logo

リボルバーのオウンドメディア構築プラットフォームがA/Bテスト機能をサポート

リボルバー 2015年08月20日 11時50分
From PR TIMES

~タイトルや画像を2種類用意し、どちらがアクセス数が多いかをテスト可能~

オウンドメディアを誰でも簡単に構築し、運営できるメディアプラットフォームを運営するリボルバー(本社:東京都渋谷区 代表取締役CEO: 小川浩、以下、リボルバー)は本日、オウンドメディアプラットフォーム「dino collection」に、A/Bテスト機能(※)を実装しました。



 dino collectionでは、非常に短期間でPC、モバイルを問わないマルチデバイス対応のオウンドメディアを立ち上げることができるうえ、ソーシャルメディアで拡散されやすく検索されやすい構造的なコンテンツを作成することが可能です。
 今回実装した機能「A/Bテスト機能」では、読者のクリックを誘発しやすい画像とタイトルの組み合わせを二通り用意し、どちらが読者に気に入られ、トラフィックにつながるかを簡単に調査することが可能になります。

※ A/Bテストとは・・・ A/Bスプリットランテストとも言う。もっとも効果の高いページを決定することを目的とし、複数のバージョンのページを用意し実施するテストのこと。

[画像: リンク ]

■「dino collection」について
 「dino collection」は、リボルバーが自社開発したオウンドメディアプラットフォームです。 「dino collection」は、ブログや簡易Webサイトを簡単に構築する「CMS(コンテンツマネージメントシステム)」機能と、そのCMSで構築されたサイトが配信する情報を収集・編集し、まとめサイトとして公開できる「CGM( コンシューマージェネレイテッドメディア)」機能を備えています。「dino collection」で生成されたコンテンツとメディアは、ソーシャルメディアでの拡散や閲覧に最適化されており、低価格でキュレーションサイトやバイラルメディアの立ち上げが可能です。

<株式会社リボルバーの概要>
会社名: 株式会社リボルバー
所在地: 東京都渋谷区広尾5-8-11
設立年月日: 2012年7月
代表者: 代表取締役CEO 小川 浩
事業内容: ソーシャルオウンドメディア・プラットフォームの開発と運営
資本金: 124,187,500円(2015年8月19日現在)
URL: リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。