logo

「スターマイン・アナリスト・アワード・ジャパン2015」を発表

トムソン・ロイター・マーケッツ株式会社 2015年08月20日 12時00分
From 共同通信PRワイヤー

2015年8月20日

トムソン・ロイター・マーケッツ株式会社

「スターマイン・アナリスト・アワード・ジャパン2015」を発表

証券会社部門表彰で野村證券が1位受賞。 
銘柄選定部門(総合)では、野村證券の秋月学氏が1位、また大和証券の坂牧史郎氏が収益予想部門で1位


企業と専門家のためにインテリジェント情報を提供するトムソン・ロイターは、本日 「スターマイン・アナリスト・アワード・ジャパン2015」を発表いたしました。スターマインによる日本株式アナリスト および 証券会社の表彰は今年で11年目を迎えました。

セルサイド株式アナリストの客観的評価における主要プロバイダーであるスターマインは、投資推奨による超過収益率 および収益予想の正確性に基づきアナリストのパフォーマンスを評価しています。2015年のアワードは、2014年7月1日から2015年6月30日の12か月間の推奨銘柄のパフォーマンスに基づき、 また2015年3月期の収益予想で優れた成果を収めたアナリストを表彰しております。

トムソン・ロイター、セルサイド・リサーチ・ヘッド(スターマイン担当)のラジ・シャーは「証券会社の調査部門は各社間でし烈な競争が続いています。市場実勢はマーケットの方向性 および ボラティリティーに影響することからも、アナリストの仕事は以前にも増して厳しいものとなっています。 アナリストの皆様は機関投資家の変化するニーズに対応することが求められていると共に、市場の全容を引き続き提供する責務を担っています。 今年表彰されたアナリストの皆様は、市場コンセンサスに対して信念を持って自身の判断を貫かれました。また同じピア・グループにおいて、ご自身のリサーチを差別化し、ポートフォリオマネジャーに対して最適な投資先の情報を提供されました。 今年のアワードで受賞されたアナリストの皆様、おめでとうございます。」と話しています。

スターマイン・アナリスト・アワードは、当該業種ベンチマークに対する推奨銘柄のパフォーマンスに基づく【銘柄選定部門】と、同ピア・グループと比較した収益予想の正確性に基づく【収益予想部門】、また 銘柄選定部門および収益予想部門での表彰アナリストの合計人数で上位証券会社を表彰する【証券会社部門】に分かれています。

スターマイン・アナリスト・アワード・ジャパン2015の表彰アナリスト・証券会社一覧 (*敬称略) :
1. 証券会社部門
順位 証券会社名
1位 野村證券
2位 大和証券
3位 三菱UFJモルガン・スタンレー証券

2. 銘柄選定部門~総合1位
順位 アナリスト     
1位 秋月学 (野村證券)

3. 収益予想部門~総合1位
順位 アナリスト
1位 坂牧史郎 (大和証券)

4. 銘柄選定部門~業種別1位
業種 アナリスト                  
自動車 ディ―ン・エンヨ (CLSA証券)
銀行 デイビッド・スレッドゴールド (キーフ・ブリュエット&ウッズ)
化学 西山雄二 (JPモルガン証券)
エネルギー&公共事業 ディアチキナ・ポリーナ (マッコリ―キャピタル証券)
金融サービス デイビッド・スレッドゴールド (キーフ・ブリュエット&ウッズ)
食品・飲料 加藤純 (CLSA証券)
ヘルスケア 山崎清一 (いちよし経済研究所)
家庭用耐久財 江沢厚太 (シティグループ証券)
資本財・サービス 三並正則 (いちよし経済研究所)
機械 モーテン・ポールセン (CLSA証券)
メディア 坂田喜彦 (立花証券)
金属&林・紙製品 高野芳行 (東海東京調査センター)
不動産 竹村涼郎 (バークレイズ証券)
小売り 柳平孝 (いちよし経済研究所)
ソフトウェア・ITサービス 田中誓 (野村證券)
テクノロジーハードウェア アミット・ガルグ (CLSA証券)
電気通信サービス 高橋圭 (みずほ証券)
商社・流通業 タアインハ・ファム (ジェフリーズ証券)
運輸 矢崎正 (東海東京調査センター)

5. 収益予想部門~業種別1位
業種 アナリスト
自動車 坂牧史郎 (大和証券)
銀行 西野孝明 (三菱UFJモルガン・スタンレー証券)(*) 
化学 岡嵜茂樹 (野村證券)
エネルギー&公共事業 中村修平 (ゴールドマン・サックス証券)
金融サービス マカリム・サルマン (ジェフリーズ証券)
食品・飲料 広住勝朗 (大和証券)
ヘルスケア 小野塚昌之 (JPモルガン証券)(*)
家庭用耐久財 氏原義裕 (みずほ証券)
資本財・サービス 岩崎彰 (岩井コスモ証券)
機械 水野英之 (メリルリンチ日本証券)
メディア 岩佐慎介 (みずほ証券)
金属&林・紙製品 越智達郎 (シティグループ証券)(*)
不動産 川嶋宏樹 (SMBC日興証券)
小売り 風早隆弘 (ドイツ証券)
ソフトウェア・ITサービス 荒木正人 (三菱UFJモルガン・スタンレー証券)
テクノロジーハードウェア 和田木哲哉 (野村證券)
電気通信サービス 安藤義夫 (大和証券)
商社・流通業 五百旗頭治郎 (大和証券)
運輸 森内健矢 (ゴールドマン・サックス証券)
(*) Currently Inactive

表彰アナリストの全リストはこちら リンク、また 「スターマイン・アナリスト・アワード2015」の評価方法はこちら リンクよりご確認いただけます。 

スターマイン・アナリスト・アワードについて
「スターマイン・アナリスト・アワード」は投資推奨による収益率 および 収益予想の正確性に基づいて、世界のトップ・アナリスト および 証券会社を評価しています。 スターマイン・アワードは、1998年より業界で採用されているスターマインが収録する株式アナリストのパフォーマンス・データを用いて集計されています。スターマイン・アナリスト・アワードはプロの投資家コミュニティー全般に渡って素晴らしいいパフォーマンスを称える世界で開催されるアワードプログラム「トムソン・ロイター・アワード・フォー・エクセレンス」の一環として行われています。また、スターマインに関する詳しい情報は、こちら リンクをご覧ください。

トムソン・ロイターについて

トムソン・ロイターは企業と専門家のために「インテリジェント情報」を提供する企業グループです。業界の専門知識に革新的テクノロジーを結びつけ、世界で最も信頼の置かれている報道部門をもち、ファイナンシャル・リスク、法律、税務・会計、知財・学術情報、メディア市場の主要な意思決定機関に重要情報を提供しています。トムソン・ロイターの株式は、トロント証券取引所 および  ニューヨーク証券取引所に上場されています。詳しい情報はリンク をご覧ください。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事