX」を愛用するスーパーセレブの1日をテーマとして制作しました。アラブで大変に親しまれており、ペットとして所有することがステータスであるタカの目線から、彼らのラグジュアリーな1日を描いています。タカの目線の再現は、実際のタカに超軽量カメラを取り付けて撮影したほか、ドローンなどを使用し最新技術を用いて行いました。


LEXUSは「AMAZING IN MOTION」というスローガンのもと、革新的なデザインやテクノロジーを使って五感を刺激するプロジェクトを実施しております。この動画を通して、LEXUS LXが提供する豊かな時間や世界中に溢れる驚きを感じていただきたいと考えます。
これからも、お客様の期待を超える感動と驚きを提供しつづけていくことを目指していきます。

(動画概要)

映像の冒頭、「タカ」が飛び立ち、とあるセレブリティの1日が始まる。
主人公の男の側を寄り添いながら、「タカ」はLEXUS LXと共に移動していく。
都市での日常、クルージングやマリンスポーツ、そしてドバイの砂漠を走るLXでのデザートサファリ、
砂漠リゾートでのチーター(ペット)との散歩など、彼らのAMAZINGなライフスタイルを「タカ」は
様々な視点から見つめ続ける。壮大な1日の最後、「タカ」は男を砂漠で見つけ、その腕に留まる。
この「タカ」は主人公である男のペットだった。
自分だけのリラックスした豊かな時間、彼の横には一日中行動を共にしたタカとLX。
そのまま美しい砂漠を見つめ佇む。


(撮影裏話)


・実際のタカに重さ39gの超小型カメラ「HEDCAM Ten80」を取り付けたものと、
ドローンカメラを組み合わせて撮影
・フライボードシーンは世界大会優勝者が出演
・チーターは1時間しか撮影時間がなく、失敗の許されない撮影そんな中、
 主演男性とチーターは本当の主人とペットかのように熱演
・気温47°の灼熱の2日間で撮影を実施
[画像1: リンク ]



<イメージ>
[画像2: リンク ]


<LEXUS LX570>

LXは、LEXUSのフラッグシップSUVにふさわしく、力強さとラグジュアリーが融合した内外装に、先進の  空調システム「レクサス クライメイト コンシェルジュ」や、降車時に自動で車高調整を行う「乗降モード」など、乗員の快適性に配慮した機能を標準装備。また、トルクフルなV8・5.7リットルエンジンや、LEXUS初となるCUSTOMIZEモードを設定したドライブモードセレクトを採用するなど、オンロードからオフロードまで安定したドライビングを実現。さらに、ミリ波レーダーと単眼カメラを組み合わせ、異なる2つのセンサーで高い認識性能と信頼性を両立し、多面的な安全運転支援を可能にした予防安全パッケージ「Lexus Safety System +」を国内初採用するなど安全安心に一層配慮している。

【メーカー希望小売価格】                                (単位:円)

[表: リンク ]


8 Super ECT:スーパーインテリジェント8速オートマチック
*価格には、リサイクル料金は含まれない

[画像3: リンク ]

       LX570(スターライトブラックガラスフレーク)<オプション装着車>

■WEBムービー「A Day in DUBAI –From Eagle Eyes –」
 WEBムービーメイキング「A Day in DUBAI –Behind the Scene – 」

リンク


[動画2: リンク ]


プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。